みんなの新武将 > 西晋・東晋



注意点

基本的に、新武将は「 作成例 」ですので、必ずしも一致させなければならないわけではありません。
新武将の能力値や適性の 決め方、評価、歴史解釈などは、各人それぞれ異なる代物 であり、 その正誤も、各人それぞれ異なります。
当然、 万人が納得する能力値や適性の絶対値が存在するわけもなく、結果的に水掛け論となって編集合戦を誘発しています。
(能力値の編集行為については過去にも俎上に載っているので、コメント欄の過去ログ等をご覧ください。)
可能な限り公正な編集を心掛けるべきですが、最終的には 各プレイヤーの裁量次第 であることをお忘れなきようお願い致します。
理由なく能力値の変更、人物の削除は荒れる元となりますので絶対にしないでください。 (過去に何度も編集合戦が起きています。)
どうしても能力値を変更したい、記載された能力値をそのまま新武将で登録することに抵抗のある方は、
お手持ちの三國志11、または三國志11PKで、能力値を変更してから新武将登録する ことをおススメします。

もう一度言いますが新武将は「 作成例 」ですので、必ずしも一致させなければならないわけではありません。
能力値の変更、人物やページの削除、能力値の議論など、荒れるような行為は絶対に慎んでください。
ここはあなただけのページではありません。

2015年3月29日より、荒れる原因が生じているとの指摘があり、能力の追加も禁止となりました。
それ以前に追加された能力値は、特に反論がないもののみ、暫定的に記載しています。
適正・特技、親愛嫌悪候補などにつきましては、従来通りとなっています。



西晋(265~316)

魏の内部で勢力を培った河内(豫北)の名族の司馬氏が、司馬懿の孫の司馬炎に至って265年に簒奪したもの。
司馬炎(武帝)は280年に呉を滅ぼして全国再統一を果たし、田制・税制の改革整備や、
魏を反面教師とした王族の藩屏化を行なったが、名族の優遇や統一後の奢侈など、初代から退廃性が顕れていた。
嗣子の恵帝の代には元勲・賈充の娘の賈南鳳の専権から、軍閥化していた諸王による八王の乱を惹起し、
統一の瓦解と内地の異民族の自立が急速に進行し、氐族の李雄が成(成漢)を、南匈奴を統合した劉淵が漢(前趙)を樹立した。
政権の実質的な終焉とされる311年の洛陽陥落では殆どの宗族が匈奴に殺され、長安に成立した亡命政権も316年に滅ぼされた。

段灼(休然)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
39 36 71 56 68 C C B B B C ? ?
【ダンシャク(キュウネン)】
魏・晋の政治家。
敦煌の豪族の出身で、最初は鄧艾の部下として活動していた。
鄧艾が殺害され、晋が成立した後は議郎となり、267年に皇帝司馬炎に対して罪人扱いとされて
いた鄧艾の罪を解く為、鄧艾を強情でせっかちな人物と評しつつも忠義心が
あったと弁護した。
これにより273年に鄧艾の名誉は回復され、西域に流されていた孫の鄧朗が郎中に取り立てられた。

親愛武将:鄧艾


樊震

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
58 67 51 38 57 B C A B B C ? ?
【ハンシン】
魏・西晋の武将。
魏の時代には鄧艾の配下で帳下将として蜀討伐に従った。
晋の成立後は積射将軍となり、咸寧年間(275年~280年)に西戎牙門将と
なった際に司馬炎に謁見し、その際に鄧艾の事を尋ねられて樊震は涙ながらに
鄧艾が忠義溢れる人物である事を語った。

親愛武将:鄧艾

董元

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
61 57 52 46 42 待伏 A B B C C B ? 271年(自然死)
【トウゲン】
西晋の武将。
西晋の南中都督霍弋の配下で、西晋が交州を得た後に九真太守となり
呉が交州に侵攻した際に討伐軍を迎撃し、九真にて呉の陶璜に対して
伏兵で対抗しようとしたが、見破られて敗北し、さらに陶璜の策略により
配下の勇将であった解系を殺害してしまい、程なくして病死した。


孟幹

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
52 58 76 54 63 能吏 C C A C A C ? ?
【モウカン】
西晋の武将。
西晋の南中都督霍弋の配下の牙門将で、呉が268年に交州に侵攻した際に楊稷・毛炅らと共に
交州に派遣されて呉軍と戦ったが、敗れて捕虜となった。
最初は孫皓の命で殺されそうになったが、孟幹は忠実な人物であるという臣下の助言により
助命され、さらに孟幹は呉の人々が蜀の側竹の弩を愛好していると知り、その制作に携わり
たいと申し出て建業の兵器製作部局に留めた。
後に逃亡に成功して司馬炎に呉討伐の計を述べ、その恩賞として日南太守となった。

徐胤

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
65 59 62 45 68 C B B C B A ? ?
【ジョイン】
西晋の武将。
巴東監軍を務めて272年の西陵の役において水軍を率いて長江を下り、
建平にて呉の留慮・朱琬と戦った。


樹機能

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
85 83 74 36 60 威風 B A A S C C 279年(不自然死)
【ジュキノウ】
西晋初期の時代に活動した禿髮鮮卑の首領。
270年に西晋に対して涼州にて反乱を起こし、秦州刺史の胡烈を討ち、
翌年には涼州刺史の牽弘を討ち果たした。
文鴦らの活躍によって277年に一時降伏したが、279年に再び反乱を起こした。
馬隆の活躍によって敗れ、寝返った配下の没骨能に殺害された。

羊琇(稚舒)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
48 46 81 73 26 B B B C B C 236年 282年(自然死)
【ヨウシュウ(チジョ)】
魏・西晋の政治家。
羊祜と同族である羊耽と辛憲英との間に生まれた。
263年の魏の蜀攻略の際は参鎮西軍事として鍾会に従ったが、鍾会の反乱には加担せず、
帰国後に関内侯の爵位を受けた。
司馬炎とは親しく、司馬炎の後継に尽力した功績で重んぜられ、左衛将軍を経て
中護軍・散騎常侍となって長く禁軍を統括したが、後に斉王司馬攸が青州に赴任する
ことに反対した為に太僕に左遷され、程なくして病死した。
贅沢を好んで昼夜問わずに宴会を行い、他人に対する礼儀の区別を付けなかった事で
人々に非難され、法を犯すことも多かった。


向雄(茂伯)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
28 17 67 65 63 C C B C C C ? 286年
【ショウユウ(モハク)】
魏・晋の文官。
当初は王経に主簿として仕え、王経が死んだ際には慟哭して市井の人も皆悲しんだ。
後に無実の罪で投獄されたが、鍾会に助け出されて都官従事となり、鍾会が死んだ
際には遺体を引き取って埋葬した。

晋の時代には秦州刺史・御史中丞・侍中を歴任し、最後は河南尹となる。
司馬炎に弟である司馬攸を重用すべしと進言したが、聞き入れられずに
怒りを募らせて憤死した。

親愛武将:王経、鍾会

司馬幹(子良)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 父親
8 6 77 25 76 明鏡 C C C C C C 232年 311年(自然死) 司馬懿
【シバカン(シリョウ)】
西晋の皇族。司馬懿の七男。生母は張春華
魏の時代には安陽亭侯に封じられ、撫軍中郎将となった。
晋の成立によって平原王に封じられ、朝廷内では三公に次ぐ序列で重職を歴任し、
恵帝の時代にて剣履上殿と入朝不趨を許された。
精神面での病気があった為に奇行が多かったが、純粋で欲が少ない人物で
政務は自ら執り行わなかったが人事異動においては必ず才能で選んでいた。

司馬駿(子臧)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
74 61 72 74 83 親羌 A B B B C C 232頃 286 司馬懿
【シバシュン(シゾウ)】
魏晋の武将、政治家。司馬懿の第7子。扶風王。
清貞守道の人物で、晋の宗室でも俊望された。
武帝司馬炎が即位すると汝陰王に封じられる。
丁奉の離間策で石苞が寿春から召喚されると石苞を助け、丁奉の侵攻も撃退した。
関中に赴任すると民衆に恩恵を施し、農蚕を奨励して仁政を施した。
羌族の樹機能の反乱では文鴦を率いて討伐し、
西方の異民族を善く慰撫したため、樹機能らは投降し20万の民が帰順した。
司馬攸を中央から遠ざけるのを諌めるが聞き入れられず、病に倒れた。
司馬駿が没すると、民衆は悲嘆し碑を立てて拝したという。

