王昶 > コメント

  • 戦争も内政もそこそここなすが、何よりも特技「仁政」が魅力。
    登場する頃にはどの勢力もかなりの人数の武将を抱えてるので、武将の多い前線に配置すべき。寿命の長さも魅力。
    -- (名無しさん) 2010-05-23 17:29:48
  • 仁政はもちろん使えるし能力が比較的前線向きなのもうれしい
    育てがいがあるので、オール80以上にすればどこでも使える -- (名無しさん) 2012-05-29 14:40:59
  • 旧作では地味だったけど今作では特技のおかげで引っ張りだこ
    登場時期が比較的早めで寿命も長いのが嬉しい -- (名無しさん) 2012-06-22 00:30:53
  • 英雄集結丁原軍の救世主その2。軍に不足気味の文官、そして最大のセールスポイントである特技。
    晋陽の在野は軒並み丁原と相性が離れているが、特技「仁政」で季節跨ぎの忠誠度低下を防ぐ事が出来る。
    ただし、流言による忠誠度低下だけは防ぐ事ができないので、過信しすぎないよう注意。 -- (名無しさん) 2012-11-30 15:37:41
  • 曹操と同盟を結ぶ場合における公孫康、公孫恭プレイの神。特に公孫恭は王昶が登用できなければほぼ詰む。
    仁政とは全く噛みあわないが知力を積んで助言の精度を上げよう。公孫康プレイでは離反を防ぐために義兄弟にするのも手。 -- (名無しさん) 2013-02-10 12:33:08
  • 呉の兵士の首級を馬に括り走らせ挑発した鬼畜作戦の再現はできないか -- (名無しさん) 2013-07-27 19:11:23
  • どのプレイ時でも使えるとても優秀な子なので大事に育ててつつ前線で活躍してもらおう -- (名無しさん) 2016-07-30 16:36:23
  • 特技仁政持ちは孫登曹沖のような高義理、低野望が
    多いので勘違いしやすいが、王昶自身は野望も義理も並程度なので
    普通に寝返りが発生することもある点に留意したい。
    自身の勢力にいる場合は決して離反されたりしないようにしよう。
    逆に他勢力が抱えている場合は、ほかの仁政持ちに比べて圧倒的に楽。
    流言を誑かして手元に引き寄せよう -- (名無しさん) 2016-08-01 01:14:58
  • 何でもソツなくこなせる。特技も良い。
    副将で釣りも可能。結構重宝する。 -- (名無しさん) 2016-09-05 23:34:28
  • 中盤~後半シナリオを(オリ武将等で)晋陽から始める場合、
    1ターン目から探索して素早く登用すべし。
    晋陽から始めた場合、相手が曹軍の武将なので引き抜いた後の忠誠の自然低下を気にしなくなる。
    君主の相性が曹操寄りならば普通に内政・副将要員にするのも手。 -- (名無しさん) 2016-11-04 00:33:45
  • ↑ちょっと何言ってるかわからないです。 -- (名無しさん) 2016-11-04 09:25:11
  • 仁政があるのが素晴らしい。能力バランスもよく、同じ仁政持ちの孫登や曹沖と違い寿命も長い。仮想シナリオでは曹操以外が手に入れるべき良将。ただ何故、彼に仁政があるのかよくわからない。 -- (名無しさん) 2016-11-04 15:51:35
  • ↑↑ちょっと理解力が乏しいです。 -- (名無しさん) 2016-11-06 13:56:52
  • ↑脇からスマンが、何言ってるかわからない人のほうが多いかも。
    >相手が曹軍の武将なので引き抜いた後の忠誠の自然低下を気にしなくなる。
    ニホンゴオカシイし。好意的に意訳してみても、
    引き抜いた武将は曹操寄りの相性なので、忠誠の自然低下が気にならなくなる。
    だろうけど、仁政の特技に対する説明としては不適当でしょ? -- (名無しさん) 2016-11-06 19:39:13

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.