曹髦 > コメント

  • 三國志11全武将の中でも、最も非業の死を遂げた人物。
    特技の怒髪は、司馬氏の専横に対するものであろう。
    英雄集結シナリオを曹操で始める場合、魅力も高く親愛関係もあるため後方国の都督に最適。
    (個人的には、もっと能力に色を付けてほしかったが…)
    -- (名無しさん) 2010-09-16 20:30:56
  • 君主としては問題無い。が、特技は内政よりの能力なので特技を上書きしてあげよう。
    まあ、仁政が良いだろう。 -- (名無しさん) 2011-02-23 17:26:16
  • 特技怒髪は火矢の撃ち合いになる水上戦では擬似楽奏になるので、
    水上戦では副将として連れて行くのもいいかもしれない。
    知力はそんなに高くないので防計担当は無理だが。 -- (名無しさん) 2011-05-03 20:25:38
  • 寿命が短い分むしろ活躍の場がないので内政要員でも良いと思う。
    -- (名無しさん) 2011-07-23 04:07:55
  • ↑登場が遅すぎて英雄集結しか出番無いと思うから寿命は気にしなくて良いんじゃない?
    人材豊富な曹操軍では結局内政要員になると思うけど。 -- (名無しさん) 2011-07-23 06:55:21
  • 曹叡百歳の後の後継者候補・・・といいたいところだが普通そんな事態になることはまず無いw
    内政がMAX値で75あるので、気付くと戦後復興しかしてなかったりもする
    君主といわずとも、初期値で高功績値(=指揮兵力)であることがないので仕方あるまい。 -- (名無しさん) 2011-08-11 23:14:51
  • ゲーム上では「武勇は曹植程度、才能は曹操程度」といえないこt・・・いやそれ以下だなw
    まあ、史実シナリオでこの人の登場を見届けた場合は、自分のプレイスタイルを見直したほうがいいかもしれん -- (名無しさん) 2011-09-18 00:54:19
  • ↑逆じゃまいか。それだとただの荀彧。それはそれですごいけど。
    さりげなく曹操に親愛であることを活かして、曹操の支軍として活用してもいいかと。 -- (名無しさん) 2012-03-04 13:10:44
  • お目にかかるのはifシナリオが多くだいたい曹操に仕えている
    「怒髪」餅なので前線部隊に組み込むのもありだが、功績を稼いだら遺跡・廟発見要員として
    各地に旅立たせるのにはうってつけ -- (名無しさん) 2012-09-15 13:42:28
  • 司馬昭への嫌悪がないのが意外 -- (名無しさん) 2015-04-09 16:40:11
  • 漢室無視かつ義理堅い史実武将は数えるほどしかいない。そして彼はその一人。
    残りは花鬘(5)、孫観・張楊(4)…何百人と武将がいてたったこれだけ。 -- (名無しさん) 2015-12-10 23:17:27
  • ↑今更だけど、張楊は漢室重視だっぺ(´・ω・`) -- (名無しさん) 2016-03-20 12:42:38
  • 才能は素晴らしかったようだが、開花する前に摘まれた悲しき皇帝。詩も詠んだようだが散逸し、現代には伝わっていない。
    史実シナリオではほぼお目にかからないだろう。君主であるシナリオもない。怒髪持ちなので武官の副将としての運営が向いている。 -- (名無しさん) 2016-10-17 18:01:11
  • 知力が低いのは無謀な挙兵をしたからか? 英雄集結では後方を任せるか、副将として使おう。 -- (名無しさん) 2016-11-09 20:10:52
  • 能力値もほどよく、意外にも嫌悪関係がないと君主に最適な武将なのだが
    いかんせん20歳の寿命が足を引っ張る。史実シナリオではまず出番が来ない。
    せいぜい英雄集結の数合わせ要員だろう -- (名無しさん) 2017-04-06 23:08:32

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.