馮紞(少冑)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
31 27 79 61 17 論客 C C B C B C ? 286年(自然死)
【フウタン(ショウチュウ)】
西晋の政治家。
安平の出身で経史に通じて弁舌に優れ、皇帝司馬炎の側近として寵愛され、魏郡太守
から侍中にまで登った。
呉征伐の際は汝南太守を務めて当初は征伐に反対であったが、王濬に随行して功績を挙げた。
賈充荀勗らと親しく、賈充の娘である賈南風を皇太子・司馬衷の皇太子妃とするのに
尽力し、荀勗と関係が思わしくなかった斉王司馬攸の帰藩を進言した。
他にも呉征伐の主戦派であった張華を讒言したりと奸臣としての行動が目立った。

親愛武将:賈充、荀勗
嫌悪武将:張華


文立(広休)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
34 27 81 79 82 眼力 C C C C C C ? ?
【ブンリツ(コウキュウ)】
蜀・西晋の政治家。
巴郡臨江の出身で譙周に師事し、譙周門下では顔回になぞらえられた。
蜀では費禕により大将軍東曹掾となり、後に尚書となる。
蜀滅亡によって西晋に仕えて梁州の別駕従事となり、後に中央に勤務して
太子中庶子となり、数多くの蜀の師弟や旧臣らを推挙し、また忠実清廉な人柄で知られた。


劉禅が安楽公の後継に六男の劉恂に決めた際には反対したが、聞き入れられなかった。

李密(令伯)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
25 28 76 75 81 C C B C C C 224 287年(自然死)
【リミツ(レイハク】
蜀・西晋の政治家。

蜀の出身で幼少時に父を失い、母は再婚した為に祖母の劉氏の元で育てられた。
最初は蜀に仕えて従事尚書郎・大将軍主簿・太子洗馬を歴任し、呉の孫権の元へ
使者として赴いた際には「人の兄となるよりも弟になった方が良い」と主張する
孫権に対し、李密は人の兄である方が親の面倒を長く見れると反論した。

蜀滅亡後は司馬炎に招かれたが、九十歳を超える祖母の面倒の為に応じることが出来ず、
その事を上奏した「陳情事表」を表し、これに感心した司馬炎は州県に李密と祖母を手
厚く保護するように命じた。

祖母の死後に西晋に仕えて晋皇室所縁の温県令として治績を挙げたが、張華に疎まれて
漢中太守に左遷され、後に蜀を賛美した疑いで職を失った。

しかし、後に大中正として復帰し官吏の人選に関与した。


曹志(允恭)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
36 48 67 70 77 C C B B C C ? 288年(自然死) 曹植
【ソウシ(インキョウ)】
魏の皇族、西晋の政治家。曹植の子。
若くして学問を好み、才知に秀でて寛大な人柄で知られ、騎射にも優れていた。
父の死後に跡を継ぎ、済北王となる。
晋の成立後は司馬炎に評価されて楽平太守となり、各地の太守を歴任したが、
司馬攸が司馬炎の意向で領国に赴任する事に悲しんだ為に司馬炎の怒りを買って
官を剥奪されたが、後に復帰した。
母親の死去によって精神に異常をきたし、程なくして病死した。



楊駿(文長)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
28 23 45 34 21 C C C C C C ? 291年(不自然死)
【ヨウシュン(ブンチョウ)】
西晋の外戚。
弘農郡華陰県の出身で、姪が司馬炎の皇后であった事で外戚として地位を得る様になり、
姪の死後は自分の娘を司馬炎の新たな皇后として更に権力を得た。

司馬炎の晩年には司馬亮と共に後事を託されたが、司馬亮や衛瓘を失脚・左遷に追い込んで
恵帝即位後の朝廷にて権勢を恣にし、弟の楊珧・楊済と共に天下三楊と呼ばれるようになった。

しかし、恵帝の皇后である賈南風に唆された皇族の司馬瑋によって殺害され、一族も滅ぼされた。

嫌悪武将:司馬亮、衛瓘


司馬柬(弘度)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 父親
56 51 74 66 78 B C B C B C 262年 291年(自然死) 司馬炎
【シバカン(コウド)】
西晋の皇族。司馬炎の三男。
聡明で父から寵愛されていた。
汝南王を経て南陽王・秦王に封ぜられ、兄の恵帝即位後は大将軍にまで登った。
一時は楊駿誅殺を受けて身の保全を考慮して領国に戻ろうとしたが、司馬亮
に慰留されて恵帝を補佐した。
しかし、同年に死去して人々から死を惜しまれた。

司馬亮(子翼)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
54 39 53 68 66 C C B C B C 220 291 司馬懿
【シバリョウ(シヨク)】
魏晋の武将、政治家。司馬懿の第4子。司馬伷は同母弟。汝南王。八王の乱に関わる八王の1人。
武帝司馬炎が即位すると扶風王に封じられる。
羌族の反乱では胡烈へ救援軍を遣わすが、胡烈は戦死したため降格された。
呉の歩闡の投降を受け入れ、その後に汝南王に移封される。
司馬炎は後事を託そうと詔を出すが、
楊駿が失脚を恐れて詔を握り潰して害そうとした為洛陽を脱出した。
賈南風と協力して楊駿を誅殺し朝政を掌握するも、
賈南風が実権を握る為に司馬瑋を唆した事で捕縛・虐殺され、八王の乱が始まった。

司馬衷(正度)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 父親
1 3 1 2 24 C C C C C C 259年 307年 司馬炎
【シバチュウ(セイド)】
西晋の第2代皇帝・恵帝。重度の知的障碍者。
司馬炎の次男で兄の司馬軌が夭折して為に皇太子となるが、幼い頃から暗愚で
父の司馬炎も廃太子を考えたが、賈南風の機転により父から任された仕事を他者
にやらせて廃嫡を回避する事に成功した。
父の死後に即位するが、その暗愚故に実権は外戚の楊駿や賈皇后に握られ、賈皇后
の失脚後は越王司馬倫に帝位の座を追われた。
司馬倫の誅殺によって復位するが、相変わらず実権は無く八王の乱による皇族同士
の争いを止められずに西晋の国力を大いに衰退させた。

司馬瑋(彦度)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
58 55 21 63 74 B B C B C C 270年 291年(不自然死) 司馬炎
【シバイ(ゲンド)】
西晋の皇族で八王の一人。司馬炎の5男。
楚王に封じられ、兄の恵帝即位後は外戚である楊駿の誅殺に功績があり、
衛将軍となって禁軍を掌握したが朝廷の長老である司馬亮・衛瓘とは対立、
それを賈皇后に利用されて両者の殺害を行ったが、張華の進言により謀反人
とされて処刑された。
若く直情的な性格で短慮な面もあったが、民衆に多く施しを行って人気があり、
その死に涙する者は多かったとされる。

親愛武将:司馬乂
嫌悪武将:司馬亮、衛瓘

石鑒(林伯)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
48 39 77 63 35 言毒 B C A C A C ? 294年(自然死)
【セキカン(リンハク)】
魏・西晋の武将・政治家。
楽陵厭次の出身で、寒門であった。
魏では尚書郎・侍御史・御史中丞を歴任したが、峻厳な性格の為に地方に出されて
護匈奴中郎将・幷州刺史となる。
晋の成立後は都督隴右諸軍事や鎮南将軍・豫州刺史を歴任したが、しばしば功績を
偽る事が多かった為に杜預に弾劾され、深刻な対立関係となって隴西に共に従軍した際に
は杜預を弾劾して中央に召喚させた。
司馬炎が死去した際は楊駿一派から司馬亮暗殺の企みを命じられたが、失敗すると
判断して暗殺を諦めさせた。294年に八十余歳で死去した。

嫌悪武将:杜預

王済(武子)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 父親
36 77 75 56 38 射手 C C A A C C ? ? 王渾
【オウサイ(ブシ)】
晋の政治家。王渾の子。
容姿に秀でて弓馬を好み、その勇力は誰も敵わなかったといわれ、
文才にも精通して「易経」や「老子」をよく読んだ。
司馬炎に愛されてその公主を娶り侍中となるが、一方で性格は悪く豪奢な生活を
好んだ人物で父と共に王濬を批判し、盲目となった妻の公主を丁重に扱わなかった事や
人乳で煮た豚肉を司馬炎に振舞ったことで知られる。
父よりも早く四十六歳で死去した。


親愛武将:孫楚
嫌悪武将:王濬

孫楚(子荊)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
36 38 76 65 40 論客 C C B C B B ? 297年(自然死)
【ソンソ(シケイ)】
魏・西晋の政治家。魏の重臣である孫資の孫。
魏の時代には鎮東将軍・石苞の配下として対呉の最前線に赴いて呉への降伏を
促した書状を作成した。
若くして優れた才能を持っていたが、一方で傲慢な性格で石苞に対してしばしば
見下した態度をとった為に深刻な対立状態となり中央に召喚された。
その後は扶風王司馬駿の配下となり、最後は馮翊太守として生涯を終えた。
小説家・夏目漱石の漱石という号は友人の王済と語り合った際に枕石漱流
という言葉を漱石枕流と言い間違えた故事から来ている。

