曹仁 > コメント

  • 今では曹操を支えた名将として認知され無双シリーズにも出ているが、昔のゲームではただの雑魚武将の一人だった。(これは曹洪楽進等も同様)
    高い統率と戟適正を活かし、軍師をつけて戟兵で活躍させたい。
    特技 鉄壁 は正直あまり発動する機会は無いが、戟兵なら有ると多少は安心か。 -- (名無しさん) 2010-02-11 17:48:36
  • 夏侯淵、夏侯惇等、曹操配下には曹操を親愛している武将が多く、やっと捕縛しても登用ができず辛いが、曹仁は以外にも曹操と親愛関係に無い。そのため符節台コンボで忠誠を下げ、わりと安定して登用が狙える。統率・武力が高く、戟S。一騎打ちの交代狙い等で、手間暇をかけて捕縛する価値はある。 -- (名無しさん) 2010-05-25 12:24:24
  • 残念ながら能力的には劣化版徐晃と言わざるを得ない。それでも充分に強いが。
    相互に親愛関係もある夏候惇・夏候淵・曹洪と共に出陣して援護攻撃を連発させる事で差別化を図りたい。 -- (名無しさん) 2011-01-04 12:12:44
  • なんで曹仁が騎兵Sじゃないんだろうか
    前半で曹操軍の騎馬隊っつったら曹仁じゃないか? -- (名無しさん) 2011-04-08 02:49:32
  • >>前半で曹操軍の騎馬隊っつったら曹仁じゃないか?

    そんな印象もないし、Aで何が不満なのか -- (名無しさん) 2011-04-08 17:51:58
  • 騎兵として活躍してる人は他にも大勢いるしね、守戦での粘り強さを評価されてるんだろう
    部隊防御力は魏武将中屈指 -- (名無しさん) 2011-04-08 18:34:46
  • 曹仁は初期に曹操軍の精鋭騎馬隊「虎豹騎」を率いていたしね。その気持ちも分からなくもない
    -- (名無しさん) 2011-04-08 21:25:02
  • こんなところで議論やってもしょーがない(キリッ -- (名無しさん) 2011-04-08 22:59:39
  • 親愛を生かしての援護攻撃が強い。 -- (名無しさん) 2011-04-30 02:41:01
  • 武力統率80代っはいかにもそれらしく、一流だが超一流にはちと足りない感じ
    侵攻軍に選抜してもいいが、史実のイメージ通り防衛拠点の太守が似合うかもしれない -- (名無しさん) 2011-06-22 22:14:51
  • エピソード的には張遼と同程度の能力があってもおかしくないのだが。
    少なくとも夏侯淵よりは武力高いはず。 -- (名無しさん) 2012-06-18 08:06:28
  • 能力が張遼や張郃より完全に下というイメージをつけてしまったのは完全に光栄のミスだね。
    いまさら張遼達より上にするわけにもいかんからこの数字なんだろう。とはいえこれでも旧作に比べたらマシだけど。

