プレイ日記 > 女の戦い > 蔡琰 > 超級 > 超級初心者による超級初心者ガイド

◇超級初心者(というより実際はただのへたれ)による超級初心者ガイド(副題:蔡琰でのんびり天下統一)

うん、またなんだ、すまない。
…そんなわけで懲りずに舞い戻ってきてしまいました黄月英智将縛りの筆者です。
今回は前回の反省を踏まえ、ネタは極力控えめに(←完全排除するのは…多分病気なので無理ですすいません)、
「超級に初めて挑戦してみようかと考えている方向けに」ヘタレプレイヤーなりに、
超級攻略のためのヒントになりそうなことを中心にお届けできればと考えております。
…といっても私自身、超級だと平均でクリアまで20年くらいかけてしまうようなある意味初心者以下な腕前なので、
あまり参考にしないほうがいいかもしれません(どっちだ)。実際反面教師にうってつけな悪手もしましたし。
むしろこれを見てもっと上級のプレイヤー様がより良い超級攻略法を紹介して下されば嬉しかったり。。

そんなわけで今回選んだシナリオと勢力は標題の通り「女の戦い」の蔡琰。
コーエーさんの下馬評によると難易度は☆三つ。黄月英さんと一緒です。でも立地的には多分こっちのがラクだと思います。
配下にしても、諸葛亮や徐庶のような綺羅星チートこそ居ないものの、盧植先生や顧雍などのイブシ銀な準チートが揃っていて
智将好きにはなかなかオイシイ勢力です(猛将スキーな方ごめんなさい;ちなみに猛将派にはこのシナリオだと馬雲騄や孫尚香
あたりがオススメです)
今回はあくまで超級初心者ガイドを目指すつもりですんで特に縛りはナシです。
あ、でも惰性で「君主の兵科適性が育ってない兵科の技巧研究禁止」はやっちゃってましたけど…

プレイ開始時の設定は難易度超級以外は全部デフォルトでスタートです。
あ、あとちなみにPCPK版です。確か書きそびれてたと思いますが前回の月英さんもPCPKでしたすいません…

第1章:超級の序盤(内政その他)について

  • さあプレイが始まりました。まずはこのシナリオだと人材探索をしないことには何も始まりません。
月英さんのときと同様、初手で人材探索をかけながら適当な武将で北平方面に兵2、晋陽に兵1を差し向けます。

この開幕兵1占領、邪道といえば邪道なんですが、空白地が近場にあるならどのシナリオでもやっておいて損はないです。
運がよければそのまま闇市場→兵舎→鍛冶の順に急いで建てて守ることもできますし、
たとえ守りきれずとも近隣の人材を発掘できたり、ぎりぎりまで粘って物資をまきあげたりできるので。

この近辺に眠っている人材で押さえておきたいのは次の5人です。

①公孫瓉
 某動画界隈では「イナゴ」の愛称で親しまれているお方。この近辺に眠っている武将の中で数少ない統率80越えにして、
 騎兵適性S・白馬持ちと申し分ない能力の持ち主です。斬りこみ隊長として頑張ってもらいましょう

②郭嘉
 北平に眠ってます。どっか他の勢力から盗用できない限り彼がこの近辺では唯一のデフォルト知略90越えなので
くれぐれも騎兵とかに轢き殺されないように大切にしましょう。勿論登用したら即軍師にすることもお忘れなく。

③王昶
 晋陽にいます。特技の「仁政」が神すぎる上、いざとなったら前線にも出せるステータス(大体オール70前後のバランス型)をしている逸材です。武将がもっとも多いor長期の防衛戦が展開されそうな前線に連れ回しましょう。

④韓当
 呉のイブシ銀。チートとまではいえないかもしれませんがこの周辺にいる武将の中では十分過ぎるくらい強い武将です。
 他の戦闘要員は騎兵適正の高い武将ばかりなので、騎兵はそいつらに任せて彼には槍隊や戟隊を率いてもらいましょう。
 知力がちょっと心細いので、副将に顧雍あたりでもつけるか、能力研究で70前後にしておくと安心です。
 特技は黄河の攻防でかなり重宝します。

⑤田予
 全体的にかなり高いレベルでバランスのとれた能力をしてます。知力80なので単騎で出しても戦えますが、武力はさほどでもない(確か70台)ので、騎兵で出すときは一騎打ちが発生したときのことを考えて、雑魚でいいから誰か適当にお供をつけておいたほうがいいかも。
彼を僻地に置きっぱなしはもったいないので、河北統一後も前線に連れ回しましょう。