親愛武将:王済、司馬駿
嫌悪武将:石苞

秦秀(玄良)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
24 22 72 56 55 C C C C C C ? ? 秦朗
【シンシュウ(ゲンリョウ)】
西晋の政治家。魏に仕えた秦朗の子。
学業に熱心で司馬炎の時代に博士となり、讒佞な人物を嫌う直情的な性格で他人と
よく衝突したといわれる。
重臣の何曾に対しては驕奢が度を過ぎていると批判して「繆醜公」という諡号を
送るべきだと意見し、さらに賈充も嫌っており呉征伐で賈充が大都督となった事に
失望して哭いて見送ろうとした。
賈充の死後には異性の外孫に跡を継がせようとした事を批判して「荒公」という諡号
を与えるべきであると意見したが、司馬炎に却下された。
後に司馬攸を斉国に帰藩させるべきではないと意見して失職したが、後に復帰して
博士を二十年務めて死去した。

嫌悪武将:何曾、賈充

司馬晃(子明)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 父親
67 55 76 69 74 仁政 C C B C B B ? 296年(自然死) 司馬孚
【シバコウ(シメイ)】
西晋の皇族。司馬孚の五男。
下邳王に封ぜられ、孝友貞廉で下士に謙虚であった為に宗室から称えられた。
司馬炎の時代には長水校尉、南中郎将となった後、鎮東将軍、都督青徐二州諸軍事
となった。
恵帝の時代には車騎将軍、散騎常侍となり、楊駿が殺害された際には護軍を率いた。
後に司空となり、死後に太傅を追贈された。

司馬泰(子舒)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
48 45 73 77 82 沈着 B C B A B C ? 299年(自然死)
【シバタイ(シジョ)】
西晋の皇族。司馬懿の弟司馬馗の子。司馬越の父。
魏の時代には扶風太守を務め、晋の成立により隴西王に封じられた。
以後は数多くの職を歴任して司空にまで登り、司馬瑋が処刑された後は
録尚書事を経て太尉・守尚書令となり、高密王に改封された。
廉静な性格で王族の多くが奢侈の生活をする中で清貧な生活を守り続け、
同様に節制に務めた司馬晃と共に称えられた。




賈南風

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 性格 口調
13 31 55 7 2 強奪 C C C C C C 257 300 賈充 小心 慇懃
【カナンプウ】
西晋恵帝の皇后。賈皇后。賈充の娘で、子供は望めず陰険で色黒の醜女であった。
司馬炎は、皇太子の司馬衷の后として衛瓘の娘を迎えようとしたが、
賈充派の馮紞・荀勗らが賈南風を后にすべく工作をし、賈南風を勧めた。
司馬炎の崩御後に恵帝が即位し、賈南風は皇后となった。
恵帝が即位後、外戚の楊駿が実権を握るが、賈皇后は楊駿を排除すべく、
孟観・李肇・宦官の董猛らと共謀して政変を起こし、楊駿一党を誅殺。
その後、司馬亮と衛瓘を謀殺し、張華の進言で司馬瑋を誅殺して賈氏一族が天下を掌握した。
のち司馬冏・司馬倫らに反乱を起こされ、族滅された。

司馬遹(煕祖)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
46 33 62 64 68 富豪 B C B C B C 278年 300年(不自然死)

【シバイツ(キソ)】
西晋第2代皇帝・恵帝(司馬衷)の長男。
幼い頃から聡明であったが、あまり学問は好まずに宮中で商売を行ったり、
菜園で育てた野菜を売って利益を得たりしていた。
また、皇太子用の手当てを多く貰って部下に与えたり、讒言をする部下に対して
絨毯に針を仕込む嫌がらせまでしていた。
皇太子となるが、実母ではない賈皇后からは嫌われて賈皇后やその一族である
賈謐と対立する様になり、賈一族の謀略によって恵帝への謀反を疑われた末に
幽閉されて後に暗殺された。
後に愍懐太子の諡を与えられる。

親愛武将:司馬炎
嫌悪武将:賈南風、賈謐

李婉(淑文)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
20 27 77 64 80 威圧 C C C C C C 李豊
【リエン(シュクブン)】
賈充の前妻。李豊の娘。
才気のある女性で、賈充に嫁いだ。
李豊が司馬師に誅殺されると連座して流罪となった。
武帝司馬炎の即位により大赦となるが、賈充は郭槐を後妻に迎えていた。
武帝は賈充に特別に正室を二人立てることを許したが、郭槐が激怒したため賈充は辞退した。
賈南風(郭槐の娘)が皇太子妃となると郭槐は盛大に着飾って李婉のもとに出向くが、
李婉が出迎えると郭槐は思わず跪拝してしまった。
このため、賈充は李婉が殺されないか怖れたという。
賈南風が廃された後、賈充の墓に合葬された。
著作に「女訓」がある。

※特技は賈充伝で性格が「妬忌」(嫉妬・猜忌)と評された郭槐を跪かせたということで。

何攀(恵興)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 親愛
61 33 87 76 72 造船 B B B C B A 243 301 王濬
【カハン(ケイコウ)】
西晋の政治家。
益州刺史・皇甫晏から「王佐の才である」と評価された。
王濬が益州刺史として赴任してくるとその属官となり、呉討伐の準備を補佐。
労働力と木材の確保で的確な進言を行い、軍船建造の監督役を任された。
洛陽へ赴き司馬炎に呉討伐の策略を述べて、荊州の羊祜とも戦略を練った。
呉討伐が実行されると王濬の副官として従軍して建業を陥れた。
中央に召されると、楊駿が専権して国政が乱れた際にこれを討伐した。
その後も揚州刺史、大司農を歴任したが晩年は朝廷の混乱を厭い隠棲した。

※造船以外にも計略系特技でも可

劉弘(和季)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
80 64 81 86 85 仁政 A A B A B B 236 306
【リュウコウ(カキ)】
西晋の武将。魏の政治家・劉馥の孫。
武帝司馬炎と幼なじみで、昇進を重ねて幽州の軍事となる。
荊州で張昌が乱を起こすと荊州刺史となり、陶侃を遣わして乱を鎮圧し荊州を平定した。
疲弊した荊州に人材を配置し、領民には農耕と養蚕を奨励し賦役を省いたため非常に慕われた。
揚州で陳敏が反乱を起こすと、州境に陶侃を遣わしてこれを鎮圧させている。
八王の乱で国内が騒然とする中で荊州を良く治めたが、劉弘が病没すると再び乱が生じるようになった。



周処(子隠)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
71 85 65 61 68 猛者 A A C C C C 236 297 周魴
【シュウショ(シイン)】
呉、晋の武将、政治家。周魴の子。
若い頃は放蕩に耽り、郷里では猛虎と蛟龍に並んで「三悪」の一つに数えられた。
それを聞くと猛虎と蛟龍を格闘の末に殺すが、郷里は周処も死んだと思って歓呼しており、悔やんで改心した。
陸機らに会って勉学に打ち込み、呉の末期に仕官する。
建業に入城した王渾が宴会で呉臣を嘲った時には、堂々と答えて王渾を恥じ入らせた。
晋代には御史中丞を務め、梁王・司馬肜の違法を厳しく追求した。
しかし司馬肜に恨まれ氐族討伐の際に孤立無援となり、五千の兵で一万の兵を倒し勇戦するが戦死した。


司馬肜(子徽)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 父親
27 31 35 48 31 C C B B C C ? 302年(自然死) 司馬懿
【シバユウ(シビ】
西晋の皇族。司馬懿の八男。
西晋の成立により梁王となり、朝廷では重職を歴任した。
296年に斉万年が反乱を起こした際に征西大将軍として討伐に赴いたが、
以前に自らの不法を糾弾して怨んでいた周処が配下にいた為、周処に
対して危険な先鋒を幾度となく担わせた上に援軍を送らず戦死させた。
その後、斉万年に敗れて召喚されたが罪には問われずに大将軍となり
弟の越王司馬倫の簒奪に協力、司馬倫の死後も地位を保って死去した。

斉万年

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
78 76 58 38 64 長駆 C B A S C C ? 299年(不自然死)
【サイマンネン】
チベット系の異民族である氐族の首長。
296年秦・雍州の氐・羌族が飢饉の影響で関中にて反乱を起こした際に皇帝に
推戴されて反乱の指導者となり、梁山を拠点とした。
朝廷から派遣された梁王司馬肜率いる西晋軍を撃破し、周処を戦死させたが
孟観率いる討伐軍に敗れた末に殺害された。

