張松 > コメント

  • 高知力の小心論客候補No1。
    実際こいつの特技は使いにくいし。
    論客まで待てないときは高い政治を生かして内政系や計略系を付けるのもあり。
    寿命も不自然死なためそこそこ長生きする。 -- (名無しさん) 2010-08-08 08:08:13
  • 話術が2つしか無いので論客を持たせる場合は書物も一緒に。 -- (名無しさん) 2011-03-25 14:56:46
  • 自身の知力がかなり高いため、特技が死にがち。あえて秘計のままで通すなら
    知力90以上の計略100%系特技持ち武将と組むと活躍できる
    もっとも適用範囲はかなり狭いし、デフォルトの史実武将で条件満たしてるのは
    孟徳新書の著者さんくらいだが・・・ -- (名無しさん) 2011-04-15 21:06:17
  • 特技はそもそも自分より知力の高い部隊に基本的にはかけたりしないので、
    変更推奨。上級までは論客、超級でも20%にかけるなら論客でもいいが、
    知力高を1回つかって、出たなら神算、火神、出なかったらそのまま防計担当の副将でもいいし、
    築城をつけると、かなり優秀な副将になる。 -- (名無しさん) 2011-04-16 20:52:14
  • ↑×2曹操のところには既に深謀持ちの司馬懿がいるから無理に張松と組ませる必要はないかと。
    かといって孔明だと特技の効果被るからねえ…(神算は計略クリティカル効果あり)
    やっぱり特技は変えた方がいいでしょう。 -- (名無しさん) 2011-04-24 20:44:56
  • 書物をやって論客にするのもいいが、義理が低いので誹謗イベントを起こす可能性があり、その場合君主がアホだとまず勝てないので注意。
    (劉備・劉焉でもきついが劉璋だと書物与えて無くても絶対無理!) -- (名無しさん) 2011-06-04 07:37:37
  • ↑劉備に関しては親愛しているので起こらないのでは?
    劉璋に関しては、たぶん1撃で落ちるのかな(笑) -- (名無しさん) 2011-06-04 12:55:24
  • ↑イベントの項目見たけど誹謗する側が君主を親愛してるかどうかは関係ないみたい。
    というかそうしないと黄皓が劉禅に誹謗するイベントが絶対起こらないことになるからそれはそれでおかしいw -- (↑×2) 2011-06-04 13:06:36
  • 論戦での小心はその特性上、話題札で埋まってる時に発動すると非常にショボくなる。
    なので論客を与えるなら、あえて書物を持たせないという手もある。勿論知力を90台にするのは必須。 -- (名無しさん) 2011-08-05 22:08:48
  • ↑逆上を持たないから肝心の憤怒状態になりにくくならないか?
    それこそ論客が相手にするような高知力軍師相手じゃきつい気がする -- (名無しさん) 2011-08-05 23:10:56
  • 論客への高適正は↑に上げられている通りだが、既に優秀な論客要員がいる、論客外交を自重している、超級で論客が使いにくいなどの理由で論客をつけない場合もあるだろう。
    そういう場合は、築城がぴったりなのでオススメする。戦闘部隊の築城要員は、枠節約のために防計ができる知力と建設力が底上げできる政治を双方持っているのが理想なのだが、張松はこれにまさにぴったりである。
    ただし武力はともかく統率もカスなので、従軍時の事故死にだけは注意を要する。 -- (名無しさん) 2014-08-30 01:47:23
  • 論客も特技としてはいいが開発まで時間が掛かるのがネック。
    繋ぎで能吏や米道等、経由しても良い。
    ただそうするとそれら特技の上書きが悩ましいのでお好みで。 -- (名無しさん) 2016-09-16 00:07:13

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.