なお、月英さんのところと違ってこの5人以外はいなくても困らない程度の能力の持ち主(もっとも騎兵適正が高い公孫の息子達(特に白馬持ち息子)と張燕・あと繁殖持ちの梁習は居たほうがいいに決まってますが)なので、この人たちさえ見つかれば、とりあえず焦って無闇に人材探索しまくる必要はありません。月英さんちはなまじ周囲にスーパーチートが多すぎるので(もっとも自分ちも大概チートの巣窟ですが)、多少無茶してでもこちらで確保しておかないとそいつらが敵に回って「うぎゃー」てなことになるんですが、蔡琰さんちの周囲にはこいつら以外敵に回すと死ねるほどやばいような人はまずいないので(多分)。
なので、今回は人材探索と平行して真面目に?内政もします。

◇超級内政のイロハ
内政の基本的なイロハに関しては、確か説明書か何かには「まずはとにかく物資がないと始まらない!①治安を上げて②市場を建ててから③農場兵舎鍛冶…といった順で建てよう」みたいなこと書いてあったと思います。ひょっとしたらチュートリアルの関羽も同じこと言ってたかも知れないですがすいませんチュートリアル劉備並に物覚えが悪いので忘れてます(苦笑)
が、超級の場合個人的な経験ではこの順番でのんびり建てている時間はまずありません。
律儀にマニュアルどおりにやると、
「わーい市場レベル1が2つできたーよーし合併するぞー」
「わーい市場レベル2ができたぞー後は市場レベル3にして造幣を真ん中に建てれば…ってげえっ!?もう敵が来てるー!!?」
「ぎゃーまだ兵舎も鍛冶もないのにどんどん敵の大軍に味方がおされてくーもうだめだー」
…てな感じになります。実際初めて超級にチャレンジした207年劉備ではそのせいで一度滅亡しました…

なので、超級ではまず何はともあれレベル1でいいから兵舎鍛冶は優先して作っておきましょう。いざというときの生命線です。
できれば敵が来る前に鍛冶の方だけでもいいからレベル3にできればなお良いです。(実際には兵数不足より兵装不足に悩まされることが多いため。特に新規作成勢力でやる場合は、最初の兵装ストックが2000ずつくらいしかないため必須)お金はキビシくなりますが後で兵装が絶望的に足りなくなって詰むよかましです。
どうしても資金が足りなくなりそうor初期配下に内政官が少ない場合は、闇市場に頼りましょう。年初にぶっ壊れるので損した気分にはなりますが、開発期間がものっそい短いので手の空いた脳筋に適当に作らせておくだけでも大分収入が違います。
…ただ、これを作ると治安の低下率は上がる気がするのでご注意を。
他に初期に資金を確保する手として有効なのは
  • 近場の港を寡兵で占領する(ただしこれをやると対岸の隣接勢力が侵攻してくる時期が早まる気がするのでご用心)
  • 金⇔米の相場がいいときに売買

特に後者はすぐに攻められる心配が無い都市(このシナリオなら北平や襄平)でやっておくと、褒美や外交・能力研究・技巧研究の費用を容易に捻出することができます。個人的な目安としては金1=米5までならお金に換えて、金1=米6以上なら米に換える(=金に換えるのは躊躇う)って感じでしょうか。
他方前線の場合、ゆくゆくは金より米不足のほうに悩まされることになるのでやりすぎは禁物です。常に相場が思い通りに変動してくれるわけじゃありませんしね…

◇その他超級の物資やりくりのためのセコ…もとい小技(あくまで個人的な感覚に基づいてるんで間違ってるかもですが…;)
 超級の何がキビしいかって、要するに①とにかく物資が圧倒的に足りないことと、
②敵がろくに準備もできないような時期にアホみたいな大軍でぞろぞろ押しかけてきやがることなんですよね。
特に米は意識して確保しないとすぐ不足します。
なので、
  • 敵部隊は可能な限り迅速に個別撃破
 必要以上に偽報を使うと、部隊を撃破した際に敵から奪える兵糧も減ってしまいます。あまりにもひどい状況で無い限り
偽報より撹乱→より早く来襲してきた奴から順番にフルボッコを心がけましょう。勿論トドメは直接攻撃で。