厳氏(憲)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 親愛
8 6 77 60 72 眼力 C C C C C C 杜預
【ゲンシ(ケン)】
杜有道の妻。杜預の叔母。
貞淑で見識を有する女性で、人物を見る鑑察眼に優れていた。
18歳で寡婦となるが、息子の杜植と娘の杜韡を育てあげた。
傅玄が杜韡を後妻にしようとすると、傅玄は何晏と対立して害されそうになっていたが、
何晏の驕慢と司馬懿の雌伏を見抜いていたためこれを受ける。
その後、司馬懿は何晏を含む曹爽一派を誅殺した。
秦州刺史だった杜預が石鍳に誣告され収監されると、一時の恥を耐えるよう励ます。
傅咸(傅玄の前妻の子)を「千里馬」と讃えて妹の娘を娶せた。

補足:傅咸は晋にて、剛直な政治家として名を上げた。

鍾氏(琰)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 配偶者
11 8 75 64 74 C C C C C C 王渾
【ショウシ(エン)】
王渾の妻。鍾繇の曾孫。
数歳で文才を示す聡明さで、雅で容姿も美しく、礼儀も備えていた。
娘の結婚相手に賢夫を求めており、息子の王済が著名な兵家の子を推薦したが、
その姿を見ると、才能はあるが早世すると見て結婚を許可しなかった。
数年でその人物は亡くなったため、鍾琰の観察眼が称賛された。
王湛(王渾の弟)の妻の郝氏と良い交流を持っており、「鐘夫人の礼、郝夫人の法」と讃えられていた。

賈謐(長深)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
39 22 63 53 36 C C B C C C 277年 300年(不自然死)
【カヒツ(チョウシン)】
西晋の外戚・政治家。
賈充の娘・賈午と韓壽との子で、当初は韓姓であったが賈充の跡を継がせる為に
祖母の郭槐の意向で賈姓を名乗った。
楊駿の誅殺後は伯母の賈皇后と共に朝廷の実権を握り、「賈謐二十四友」と呼ばれる
文学集団を形成した。
二十四友に入る潘岳や石崇はこぞって賈謐に追従し、乗車する馬車の塵まで拝んだ
事から「後塵を拝す」の故事が生まれた。
皇太子の司馬遹と対立し、賈皇后と共に司馬遹を廃嫡した末に殺害したが、司馬倫
の反乱によって殺害された。

親愛武将:賈南風
嫌悪武将:司馬遹、司馬穎

石崇(季倫)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
51 68 58 69 14 徴収 B C C C C C 249 300 石苞
【セキスウ(キリン)】
晋の政治家。石苞の末子。
幼い時から明敏かつ勇敢で知られ、
石苞は臨終の際に自分で財産を得る能力があるとして財産を分け与えなかった。
武帝司馬炎に重用され呉侵攻で功績を上げ、安陽郷侯に封じられる。
一時学問を好み官を辞するも、間も無く復職し要職を歴任したが、品行は悪く度々弾劾されている。
潘岳と共に外戚の賈謐に媚び諂って権勢を誇ったが、賈氏の失脚後に孫秀に愛妾を差し出す事を拒否し処刑された。
商人から富を巻き上げて巨大な財を得ており、
豪奢な生活を送って王愷(王粛の子)と贅沢ぶりを競っていた程だった。

補足:石崇を処刑した孫秀は、呉から晋に亡命した孫秀とは別人。


緑珠

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
7 4 63 35 84 楽奏 C C C C C C ? 300年(不自然死)
【リョクジュ】
石崇の愛妾。
美貌でしられた歌妓で越王司馬倫の側近である孫秀は緑珠を求めたが、石崇が断った
事によって孫秀に恨まれた石崇は処刑に追い込まれる事になり、石崇を捕える兵が石崇の邸
に迫った際に楼閣から身を投じた。

親愛武将:石崇


夏侯湛(孝若)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
30 18 78 73 82 詩想 C C C C C C 243 291
【カコウタン(コウジャク)】
晋の政治家、文学者。曽祖父は魏の夏侯淵
また司馬師の義理の甥で、夏侯湛の姉妹は司馬伷の息子に嫁いでいる。
晋皇族と深く関わりがあるため、晋代も権勢を誇り、晋の要職を歴任した。
文学者としては若い頃より頭角を現し、数々の詩や論文の著作がある。
後に「魏書」を著すが、陳寿の「三国志」を見て自身の「魏書」を破り捨てている。
容姿に優れ大変な美男子でもあったため潘岳と親しく、2人並ぶ姿は「連璧」と称された。

潘岳(安仁)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
21 14 81 74 80 詩想 C C C C C C 247 300
【ハンガク(アンジン)】
西晋の文学者。彼が馬車で街を行くと、女性が競って果物を投げ入れたと言われるほどの美男子であった。
才気を好み、強烈な上昇志向の持ち主で、外戚である賈氏に取り入り重用されたが、
あまりの阿りから人々から眉を潜まれ、「後塵を拝す」の故事の生みの親にもなった。
後の八王の乱によって後ろ盾の賈氏を誅滅され、その後自身もその性格が災いして一族もろとも処刑される。
作品は『悼亡詩』を始めとする繊細かつ美しい文体が特徴で、同じ時期に活躍した詩人である
陸機と並称比較して論じられることが多い。

解系(少連)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
70 58 67 68 83 B B B B B B ? 300年(不自然死)
【カイケイ(ショウレン)】
晋の軍人・政治家。
済南郡著県の出身で、清廉潔白な人物として大きな名声を博していた。
中央で散騎常侍や尚書を歴任した後に、雍州刺史・揚烈将軍・西戎校尉・仮節となる。
羌族の反乱の際に趙王司馬倫と共に討伐に従事したが、司馬倫及びその側近である
孫秀と作戦を巡って対立し、朝廷に奏上して司馬倫を召還させて孫秀の処刑を
求めたが、後に司馬倫が朝廷の実権を握った事により処刑された。

嫌悪:司馬倫、孫秀(俊忠)

解結(叔連)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
36 32 63 69 71 C C B C C B ? 300年(不自然死)
【カイケツ(シュクレン)】
晋の軍人・政治家。解系の弟。
若くして解系と名声を等しくし、黄門侍郎を始め散騎常侍、予州刺史、魏郡太守、御史中丞を歴任した。
兄と司馬倫・孫秀が対立した際、閣僚会議にて孫秀を処刑すべしと述べた事で孫秀の恨みを買い、
後に朝廷の実権を握った司馬倫・孫秀により兄と共に処刑された。

解結の娘は今まさに裴氏に嫁ぐという時で、裴氏は婚姻を認めて救おうとしたが、娘はそれを
拒否して共に連座して処刑された。これにより娘は一族の罪に連座しないという法改定がなされた。

嫌悪:司馬倫、孫秀(俊忠)


左思(太沖)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
15 12 67 55 43 詩想 C C C C C C 253年頃 307年頃(自然死)
【サシ(タイチュウ)】
西晋の詩人。
斉国臨淄の出身で、妹の左芬が入内した事により洛陽に移住した。
詩文・暦算占星に通じて三国の首都を題材にした「三都賦」を十年の歳月を
かけて完成させ、張華に激賞され皇甫謐が序文を書いた事によって評判は
都中に広まる事になり、こぞって三都賦を書写する人が続出した事から
洛陽の紙価が高まって「洛陽の紙価を高からしむ」の故事が生まれた。
朝廷では秘書郎を務めて賈謐二四友にも数えられたが、容貌に優れず吃音
であった為に交際を好まず、賈謐の死後は隠棲し、八王の乱の混乱で冀州に
移住してそこで死去した。

司馬允 (欽度)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 父親
65 76 48 56 69 A B A B C B 272年 300年(不自然死) 司馬炎
【シバイン(キンド)】
西晋の皇族。司馬炎の十一男。
濮陽王を経て淮南王となり、都督揚江二州諸軍事・鎮東大將軍を経て
驃騎將軍、開府儀同三司となり、中護軍を兼任した。
越王司馬倫が帝位を簒奪する企みを抱いた際、警戒された司馬允は淮南の精鋭八百人
を引き連れて司馬倫を襲撃し、宮殿内にて司馬倫の兵と激戦を繰り広げた。
しかし、味方と偽って近づいてきた司馬倫側の部隊を受け入れた事で襲撃を受け死亡した。

嫌悪武将:司馬倫


司馬倫(子彝)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 父親
26 34 5 12 11 C C C C C C ? 301年(不自然死) 司馬懿
【シバリン(シイ)】
晋の八王の一人。司馬懿の九男。
司馬懿の晩年の愛人である柏夫人を母とする。
晋の成立の際に琅邪王となり、277年に越王となった。
恵帝の時代になると朝廷の実権を握った賈南風に接近して地位を高める事になるが、
後に賈南風を見限って300年に斉王司馬冏らと共に賈南風ら賈一族を粛清して朝廷の
実権を掌握し、翌年正月には恵帝を廃位して自らが皇帝となるが、司馬冏ら多くの
皇族らの反発を招いて殺害された。