    とはいえ戦争してれば統率武力はそのうち90に乗るし、親愛援護が得られる武将が多いのも嬉しい。
    特技さえ換えれば陸戦では一級。特技書き換え候補は隠しで出れば戟神、そうでなければ連戦あたりだろうか。もちろん廟が見つかればもっといい特技を付けてあげたい。 -- (名無しさん) 2012-06-18 18:22:08
  • 自分の気に入らない能力値にされたことを
    KOEIのミスだの言い訳する奴の多いこと多いこと -- (名無しさん) 2012-09-09 03:28:25
  • 肥は演義準拠なんだし妥当な能力だと思うけどね -- (名無しさん) 2012-09-09 10:56:31
  • 四天王+一族の相互支援。特技は悲惨だが、これだけで十分強い。前もって敵の動きが分かる防衛戦なら、支援を狙える位置取りも容易に可能だろう。
    魏延同様に成長期・普通、能力持続・短い、専用カットインなし。コーエーから低く見られてるのは否めないか… -- (名無しさん) 2013-02-25 19:21:29
  • 成長期・普通だが、四天王の中で一番若いのと、どの道56歳の自然死なので、それほど影響は出ない。
    一見冷遇されているように思えるけど、実はデメリットが低いという、興味深いレーティングに思える。
    -- (名無しさん) 2013-04-04 15:33:46
  • 武力低いなおい。あんな武勇伝があるのに。
    しかも正史では騎兵を率いての活躍が最も多い将軍なのに、騎兵Sじゃないのか…。どうなってんだ。 -- (名無しさん) 2014-05-10 13:07:46
  • 鉄壁がひどい。あまりにもひどい。鉄壁は、戦法はくらうが通常攻撃はすべて100%完全防御シャットアウトくらいじゃなきゃ名前と合わないわ。 -- (名無しさん) 2014-07-25 22:37:41
  • 完全上位互換の特技が多数存在するので、鉄壁は急襲+金剛+不屈くらいでもよかった。ごめん特技のとこで話せってレベルだな。騎兵がSじゃないのはなぜってあるが、演義でそんなのあったっけ?カンウから城守ってたイメージしかないわぁ -- (名無しさん) 2014-07-25 22:42:43
  • なぜってそりゃ虎豹騎の隊長だからって書いてあるじゃないか。曹純が騎兵Sなのと一緒の理屈だよ。
    曹操軍なら騎射研究前だと正直戟兵の方が需要高いから、騎Sがあっても使うかっつーと微妙だけども。 -- (名無しさん) 2014-07-29 02:45:39
  • 親愛に曹操ないから、引き抜けないわけではない。
    まあ義理が高いから難しいが。 -- (名無しさん) 2016-08-15 21:55:42
  • 曹仁って関羽から樊城守ったくらいしか知らないんだが、そんなに武勇伝があったり優秀な武将だったのか?正直目立ってないよな -- (名無しさん) 2016-08-16 16:55:04

  • 演義ではやられ役だからな。史実では張遼以上との評価さえ貰っている、魏軍最強クラスの武将だ。ニコニコ大百科の曹仁のページでも読んでみるといい。 -- (名無しさん) 2016-08-16 21:53:18
  • 曹操と親愛にないから引き抜きはできる。ただし義理が高いから難しいけど。 -- (名無しさん) 2016-11-05 09:55:17
  • ↑、↑4、おそらく同一人物が書いたのだろうが・・・
    確かに引き抜きも理論上は不可能ではないが、効率は凄まじく悪い。曹操と相性が全く同じで初期忠誠は120、その上義理堅いんじゃあ符節台を建てたとしても結構な時間がかかる。100より下がる前に逃げられるのが関の山だろう。他勢力でどうしても登用したいなら、曹操勢力を滅ぼしてからの方がいい。また強力すぎる武将というわけでもないので、捕まえてしばらくしてから逃げられてもさほど問題は無い。 -- (名無しさん) 2016-11-05 15:33:09
  • 統率96、戟Sと、鉄壁もちの中ではもっとも硬い。
    だからといって鉄壁を活かしているかというと全然そんなこともないので勘違いしないように。
    敵が一斉攻撃をしてくれるのはタフな部隊にとってはむしろありがたく、敵の戦法や計略の機会を減らしてくれるのに、鉄壁がそれを妨げてしまう。
    はっきり言って罠特技以外の何物でもないので、不屈でも金剛でもいいからとりあえずさっさと乗り換えたい。
    こちらは書き換えるのがもったいないのでそのまま通すことになってしまうが、築城でもよいだろう。 -- (名無しさん) 2017-05-29 17:14:44
  • 96じゃねえ89! -- (名無しさん) 2017-05-29 17:15:21
  • よく(特に曹操軍の)他の武将が特技の書き換えを推奨されているが、特技の残念さ的に書き換えが急務なのはむしろこの人
    それこそ掃討でも金剛でも築城でも良いからとっとと書き換えるのを推奨したい
    鉄壁を持ってて嬉しいのは相手が掎角持ちの場合くらいでそれ以外は戦法を受ける機会を増やすだけの地雷特技に感じる
    そして掎角持ちの片割れは(下手なシナリオだと両者とも)曹操軍の武将である -- (名無しさん) 2017-06-08 02:10:52
  • 自分で使う分には適正や特技をカバーする副将を連れていけば高い統率・武力を活かせるが、敵で来ても正直特技面での怖さがないのが気の毒ではある。
    余談だけど、英雄乱舞シナリオでは義兄弟組んでない状態で夏候惇勢力相手に出陣させない方がいい。捕まったら滅ぼすまでこちらに帰って来ない。それが例え曹操軍所属であっても例外ではない。 -- (名無しさん) 2017-06-09 23:06:31

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.