凌統 > コメント

  • 孫策→曹休に直しました。 -- (名無しさん) 2010-02-19 01:02:42
  • 武力と戟適性は高いが、あまり堅くも無く特技も微妙なので、優秀な戟使いの多い呉ではイマイチ目立たない。
    高い武力を活かせる兵器隊や、呉には希少な騎兵として育てるのも一つの手だろう。 -- (名無しさん) 2010-02-19 18:56:47
  • どうして彼を掃討にするかな……。これでは嫌でも甘寧と比べられる。
    無双武将でもあるんだし、固有特技か、せめて連戦とか血路とかで差別化して欲しかった。
    それと、他の武将にも言えるが、甘寧と最初から親愛なのもやめて欲しい。親の仇だろ……。
    夏侯惇の顔グラみたく、最初は嫌悪だが戦場でイベントが起きて親愛になるとかならわかるが……。 -- (名無しさん) 2010-02-19 19:12:56
  • ↑そういうのは要望ログでお願いします。
    いやなら編集で変えればいい話なので。 -- (名無しさん) 2010-03-13 16:40:12
  • 合肥での奮戦ぶりをみると不屈が一番しっくりくる -- (名無しさん) 2010-05-19 22:59:02
  • 没年を見ると、史書の矛盾に基づいた夭折説を採用していない模様。
    その方が、長く活躍できるから弊害は無いけれども。
    -- (名無しさん) 2010-05-30 06:46:46
  • 甘寧の下位互換的な統・武・知の値だが意外にも総合値は甘寧と同じ332
    弱くはなく、むしろ武力はかなり高い数値に入る。ので死に特技に等しい掃討は早めに変えるのが妥当だろう。
    戟はSなのだが、戟向きの能力値ではないため、さほど有用ではない。水軍を操らせると、その点、全武将中5位の攻撃力を誇ってくれる。
    しかし、水上戦の機会は少ないのが現状。たちまち弩、兵器の適性をBくらいにはしておきたい。 -- (名無しさん) 2010-10-03 01:18:45
  • 微妙な能力値なため、使い方には工夫が必要。
    おススメめは兵糧を大量に持たせて水軍での江夏の嫌がらせ。 -- (名無しさん) 2014-04-04 12:47:56
  • 性能はぶっちゃけ劣化周泰。適正が微妙なのもそっくりで、若いシナリオなら、歩シツあたりと組んで兵器要員になってもよい。
    しかしS7孫権では、開始直後に死んでしまう周泰を除いて彼が最高武力の持ち主となり、かなり存在感が大きくなる。
    よって槍将の朱桓とならんで戦闘の中核となってもらいたいのだが、特技のカスさが痛すぎる。朱桓の地形不適合をカバーする意味でも、廟から疾走あたりを早急に確保したい。
    寿命が気になるので廟は陸遜や丁奉にまわしたい、という場合はいっそ金剛あたりでもつけて戟兵になろう。 -- (名無しさん) 2014-09-27 15:04:44
  • 無双が勝手に甘寧と同等ライバルみたいな演出してるだけで、事実劣化甘寧なのはしょうがない。十分いい能力だが特技だわなやっぱり。まじめそうだし明鏡とか規律とかに変えようかな -- (名無しさん) 2016-06-12 00:52:36
  • 掃討はカス特技だが、凌統に限ってはそう捨てたものでもない。
    何故なら親愛の甘寧が同じく気力を削る威風を習得しているからだ。
    運よくお互いに支援攻撃が発生すれば、僅か1ターンで50もの気力が削れる。
    毎回上手くいくとは限らないが、あっという間に敵を無力化できるので、凡庸な特技に書き換えるのはあまりオススメしない -- (名無しさん) 2016-06-19 14:38:09
  • それなら甘寧だけの気力-40で十分だ。凌統には違う特技のほうが100倍いいだろう
    発生するかわからん親愛30%で気力たった-5に他の優秀な特技が負けるわけがない。 -- (名無しさん) 2016-06-20 00:44:43

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.