文字を読む事が出来ず、側近である孫秀の言いなりであったとされる。

親愛武将:孫秀
嫌悪武将:解系、司馬允

孟観(叔時)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
85 82 73 55 52 連戦 A A S A B C ? 301年(不自然死)
【モウカン(シュクジ)】
晋の武将。渤海郡東光県の出身で剛毅沈着な性格で若くして読書を好み、天文にも通じていた。
291年の楊駿誅殺に功績を挙げて黄門侍郎となり、恵帝から特に信頼されていた
40人を部下に与えられて後に積弩将軍に昇進。
斉万年の乱では諸将が敗北する中で張華の進言で追討軍の大将に任じられて
十数回の戦いに勝利して斉万年を捕える功績を挙げた。
301年に司馬倫が帝位を簒奪した際に最後まで従ったが、司馬倫が誅殺された事
によって殺害された。

孫秀(俊忠)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
18 13 78 37 14 言毒 C C C C C C ? 301年(不自然死)
【ソンシュウ(シュンチュウ)】
越王司馬倫の側近。
琅邪の出身で、元々は身分が低く潘岳の家の家人であったが、潘岳らには迫害されていた。
後に文書の際を持って越王司馬倫に仕えて謀略を持って司馬倫の帝位簒奪に協力し、
その功績を以て中書令に任じられ、恨みのある潘岳や石崇、解系らの一族を悉皆処刑して権勢を奮ったが、
司馬倫と共に殺害された。

親愛:司馬倫、緑珠
嫌悪:潘岳、石崇、解系、解結


※ 呉から晋に寝返った孫秀とは別人

司馬冏(景治)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
61 57 52 46 42 捕縛 B B B C C C ? 302年(不自然死)
【シバケイ(ケイチ)】
西晋の皇族。八王の一人。斉王司馬攸の子。
父の跡を継いで斉王となり、300年には司馬倫と共に賈一族らの一派を滅ぼして
張華や裴頠らをも殺害した。
司馬倫の帝位簒奪後は司馬倫と対立して他の王と共に挙兵して司馬倫を滅ぼし、
自らは大司馬として朝廷の実力者になったが、独断専行であった為に他の王からの
反発を招いて司馬乂・司馬穎・司馬顒らにより殺害された。

嫌悪武将:司馬乂・司馬穎・司馬顒


陸機(士衡)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
42 21 82 71 76 詩想 C C B C C B 261 303 陸抗
【リクキ(シコウ)】
西晋の政治家。文学者・書家として著名。陸遜の孫、陸抗の子。
呉に仕えていたが、滅亡後は弟の陸雲とともに故郷で隠遁し、「弁亡論」を著すなど文学に打ち込む。
晋からの10年に及ぶ仕官の説得に応じ洛陽へ上り、陸雲と並んで「二陸」を得たと称される。
その後は八王の乱に巻き込まれ、司馬倫、司馬冏、司馬穎らに仕える。
司馬穎には特に評価され、軍権を委ねられるも司馬乂に大敗。
陸機の声望を妬んだ司馬穎の側近に讒言され、一族もろとも処刑された。
文学面では「文賦」を著し、潘岳とともに「潘陸」と並び称された。

※潘岳と差別化したい場合は、特技「名声」あたりか。

陸雲(士龍)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
31 26 74 76 77 仁政 C C C C C B 262 303 陸抗
【リクウン(シリュウ)】
晋の政治家、文学者。陸抗の子。陸機の弟。
6歳で文才を示し、清廉な性格だった。
兄の陸機と名声を等しくし、「二陸」と呼ばれる。
16歳の時に呉に仕え、滅亡後は陸機と隠棲してから洛陽に入る。
浚儀令に任じられると仁政を敷くが、部下の失政の責任をとって去官した。
後に呉王司馬晏に重用され、その元で要職を歴任した。
陸機に陸抗を良く言わなかった吾彦と親交を持たないよう助言する。
しかし陸機が吾彦を誹謗するようになると、逆に兄を諌めた。
陸機が八王の乱の最中に処刑されると、連座して弟の陸耽とともに殺害された。

張微(建興)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 父親
70 73 69 63 67 踏破 A B B C B C ? 302年(不自然死) 張翼
【チョウビ(ケンコウ)】
西晋の武将。
蜀の左車騎将軍・張翼の子。
若年時より学問に打ち込み、河間王司馬顒の命で益州の広漢太守となった。

302年に益州にて李特が反乱を起こした際には鎮圧に従事して一時は山上を通って
李特の陣営に切り込むも広漢を包囲された末に陥落により殺害された。

子の張存は張微の菩提を弔う名目にて助命された。

索靖(幼安)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
58 46 62 67 64 C C B A B C 239年 303年(不自然死)
【サクセイ(ヨウアン)】
西晋の政治家・武将・書道家。
後漢の書道家・張芝の姉の孫にあたる。
敦煌の出身で、戊己校尉を経て雁門太守、酒泉太守などを歴任した。
296年には征西大将軍司馬肜配下の左司馬として涼州の異民族討伐に功績を挙げ、
301年には帝位を簒奪した司馬倫討伐に加わって散騎常侍・後将軍となる。
その後は河間王司馬顒に従って長沙王司馬乂討伐に参加したが、その時に
負った傷が元で死亡した。
書道家としても著名で衛瓘と並び称され、書跡には「月儀帖」や「出師頌」がある。

司馬乂(士度)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
65 59 62 45 68 名声 C B A C B C 277年 304年(不自然死) 司馬炎
【シバガイ(シド)】
西晋の皇族。八王の一人。司馬炎の6男。
長沙王に封じられて同母兄である司馬瑋と共に大叔父の司馬亮を殺害したが、
兄の処刑によって常山王に格下げされた。
司馬倫が恵帝を廃した際は他の王と共に司馬倫打倒に活躍して長沙王に復帰し、
次いで司馬倫の代わりに朝廷の実力者となった司馬冏を殺害した。
その後は恵帝を奉じて洛陽に籠城して司馬穎・司馬顒らと争ったが、最後は
司馬越に捕えられて金墉城に幽閉された末に焼き殺された。



親愛武将:司馬瑋
嫌悪武将:司馬倫・司馬冏・司馬穎・司馬顒・司馬越

司馬歆(弘舒)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
67 64 43 19 52 B C B C C B ? 303年(不自然死)
【シバキン(コウジョ)】
西晋の皇族。司馬駿の次男。
新野県公となり、母が死去した際に喪中は儀礼以上の行いをした事で孝行ある人物
と評価された。
越王司馬倫に対して斉王司馬冏らが挙兵した際には司馬冏側に味方して新野郡王
となり、司馬冏の失脚後は司馬穎と手を結んだ。
領内では過酷な政治を行った為に異民族からは恨まれ、張昌の反乱が起きた際には
張昌への出兵を要請するも司馬穎と対立していた長沙王司馬乂に拒否され、最後は
張昌軍に敗れて殺害された。

嵇紹(延祖)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
48 14 70 75 82 護衛 C B B C C C 253 304
【ケイショウ(エンソ)】
西晋の政治家。竹林の七賢・嵆康の子。
父が司馬昭に処刑された事から晋に仕えるべきか悩んだが、山濤の励ましで出仕した。
趙王・司馬倫が簒奪すると侍中に進み、恵帝復位後も引き続き侍中を務めた。
恵帝が成都王・司馬穎の討伐軍を挙げるとこれに従軍したが、蕩陰で敗北。
護衛が逃げる中、ただ独り傍を離れず恵帝を庇って戦死した。
このとき恵帝の衣服に嵇紹の血が付いたが、側近がこの衣服を洗おうとすると、
恵帝は「これは嵇侍中の血である。消してはならない」と止めさせたという。

司馬繇(思玄)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 父親
61 58 67 60 64 C B B C B C ? 304年(不自然死) 司馬伷
【シバヨウ(シゲン)】
西晋の皇族。司馬伷の三男。
博学多才かつ剛毅果断で、親に対する孝徳もあった。
散騎常侍を務めて外戚の楊駿の誅殺に大いに功績があって東安王・侍中・典軍大将軍
となり、これによって楊駿一派誅殺の権限を握ったが、この時に文鴦を外祖父である諸葛誕
がかつて殺害した文欽の子とという事で危惧し、自らの独断で無実の罪で殺害した。
これによって司馬繇を憎んでいた兄の司馬澹に讒言されて帯方郡に流された。
後に復帰するが、八王の乱の際に成都王司馬穎に対して恵帝に降伏すべきと説いた
事で司馬穎の怒りを買い、殺害された。