  • 敵に農場などの内政施設を破壊されそうになったら、一旦輸送隊に全兵士と全兵糧を搭載して城外に避難
イナゴ回避にも使われる技ですが、こうすれば施設破壊された際の被害を抑えられます。砦でも作っておくとなおgood.
無論この間に城に張り付かれたらアウトなのでZOCには注意しましょう。

  • 防衛系の研究は城塞建てられるとこまで進める
長期的には金より米が不足しますし、超級だとしばしば防衛・侵攻戦を問わずgdgdになりがちなので
これがあるとないとでは大分違う気がします。正直個人的には城塞と爆薬さえあれば他の技巧は無くてもいけるかも
と思ってしまってたり(でもいつもgdgdプレイするのが好きなせいで結果的に他の技巧もとっちゃってますが)

  • 激しい戦闘が予想されるところには錬兵所や軍事府必須
特に武官を雇わない系の縛りでやってるときはこれがないとあっという間に気力切れでジリ貧滅亡ENDです。
月英さんのときも書きそびれましたが寿春にはお金に余裕ができてから優先的に立てました。
まあ百出持ちなどのチートがいればナシでもいけますが。

  • 兵装は可能な限り特産品を一箇所で集中的に作ってバケツリレー式に輸送しまくる
 いちいち指示しなきゃいけないのがちょっとめんどいですが地味に効いてきます。

  • 小銭拾いを馬鹿にすべからず
 序盤なら1・2回も拾ってこれれば闇市場開発のための資金になりますし、
 武将が20人くらいいる前線でやれば一回あたり金400くらいになって、募兵&巡察一セット分のお金になることもしばしば。
 稀にアイテムも発見できますしね。…まあ、小銭拾うだけの暇(=持て余した行動力)があることが前提ですが。

  • 募兵は常に必要最低限に抑える
 個人的にはコレが特に重要な気がします。
 雇った兵士の分当然消費されるコメの量も増えてしまうので、慌てて早めに沢山募兵しすぎてしまうとその分余計にコメが消費されて結果的に収入が減り、反攻に出るためのコメすら確保しにくくなってしまいます。
目安としては、少なくとも農場レベル3×2+穀倉+軍屯農だと兵が10万いた場合収入がマイナスになってしまうっぽいので、そうなると売買するなり他の都市から補給するなりして凌がないといけなくなります。
なので曹操まったりさんも仰ってましたが兵数は防衛する分には2~3万に抑えておくのがいいかと。…ただしチートが自軍に居ない場合は寡兵じゃどうしようもないということもしばしばなので、結局多目に募兵せざるをえないこともしばしばですが。
後、兵数を低く抑えておくことのもうひとつのメリットとして(裏をかえせばデメリットでもありますが)敵が攻めてきやすくなる、ということも頭に置いておくといいです。基本的に侵攻するよか防衛のほうが(江夏のような都市でない限り)ラクですし、
敵がこちらに来てくれる、ということはその分敵が余計に兵糧を消費してくれる→息切れしやすくなるということでもありますので。
目安としては大体こちらの兵数が3万以下で外交関係が険悪だと、たとえ息切れ気味であっても無理やり部隊を寄越そうとしてくるようです。…一部隊だけとかで来られても全然脅威じゃないんでせめて3部隊くらい編成できるようになってきてから攻めてきてほしいんですけどね。
なお多少手間はかかりますが、後方都市を委任せずに、兵数を極小(3桁台以下)にキープしておくとアホみたいな勢いで兵糧が溜まります。
勿論輸送は兵1で。大体後方都市が3つもできれば絶えず輸送しまくることで攻めに必要な兵糧を補給し続けることができるようになるでしょう。

  • 後方都市を委任する場合、兵舎をレベル1に建て直す
これは好み次第だと思いますが、私の場合「後方都市で無駄に募兵される→その分余計にコメを食べられる&下手すりゃ治安下がって賊が出る→仕方ないから賊退治のために委任解除」になるのが非常にめんどくさくて嫌いなので、賊出現防止も兼ねてやってます。
ご存知の通り徴兵数が少なければ治安の下がり幅もマイルドになるので、それだけ賊の出現率も下がってるはず(だと思います)。
まあ当然後方都市ができる頃にはある程度物資に余裕が出てきますし、レベル3兵舎を撤去する際に技巧ポイントが失われてしまうので無理にやる必要はありませんが。

