ステージシナリオ > 劉備討伐戦

難易度 目標 日数 担当勢力 敵勢力
現在出陣中の部隊のみで半年以内に小沛を陥落させる
呂布軍の部隊が全滅したら敗北
180日 呂布 劉備


基本方針

  • 呂布と張遼と弓櫓を囮にして、兵器隊の高順を被害なく城まで辿り着かせる。
    • 間違っても北の本道に出ないように。湿地は敵の足と戦法を封じるための重要な要素。
    • ZOC無視の劉備に高順を狙われたら、貂蝉が副将にいる張遼で撹乱する。

初級者のための追加説明

■攻略のテーマ「真の囮は弓櫓」■
いくら呂布とはいえ、まともに前進したら劉備たちの「義兄弟の援護攻撃」で
ボコボコに袋叩きにされて、あっという間に壊滅してしまう。そのままでは囮役なんて、とてもじゃないが無理。
湿地のド真ん中に、わざとらしく【ポツンと1つだけ平地がある】ので、そこに呂布が【弓櫓】を築いて、劉備たちを待ち構えよう。

張遼は【ZOC無視の特技を持つ劉備】を【乱突】か撹乱で混乱させる足止め役。
無事に劉備を混乱させることができたら、衝車を一気に敵の弓櫓に突っ込ませる。弓櫓は一撃で破壊できる。
後は、そのまま城を目指して一直線。途中にある他の弓櫓は、劉備の追撃が怖いので無視して少しでも前進しておいた方が確実かも。

呂布は【弓櫓の補修】に専念。地味だけど、弓櫓の攻撃と呂布の反撃だけでも、関羽たちを壊滅させることもできる。
本当は「義兄弟の援護攻撃」が恐ろしい劉備軍だけど、弓櫓を挟んで対峙すると、呂布と弓櫓に敵の攻撃が分散されることで援護攻撃が無くなり、大助かり。
そう、真の囮役は【弓櫓】なのだ。

補修の必要が無いなら、本来なら一騎討ちで「気力回復+無傷で敵兵削り」を狙いながら暇つぶしをするところだけど…
好戦的な武将が多い劉備軍だからか、一騎討ち申し込みの成功率は数字以上に高い(?)ので、やっぱり待機が無難。
特に関羽には、絶対に一騎討ちを申し込んではダメ。

さて、劉備を混乱させることに失敗すると、衝車を目指して猛追してくる。
だけど、間一髪で衝車が城に到着していれば、劉備は衝車を攻撃しないで
そのまま城に入ってしまう。ラッキー!? 後は、悠々と城を破壊しよう。

意外に早くクリアできますよ。もしかしたら、ステージシナリオの中では一番簡単で、しかも短いかも知れない。


PS2PK攻略チャート

位置が異なるとチャート通りにいかないので、開始と同時にR3押し込みで画面をデフォ固定してください。
必ず順番通りに行動させ、未行動ユニットは動かさないでください。

  • 1ターン目
1.呂布 南西へ3マス移動し、南西に弓櫓建設
2.高順 張遼の南西に移動
3.張遼 呂布と高順の間に移動

  • 2ターン目
1.張遼 弓櫓の南に移動し、補修(完成)
2.高順 張遼の南東に移動

  • 3ターン目
1.呂布 その場で弓櫓補修
2.張遼 劉備の南に移動し、乱突(成功)
3.高順 張遼の南1マス、南東1マスに移動

ターン終了後、呂布の兵が2000前後まで削られるが、あせらない。

  • 4ターン目
1.高順 南西に1マス移動し、弓櫓に破砕
2.張遼 南に1マス移動し、劉備に乱突(失敗)
3.呂布 弓櫓の南に移動し、補修

  • 5ターン目
1.高順 西にある弓櫓の北東に移動し、破砕
2.張遼 その場で劉備に撹乱(成功)
3.呂布 その場で劉備に通常攻撃

  • 6ターン目
1.高順 北西に2マス移動し、北の城壁に破砕
2.張遼 劉備の南に移動し、関羽に撹乱(成功)
3.呂布 その場で弓櫓補修

  • 7ターン目
1.高順 その場で北の城壁に破砕
2.呂布 敵の弓櫓があったマス(土塁のない場所)の北西に移動
3.張遼 呂布の南に移動し、北東に土塁か弓櫓を建設して穴を塞ぐ(劉備達は追ってこないが、念のため)

  • 8ターン目
1.高順 城に破砕で終了




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.