嫌悪武将:司馬澹、文鴦、楊駿

杜軫(超宗)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
24 10 74 81 78 仁政or親蛮 C C C C C C
【トシン(チョウソウ)】
蜀、西晋の政治家。
譙周に師事して広く経書に通じ、郡の功曹史に就いた。
蜀が滅ぼされると西晋に仕えて建寧の県令に任じられた。
ここで善政を行い、異動の際は異民族が群れをなして見送りに現れ、
多くの金品を贈ってきたが杜軫は一切受け取らなかった。
次に池陽の県令となり、ここでも雍州11郡の中で最も良い統治を行った。
これらの功績から中央に召されて尚書郎に任じられると多くの政策立案が採用された。
その後、犍為太守として出向し、ここでも善政を敷いたが、病により51歳で亡くなった。

諸葛京(行宗)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
28 20 60 68 72 C C B C B C 諸葛瞻
【ショカツケイ(ギョウソウ)】
西晋の政治家。諸葛瞻の子。諸葛尚の弟。
蜀滅亡時はまだ若く、諸葛顕(諸葛喬の孫)らと共に河東に移住させられた。
その後、晋代に諸葛亮と諸葛瞻が讃えられると、それに伴って官吏として登用される。
郿の令として赴任すると、祖父や父には及ばないが心を尽くして職務に当たっていると評判を得る。
その後、江州刺史にまで昇った。

補足:生年は兄の諸葛尚の245年より少し後に設定。

張昌

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
81 85 66 33 43 昂揚 A A B B C A ? 304年(不自然死)
【チョウショウ】
西晋末の反乱指導者。
荊州義陽郡の蛮族の出身で、最初は平氏県の役人を務めた。
303年の益州での李流の反乱の際に討伐の為に討伐の為に流民からなる兵団を組織したが、
実際には江夏郡にて反乱を起こして李辰と改名した。
その後は丘沈を劉尼と名を改めさせて漢王朝の末裔を自称させ、自らは相国を自称、
周辺各地に侵攻したが陶侃率いる晋軍に敗れ、最後は捕えられて処刑された。


丘沈

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
28 25 37 51 58 C C B C C B ? 304年?
【キュウチン】
西晋末の反乱指導者。
元は荊州山都の県吏であったが、張昌の反乱に参加し張昌から天子の気があると
されて劉尼と改名して漢王朝の末裔として祭り上げられた。
その後は張昌と共に捕えられたが消息は不明。


陳敏(令通)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
77 79 67 38 35 操舵 A A B C B A ? 307年(不自然死)
【チンビン(レイツウ)】
西晋末の反乱指導者。
廬江の出身で301年に三王が司馬倫を討伐した際、以後も駐留していた三王の軍の
為に洛陽の食料庫が尽きようとしていたが、尚書倉部の令史であった陳敏は揚州
から水運を使って輸送すべきであると進言し、合肥度支となった。
303年に起こった張昌の乱では少数の兵で張昌の部将である石冰の軍を幾度となく
破り、広陵の相となった。
その後、独立する野心を抱いて江東にて反乱を起こして江東各地を占領したが、
最後は討伐軍に敗れて殺害された。

司馬穎(章度)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
58 54 35 44 46 C B B B B C 279年 306年(不自然死)
【シバエイ(ショウド)】
西晋の皇族。八王の一人。司馬炎の16男。
成都王に封ぜられて八王の乱においては大叔父の司馬倫や異母兄の司馬乂らと
争う事になり、一時は皇太弟となるが304年に王浚・司馬騰らに敗れて皇太弟
の地位を失い、その後に復権を図るも東海王司馬越に敗れて後に殺害された。

匈奴の劉淵は配下であったが、幽州都督王浚に対抗させる為に帰郷させる事に
なり、これが後の匈奴の中原進出のきっかけとなった。

親愛武将:司馬顒
嫌悪武将:司馬倫・司馬冏・司馬乂・司馬越・賈謐

盧志(子道)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
67 46 89 73 71 百出 C B A B A C ? 312年(不自然死)
【ロシ(シドウ)】
西晋の政治家・参謀。盧植の曽孫にあたる。
成都王司馬穎の参謀となり、司馬冏が司馬倫に対して挙兵した際に司馬冏と共に
司馬倫を打倒すべきと進言、討伐に功積を挙げた。
以後の八王の乱においては司馬穎に付き従い、幾度となく進言した。
司馬穎の死後は司馬越に属して軍諮祭酒を経て衛尉、尚書となるが永嘉の乱にて
家族と共に縁戚の劉琨を頼る途中で劉粲により殺害された。

親愛武将:司馬穎、劉琨


孟玖

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
18 13 67 28 16 C C C C C C ? ?
【モウキュウ】
成都王・司馬穎配下の宦官で司馬穎に寵愛を受けた。
父親を邯鄲令にしようとしたが陸機に止められ、陸機の軍にいた弟の孟超が
戦死した事で陸機を恨んでおり、
陸機が長沙王司馬乂に通じていると司馬穎に誣告して処刑に追いやったが、
後に孟玖も罪を問われて殺害された。

嫌悪武将:陸機、陸雲

孟超

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
57 61 11 6 10 B B C B C C ? 303年(不自然死)
【モウチョウ】
成都王・司馬穎配下の武将。
宦官・孟玖の弟で、司馬穎が長沙王司馬乂と対立した際には陸機の軍に
属して討伐に赴いたが、略奪を欲しいままにして陸機に批判されて陸機の謀反を
訴えた。
その後、独断で戦場に突出して戦死した。

嫌悪武将:陸機、陸雲


司馬顒(文載)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
63 55 48 56 37 C C B B B C ? 306年(不自然死)
【シバギョウ(ブンサイ)】
西晋の皇族。八王の一人。司馬孚の孫。
276年に父の司馬瑰の跡を継いで太原王となるが、翌年に河間王に封ぜられた。
八王の乱では司馬倫の殺害に他の王と共に加担した後は、次の実力者である斉
王司馬冏を他の王と共に滅ぼし、次は司馬乂を滅ぼした。
しかし、最後に対立した司馬越に敗れて殺害された。

親愛武将:司馬穎
嫌悪武将:司馬倫・司馬冏・司馬乂・司馬越

張方

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
76 80 45 17 19 強奪 A A B A C C ? 306年(不自然死)
【チョウホウ】
西晋の武将。
河間の出身で卑賤の身であったが、勇猛さを河間王司馬顒に認められて配下となった。
斉王司馬冏の討伐に活躍し、304年には金墉城に幽閉された司馬乂を城ごと炙り殺し、
恵帝を洛陽から長安に強引に移動させた末に洛陽にて略奪を欲しいままにした。
その後、司馬顒が恵帝を洛陽に戻そうとした事に反対した事で殺害された。


李穀(允剛)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
68 64 75 62 65 沈着 C B A C B B ? 306年(自然死)
【リキ(インゴウ)】
西晋の武将。
広漢郡三台の出身で、蜀に仕えた李朝の孫にあたる。

王濬によって見いだされて主簿となり、274年に張弘が益州刺史皇甫晏を殺害した際は王濬に
張弘の討伐を進言し、その功積によって州の主簿・別駕となった。

呉征伐では王濬の参軍として従軍、戦後に関内侯・雲南太守となり、王濬の死後は南夷校尉となった。

306年に犍為で反乱が起きた際は寧州刺史として討伐にあたったが、反乱軍に拠点を包囲され、援軍も来ない中で
程なくして城中にて死去した。

司馬虓(武会)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
57 53 76 67 64 C C B B B C 270年 307年(自然死)
【シバケイ(ケイチ)】
西晋の皇族。范陽王・司馬綏の子で司馬越の従兄弟。
若い頃から文才を評価されて散騎常侍、尚書を経て都督豫州諸軍事となり、許昌を守った。
八王の乱においては当初は司馬顒・司馬穎に味方したが、304年に司馬穎が幽州刺史・王浚
に敗れた後は司馬穎の皇太弟廃位を上表した。
以後は司馬顒・司馬穎と敵対して東海王司馬越と手を結び、冀州刺史となって司馬顒・司馬穎
の派閥に属していた劉喬を撃破した。
その後は司徒となるが307年に急死した。


汲桑

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
75 86 45 33 46 昂揚 A A B S B C ? 307年(不自然死)
【キュウソウ】
西晋の武将。
清河具邱の出身で、二十歳あまりの時点で百鈞を挙げる程の力を持ち、その大声は数里に
わたって聞こえる程であったとされる。
成都王司馬穎に仕え、その死後に同じ司馬穎配下であった公師藩の挙兵に石勒と共に呼応して
公師藩の死後は上党において趙王を自称して西晋と戦い、新蔡王司馬騰を敗死させたが、
苟晞に敗れて戦死した。