  • 土下座外交(同盟)は極力相性のいいところとしかしない
超級ともなると相性が悪いところとは相当に金つぎ込まないと関係改善しない→金を貢ぎまくってる間に攻め込まれる→大金送ったにもかかわらず外交関係悪化でアウト、になるので、特に序盤はそういうところとは同盟できないことを前提に動くしかないです。
まあ今回選んだ蔡琰に関しては割と近場に相性の良い勢力が多かったのであまり困らずに済みましたが、
その点月英さんとこは回りを相性悪い連中に囲まれてたのが地味にツラかったかも。

まあ大体こんなことを考えながらプレイしてます。
速攻はしないしできない派なのでおそらく速攻できるプレイヤーさんからすればまだまだヌルイ戦略だとは思いますが…
さて、そんなこんなで開始直後に晋陽・北平・襄平の三都市を確保し、順調に上記の5人を回収しつつ
いつ侵攻されるかとびくびくしながらもマターリと内政していたんですが、
「…アレ?なんか攻めてくるの遅くない?」
大体超級だとどこの勢力で始めても一年以内に攻められるのがデフォなはずなのに、何故か劉氏も甄氏も一向に来ません。
…どういうことだと思ってマップを切り替えると、
「ああああ!辛憲英さんが終わりかけてるー!!」
どうやら、劉氏がこちらを狙おうとするより早く辛憲英さんが南皮に喧嘩を売ったあげく返り討ちに遭い、そこを甄氏にハイエナされた…という構図なようです。そういや辛憲英っていつもかなり早く滅亡してた気がしますな。
…平原って時点で私には無理ゲーなんで正直あまり手を出す気にはなれませんが。。
初手で北海あたりにでも引っ越せばなんとかなる…のかな?
しかしこれはこちらにとってはかなりオイシイ。うまくすれば晋陽捨てずに済みそうです。
さっそく北平に外交府と闇市場を建て、さらにコメを金に換えて甄氏に土下座。
相性が良いので割りとすぐに親密になれます。うまくすれば手薄になる鄴を衝けるかもしれないのですぐには同盟しませんが、
とりあえず親密になっておいて、防備の調わない段階で攻め込まれそうになったらすかさず同盟で急場凌ぎする作戦です。
平行して晋陽の開発も急ぎます。
そして大体プレイ開始から一年後の252年秋、甄氏によって辛憲英さん滅亡…
まあ今回は結果的にかなり彼女の動きに助けられましたが、しかし無茶しやがって…
…とか他人の身を案じてたら、いつの間にか辛憲英の侵攻を防ぎきって立て直した劉氏が早速攻めてきやがりました。
その数合計で3万5000くらい。名声持ちがいるとやはり兵数の増え方が半端ないですねえ。
もっとも中身に関しては、袁紹本人の井闌隊以外は雑魚ばかりなのでどうとでもできるでしょう。
しかし袁紹、相変わらず兵器好きだなあ…
とりあえず普通に迎撃します。
防衛に関しては私は陣(城塞)大好きっこなので、とりあえず金500ほど持たせて適当な場所(薊だと入り口近くの隘路付近がオススメです)にいつも陣を設置してます。
案の定陣をフルボッコにし出す劉氏軍。でも肝心の衝車隊が味方の槍隊に阻まれて進軍できてないので一ターンでは破壊できず。
…何のための衝車ですか。。
当然こちらは陣を補修しながら陣越しに撹乱やら騎射やら火矢やらでばしばし攻撃。すごい適当に防衛しましたが余裕で勝てました。
まあひとえに敵にスーパーチートが居なかったおかげですが。

そんなこんなで気づくと南皮の兵力は9000程度に。当然カウンターします。
北平から溜まった金とコメを薊に輸送し、さらに薊で追加徴兵かけつつ、南皮領へ進軍。
陣容は
  • 蔡琰隊(弩)約8000(副将に郭嘉。もっぱら計略専用。こんなのに騎兵で突撃かけられたら死ねるのでZOCには注意払ってます)
  • 盧植隊(弩)約6000
  • イナゴ隊(騎)5000(副将に顧雍)
  • 田予隊(騎)5000(副将に白馬持ちの公孫息子)
  • 韓当隊(槍)5000
の五部隊。防衛に使ったのそのままなので気力が若干やばめですが、被害自体はほとんどなかったのでそのままゴリ押しでなんとかなるでしょう。軍楽台に必要な金とかは後で輸送させればいいですし。
そして253年春、案の定抵抗らしい抵抗もなくあっさり南皮ゲット→劉氏滅亡。
捕虜一覧を見ますが袁紹以外チートといえそうなやつはいません。。まあだからこそラクに滅ぼせたんでしょうけど。

…なんか最初から超級らしからぬヌルさですがいいんだろうかこれで?と思いつつ次回へ続きます。

第2章:同盟は慎重に。侵攻も慎重に。

前回のとおり無事に南皮を落とし、袁紹その他の登用を済ませてから数ヶ月。
蔡琰軍はマターリと相変わらずお得意の内政に勤しんでいました。
この間に特筆すべき出来事が二つほど。
ひとつは、推挙イベントで郭嘉が伊籍を舌戦一撃必殺で連れてきてくれたこと。伊籍スキーなので地味に嬉しいです。
早速袁紹や公孫瓉の副将として頑張ってもらうことにしましょう。
そしてもうひとつは…
なんとアワビ娘が登用失敗したらしく、龐統が永安に流れていたのですかさずダメもとで登用に行かせたところ、
(片道70日以上もかかりましたが…)見事登用に成功しました!!黄月英ではテストプレイ含め全然成功しなかったのに…!
わっほいこれは運が良いぜ!!
しばし個人情報と能力値を確認してウットリ。蒼天のイケメンな龐統もいいですがこのうさんくさそうなおっちゃん風(笑)の
顔グラも私は好きです。


◇他勢力に仕官中の武将の引き抜きや遠方の在野の登用について
 丁度良いのでここで引き抜きや出張登用などについての基本的なポイント(というほどでもないですが)についても一言。
まず前提として、
  • 自軍の軍師が高知略であること(最低でも知力90以上ないと大抵ハズれます)
  • 軍師の助言で推薦の出ている人間が当分抜けても支障のない状況であること
(10日や20日でいける距離ならともかく、今回の龐統のように登用までかなり時間がかかる距離だった場合、
さすがに戦闘の主力をいかせるわけにはいきません。
手駒に余裕のある中盤以降ならともかく、序盤に無理に引き抜きに行かせると色々ロスが出るので慎重にいきましょう)
  • 引き抜きの場合は、該当武将が出陣中であること
 月代わり直後は推薦の出る武将でも、拠点に居る武将はみんなすぐに褒美で懐柔されて乱数が変化してしまいますので
よほど著しく忠誠が下がってない限り行かせるだけムダです。


これらの条件が揃ってないとキビシイですが、有能な武将(と兵)をゲットできればオイシイので、
推薦が出るようならダメ元でいいのでとりあえず行かせてみましょう。


後、これは完全に運頼みになりますが、たとえ推薦が出て無くてもこういう状況なら引き抜きを狙う価値があります。
  • 盗用対象武将の忠誠が、到着時(引き抜き実行時)には季節を跨いで登用可能ラインになっていることが想定されていて、
 かつ対象武将の所属する部隊が壊滅しそうなとき


この場合、大抵季節を跨いで実際に推薦が出てから登用に行かせても到着時には部隊壊滅で拠点にデスルーラ→褒美もらって
しまい乱数変化でアウト、ということになり易いので、好きな武将や戦力的に是非ほしい武将がいるなら、魅力の高い武将で
狙ってみましょう。


さて再び本編ペーン?です。
南皮では前回の戦闘で気力を使い果たした兵士達を慰労するべく軍楽台の傍で君主の生ライブが開催されてます。
兵士「うおおおお!!蔡琰様サイコーっす!!」
郭嘉「お前ら調子にのんな。いっとくがあくまで俺の嫁だぞ」
(※↑登用後勲功と技巧ポイントが溜まってから即旦那にしました。真面目に効率考えてプレイするなら武官を夫にすべきですが
…すいません郭嘉好きすぎてついやっちゃいました☆てへ。
まあ蔡琰本人がどう思うかはともかく、少なくとも素行不良っぷりに定評のある郭嘉は女も好きそうだし
喜んでるでしょうきっと。
挙式のときも「それではさっそくそれがしと殿の婚礼の儀を…」とかってノリノリでしたしw
特技自体の相性はいいので、まあ統率とかに関しては後々義姉妹に武官を据えることでフォローしましょうかね。


…そんなこんなで、蔡琰の特技のおかげで前回の戦闘で使った気力もすぐ回復したし、
内政要員は充実してるから南皮の復興もすぐ終わったしで、
さあ次は平原でも狙うかな、と思っていたところ、不意に外交画面に突入。あれ?まだ北平の土下座ーズ
(今回は外交府は北平に建ててました)にどこかに土下座させてたっけ?