親愛武将:司馬穎、石勒


曹攄(顔遠)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
54 56 64 75 63 B C A C B B ? 308年(不自然死)
【ソウチョ(ガンエン)】
西晋の政治家・武将。曹休の曾孫。
文学の才能に秀でて司馬炎から愛され、洛陽県令・襄陽太守等を歴任して業績を挙げた。
八王の乱では斉王司馬冏に記室督として仕え、司馬冏の死後は司馬乂の配下となり
驃騎司馬に任じられた。
その後は襄陽太守・征南司馬となるが、賊の鎮圧の際に戦死した。


羅尚(敬之)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
74 71 76 44 23 掎角 B A B C A B ? 310年(自然死)
【ラショウ(ケイシ)】
西晋の武将。羅憲の甥。
父が幼少の頃に死去した為、羅憲の元で育てられた。
西晋に仕えて荊州刺史・王戎配下の参軍となり、呉征伐にも参加した。
後に梁州刺史となり、304年に趙廞が反乱を起こした際には鎮圧を願い出て
仮節・平西将軍・益州刺史・西戎校尉として益州に向かい、趙廞の敗死後は
益州をめぐって李特と争った末に討ち果たした。
その後は李特の弟・李流と争い、李流の死後は李特の子・李雄と争うが310年に死去した。
文章に巧みであったが、貪欲な性格で決断力に乏しいとされ、蜀の人々には悪しき者を愛し、
正しき者を嫌うと嫌われていた。



劉喬(仲彦)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
75 63 72 70 66 B B A B A A 249年 311年
【リュウキョウ(チュウゲン)】
西晋の武将。
荊州刺史・王戎配下の参軍となり、呉征伐にも参加した。
その後は楊氏や賈氏らの誅滅に功績を挙げ、八王の乱の時期においては一時期
実権を握った司馬冏に度々進言し、
張昌の乱の討伐に功績を挙げて左将軍となるが、自身を左遷しようとする
東海王司馬越と対立し司馬顒側に所属した。
司馬越に敗れた後は赦されて都督豫州諸軍事・鎮東将軍・豫州刺史として
生涯を終えた。

親愛武将:劉弘
嫌悪武将:司馬越

司馬越(元超)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
74 63 72 76 70 B B B C C C 311
【シバエツ(ゲンチョウ)】
西晋の武将、政治家。東海王。八王の乱に関わった八王の一人。
楊駿誅殺に関わった功績で東海王となる。
司馬乂、司馬穎、司馬顒の三王が権力を争い仲間割れを起こすと挙兵し、洛陽を攻めて司馬乂を捕縛する。
しかし恵帝を擁する司馬穎と対立し敗北、東海で再起を図った。
その後、恵帝を奉じて洛陽に入城し、司馬穎と司馬顒を誅殺して八王の乱を終結させた。
恵帝死後に懐帝を擁立するが、懐帝と対立する。
討伐の密詔を受けた苟晞に相対する中で病に倒れ、憂死した。
死後、司馬越の葬列を石勒が襲撃し、一族郎党は全て殺害された。

司馬騰(元邁)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
71 67 52 60 33 捕縛 C B A A B C ? 307年(不自然死)
【シバトウ(ゲングウ)】
西晋の皇族。司馬懿の弟の子である高密王司馬泰の子で、東海王司馬越の弟。
南陽郡・魏郡太守を務めた後に并州刺史となり、奴隷狩りを行ってその際に
当時流浪していた石勒も奴隷として売り飛ばされた。
八王の乱では兄の司馬越に協力し、司馬越が勝利したの後は車騎将軍・都督鄴城守諸軍事
として劉淵らと争ったが、挙兵した司馬穎の旧臣らによって敗れ殺害された。
吝嗇な性格で部下からの人望は薄かったとされる。

司馬模(文載)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
63 55 48 56 37 C C B B B C ? 311年(不自然死)
【シバモ(ブンサイ)】
西晋の皇族。東海王司馬越・新蔡王司馬騰の弟。
若い頃は琅琊王司馬睿や范陽王司馬虓と共に文才を評価された。
八王の乱では兄の司馬越に従って鄴を守り、その後は
征西大将軍・都督秦雍梁益諸軍事として関中方面を守ったが、
永嘉の乱にて劉聡に転じた部下の趙染に敗れて殺害された。

顧栄(彦文)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
70 35 77 73 84 名声 C B A C C A 312
【コエイ(ゲンブン)】
西晋の政治家。顧雍の孫。
呉が滅亡すると陸機、陸雲と共に洛陽に移住し、併せて「三俊」と呼ばれた。
八王の乱で中央政界が乱れると禍が及ぶのを避けて江南へ帰郷した。
その頃江南では陳敏が反乱を起こしており、一度はこれに帰属するが、
陳敏の先が短い事を察知すると他の江南豪族を結集してこれを鎮圧した。
司馬睿が建康に逃れてくると、輿望の高い顧栄は召し出され、枢機に参与。
江南の人材を推挙するなど亡命政権である司馬睿が地盤を固めるのに尽力した。

苟晞(道将)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
86 76 82 69 19 昂揚 S A A A B C 311
【コウキ(ドウショウ)】
西晋の武将、政治家。
兵法と政事に通じ、八王の乱では司馬越、司馬冏、司馬乂、司馬虓らの元で活躍する。
汲桑、呂朗、劉根、公師藩、石勒らに勝利して威名を轟かせ、韓信白起に比せられた。
青州刺史に任じられると、流れるように決裁を行い、私情を挟まなかった。
しかし、法に苛烈で罪人の処刑が非常に多く、民からは「屠伯」と恐怖されていた。
王弥の乱では緒戦は連勝するが、大風に遭い大敗を喫する。
その後、懐帝より司馬越討伐の密詔を受けた。
司馬越の死後に懐帝が洛陽を失陥すると、駐屯していた蒙城で石勒に敗れ殺された。


司馬楙(孔偉)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 父親
29 33 56 15 16 徴収 C B B C C C ? 311年(不自然死) 司馬望
【シバボウ(コウイ)】
西晋の皇族。司馬望の四男。
魏の時代には楽陵亭侯に封ぜられ、司馬昭の参相国軍事となる。
晋の成立後は東平王となり、外戚の楊駿が誅殺された際に楊駿に擦り寄って
いた事で処刑されかかるが、楊駿誅殺に功績があった東安公司馬繇と親しかった
事で難を逃れた。
その後は封土の東平国で蓄財に励み、八王の乱の時代には重職を歴任して最初は
司馬越と共に司馬穎と戦ったが後に司馬越や苟晞と対立、袞州刺史としては
過酷な徴発を行って郡県を疲弊させた。
司馬越の死後は中央に復帰するが、洛陽陥落にて殺害された。

親愛武将:楊駿、司馬繇
嫌悪武将:司馬越、苟晞


司馬澹(思弘)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 父親
27 25 49 35 12 C C C C C C ? 311年(不自然死) 司馬伷
【シバセン(シコウ)】
西晋の皇族。司馬伷の次男。
前将軍・中護軍となるが、酒乱で嫉妬深い性格で両親に愛されていた弟の司馬繇を
憎んで伯父の汝南王司馬亮に讒言し、失脚させた。
趙王司馬倫が実権を握った時代には親交のあった郭俶・郭侃兄弟を張華の冤罪を訴えた
という理由にて殺害した。
斉王司馬冏が実権を握った際に遼東に流されたが、司馬繇の死によって朝廷に復帰して
光禄大夫・尚書・太子太傅となり武陵王に改封されるも永嘉の乱にて殺害された。

嫌悪武将:司馬繇


荀藩(大堅)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
31 28 74 76 65 C C B B B C 245年 313年(自然死) 荀勗
【ジュンハン(タイケン)】
西晋の政治家。荀勗の子。
293年に黄門侍郎となり、302年には斉王司馬冏討伐の功績で西華県公となった。
懐帝の時代には司空となったが、洛陽の陥落により逃亡して弟の荀組らと共に
琅邪王司馬睿を盟主として前趙に抵抗し、さらに秦王司馬鄴を擁立して許昌に移った。
後に愍帝(司馬鄴)が長安に亡命した後は滎陽を守ったが、313年に開封で死去した。

山簡(季倫)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
57 59 55 61 78 C C B B B B 253年 312年(自然死)
【サンカン(キリン)】
西晋の武将。竹林の七賢の一人・山濤の子。
309年に鎮南将軍として荊州に駐屯した。
永嘉の騒乱の中で現地の豪族である習氏の庭園に入り浸って酒宴に明け暮れ、
泥酔して帽子を逆に被り、馬に後ろ向きに乗るという奇行で帰ってきた事から
「山簡倒載」という故事が残った。
一方で乱の影響で楽士が逃れた際、彼らに演奏させるべきという意見に対し、乱で何も
できない自身を罪人である嘆いて断ったり、流民を保護したりもした。


張光(景武)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
84 75 68 61 74 不屈 A C A B C A 259 313
【チョウコウ(ケイブ)】
晋の武将。
関中に赴任していた際に氐・羌族が反乱を起こし、百日余りに渡って包囲される。
百名の兵を鼓舞し度々城から出撃して破るが、衆寡敵せず敗れ援軍に助けられて長安へ帰還した。
陳敏の乱では劉弘の支援を受けてこれを平定した。
張光は司馬顒派、劉弘は司馬越派で対立関係にあったが、劉弘は張光の功績を上奏している。
梁州刺史に任じられ、漢中の地を回復して民を慰撫した。
しかし仇池に漢中を攻められ、城を半年に渡って固守するが病に倒れる。
撤退するよう進言されるが「撤退せず」と叫んで没した。


司馬熾(豊度)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年 父親
17 12 35 38 47 C C C C C C 284年 313年(不自然死) 司馬炎
【シバシ(ホウド)】
西晋第3代皇帝・懐帝。司馬炎の二十五男。
最初は豫章郡王に封ぜられ、304年に皇太子となっていた甥の司馬覃が廃された事により
皇太弟となり、兄の恵帝が306年に死去した事で東海王司馬越により皇帝に擁立されて
即位した。
しかし、八王の乱によって西晋の力は大きく衰退して五胡の攻撃にさらされることになり、
輔佐する司馬越とも対立した。
そして311年に劉聡率いる漢(前趙)軍によって洛陽が陥落した事により懐帝は捕えられて
漢の本拠である平陽に連行され、会稽公に封ぜられるも奴隷の扱いを受けた末に殺害された。


王浚 (彭祖)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
83 74 71 55 54 威圧 B A B S A C 252年 314年(不自然死)
【オウシュン(ホウソ)】
西晋の武将。魏に仕えた王沈の子。
賈氏の没落後に寧朔将軍・都督幽州諸軍事となって幽州を統治する事になり、
鮮卑族の段務勿塵に娘を嫁がせて幽州での権力基盤を固めた。
八王の乱では司馬越の派閥に属して成都王司馬穎らと争い、懐帝の即位後は
司空となり冀州を巡って石勒と争ったが、次第に驕慢な面が出て皇帝即位に
反対した部下を殺害する等人心を失い、さらに鮮卑ら味方の異民族の支持を失って
最後は石勒に敗れて殺害された。


麹允

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
64 75 45 33 58 繁殖 B B B A C C ? 316年(不自然死)
【キクイン】
西晋の武将。
涼州金城郡の豪族出身で、最初は安夷護軍・始平太守であった。
311年に漢軍によって懐帝が捕えられて長安にて愍帝が擁立された際には
その擁立に尽力した閻鼎を失脚させて朝廷の実力者となり、雍州刺史となった。
313年に劉曜率いる漢軍を一度は撃破したが、再び劉曜が攻めてきた際には
敵の偽報に騙されて敗北し、北地郡を救援できなかった。
長安が陥落した際に捕えられ、愍帝が奴隷同然の扱いをされていると知って
泣き叫び、怒った劉曜により牢獄に入れられたがそこで自殺した。

焦嵩

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
60 67 37 35 41 B B B A C C ? 316年?(不自然死)
【ショウスウ】
晋の武将。
安定の出身で安定太守となり、愍帝の長安政権においては他の関中の太守らと共に重職や
節を与えられたが、皆驕慢であった為に人心は離れていった。
長安が漢の劉曜に攻められ、麹允から援軍を求められた際、普段から麹允を見下しつつも
援軍に応じたが劉曜に敗れた。

嫌悪武将:麹允


劉琨(越石)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
85 71 79 76 87 不屈 S B S B C C 270 317
【リュウコン(エツセキ)】
西晋、東晋の武将。前漢の中山靖王劉勝の末裔といわれる。
八王の乱で戦功を重ね、司馬越により并州刺史に任じられた。
前趙や代国に囲まれ晋陽は荒廃していたが、
民を慰撫して都市の防御を固め、晋陽を回復させた。
前趙の石勒らと攻防を繰り広げ、永嘉の乱で西晋が衰退する中で并州を堅守し続ける。
しかし石勒の埋伏の計に敗れ、段部に亡命した。
その後、東晋の元帝より太尉に任じられるが、
快く思わない王敦の謀略により、段部の内戦に巻き込まれる形で殺害された。
元帝はその死を深く悲しんだという。
容姿に秀で、文学や音律にも通じていた。

※PC版では認識されない「琨」の字の代わりに「昆」を当てる。
祖逖と幼馴染で、「聞鶏起舞」の故事が紹介される際には「劉昆」と表記されることがあるため。

王衍(夷甫)

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
43 10 92 56 90 論客 B C C C C C 256 311
【オウエン(イホ)】
西晋の政治家。
幼少の頃からその秀才ぶりと美貌から神童と持て囃され、
王戎からも「現世に例えられる人物は存在しない」と評された。
しかし、長じるにつれ政治への関心を無くし、
老荘思想に傾倒して清談や玄学ばかりに明け暮れるようになる。
司馬越の幕下で位人臣を極め、越の死後には洛陽の防備を担ったが石勒に大敗し洛陽も陥落した。

晋朝における名声や期待の高さとは裏腹に石勒に捕縛された後も
「命令と成り行きに従う儘に元帥の地位まで登って了った。今日の状況を挽回する計略など何も無い」
と語るなど最後まで国難に立ち向かうという意識は希薄であった。

王如

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
82 83 33 24 46 急襲 A S S B C C ? 315年(不自然死)
【オウジョ】
西晋末の反乱指導者。
京兆尹新豐県の出身で、州の武吏であったが戦乱により流浪して宛に流れ着き、
310年に流民を故郷に帰還させる詔が出た際に反発して流民の若者を集めて反乱を
起こし、西晋の討伐軍を破った。
後に石勒が勢力を拡大してきた際に降伏して石勒と義兄弟となるが、作物の不作によって
配下の多くが東晋に降伏した為にやむなく自らも帰順した。
王敦の配下を経てその從弟である王棱の配下となるが、王敦に唆されて王棱を殺害し、
自らも処刑された。


杜曾

統率 武力 知力 政治 魅力 特技 槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍 生年 没年
86 90 52 33 47 疾走 A S B S B A ? 319年(不自然死)
【トソ】
西晋の武将。
新野の出身で若い頃から驍勇としてその名を轟かせており、甲冑を着て
水中を自在に泳ぐ事ができ、戦場においてその武勇は冠たるものであった。

最初は新野王司馬歆に仕えていたが、永嘉の乱後は同じ司馬歆である胡亢
の配下となり、楚王を称した胡亢の元で竟陵太守となるも後に胡亢を殺害、
襄陽付近に割拠し、313年には陶侃の軍を騎兵で破った。

その後も東晋と争って幾度なく敵を撃破したが、周訪に敗れた末に殺害された。




東晋(317~420)


東晋」を参照



  • 新武将の追加もいいけど、列伝はテンプレだと250字以内にね。 -- (名無しさん) 2013-06-07 19:15:07
  • ↑すまん文章直そうとしてミスって途中送信してしまったorz
    上の文は「テンプレにあるように列伝は250字以内に」と書こうとしました。すみませぬ。 -- (名無しさん) 2013-06-07 19:19:41
  • ふと思ったのだが、もし司馬衷(恵帝)を出すとしたら、能力値や特技はどんな感じになるんだろ。
    まぁ、経歴とか見る限りでは酷い能力値になりそうだけど。 -- (名無しさん) 2013-06-07 21:24:23
  • 今日編集した人間ですが、列伝が250字以内になるよう修正しました。ご迷惑をお掛けしました。以後気をつけます。 -- (名無しさん) 2013-06-07 22:08:15
  • すまんが、なるべく同年代の業績毎になるよう順番変えさせてもらった。
    関連する人物が前後近いあたりにいると相関関係が分かりやすくなると思うので。 -- (名無しさん) 2013-06-15 10:21:42
  • 祁弘を誰かつくって欲しい -- (名無しさん) 2014-10-14 16:43:26
  • 石鍳も作ってほしいな。杜預と犬猿の仲だったし。 -- (名無しさん) 2014-10-17 16:47:06
  • 王渾の側近周浚と王沈の息子で石勒のライバル王浚はよ -- (名無しさん) 2015-05-01 22:04:43
  • http://www4.atwiki.jp/sangokushi11/pages/2760.html



    武将数が120人以上いたので、東晋の武将を下記に移転しました -- (名無しさん) 2016-02-22 02:23:21
  • 馮紞は史実武将の李孚の孫です
    一応 -- (名無しさん) 2017-03-17 23:43:25
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.