曹植「金1000あげるから同盟してください」
蔡琰「むむむ…」
筆者もこれにはリアルでむむむと唸ってしまいました。こちらが南皮と晋陽に合計で10万以上の兵を溜め込んでるのに対し、
甄氏の兵力はというと平原と鄴の兵力合わせても6万程度。
速攻目指すなら、こんな誘いは蹴ってとっととそのまま攻めたほうが良いのですが、問題はさらにその南に居る劉備もとい糜氏軍。
前回の黄月英プレイでは張春華さんと甄氏さんが頑張ったのでいつの間にか勝手に潰れてくれてましたが、
いつも早い段階で北海と小沛を押さえてくるので、放置していると比較的高い確率で伸びます。
救いは関羽張飛がまだ未加入なことですが、万が一流れ流れて拾われると本当にたまったもんじゃないのでできれば早く叩きたい。
また、私は平原の防衛が大嫌いです。特に北海側から来られると河から東側の開発地狙われるのが本気でうざすぎる。
…というわけで、迷いましたがここは甄氏と同盟して、襄平から海路で北海を狙うルートで行くことに決めました。
実はどの道北海は襄平から狙うことも視野に入れていたので、既に楼船2艘ほど生産してたりしたこともあり^^;
そんなわけで急遽南皮に溜め込んでいた兵力を襄平に輸送しつつ、主力もそちらに移動させて全力で楼船増産。
大体輸送隊が到着するまでには何とか船5艘くらい揃えることができました。
当の糜氏軍は濮陽の甄氏を叩くのに夢中で、北海には2万ちょっとくらいしか兵がいません。
ただ、気になるのはいつの間にやら下邳に兵が8万くらい溜め込まれてること。
基本的にお馬鹿なことに定評があるCOMですが、超級(上級も?)だとたまに隣接都市が攻められてると
援軍をよこしてくることがあります。
また援軍として来なかったとしても、陥落後にどの道この8万が北海にやってくるのは明白でしょう。
「…まあ、でももう同盟しちゃったし、こっちには郭嘉に龐統がいるから多分なんとかなるさ!」
というわけで自軍の軍備的には多少見切り発車ですが、いざ北海へ侵攻。
侵攻部隊は大体前回の面子と同じ+袁紹隊(井闌)6000、龐統隊(弩)5000といったところです。
港をいつもどおり瞬殺して上陸し、迎撃に出てきた劉備隊を旦那つきの蔡琰隊で撹乱。ここまでは順調でした。
その後、調子に乗ってついいつものノリで手近にあった兵舎を袁紹で破壊してしまったのですが…
どうやらこれがマチガイだったようです。


兵舎破壊した次のターン、下邳から援軍が4万強くらい出てきました。


これはまだ検証してないので何とも言えないのですが、どうも援軍が来る来ないには、攻められてる拠点のピンチ度が
大きく関わってるような気がします。
特に今回のようにライフライン(兵舎や鍛冶)が破壊されていたり、拠点の兵数が2万切ってるとかなり高確率で出てくるような…


しかしこんな大規模な援軍は久しぶりです。207年劉備の宛攻略戦で同じようにうっかり兵舎壊したときと同規模かそれ以上…
さすがにこれ以上長引かせると兵糧がまずい上、数の面でも不利なので、
ここは援軍到着までに手早く城を落として防衛戦に持ち込むしかありません。
そう思って撹乱あまり使わずにとにかく敵を急いで撃破するよう心がけたんですが、
援軍の先鋒が騎兵だったので結局そいつらには城に駆け込まれてしまいました…これは地味に痛い。
そんなこんなでこちらの被害も大きくなってしまいましたが、何とか北海を強引に力攻めで落としました。
城が落ちたことで間に合わなかった残りの部隊がぞろぞろ下邳へ退いていきます。…どうせすぐまたこっち来るでしょうけど。
下邳の兵力もまた2万くらい増えてるし、これはこちらも襄平からの補給を急がないとまずそうです。


というわけで、次回は北海大防衛戦です。ついでに今回書けなかった戦闘云々についての話も補足できればと思ってます。
…が、いかんせん↑こういうヘマばかりするへっぽこプレイヤーの言うことなんであまりアテにしないでください^^;

第3章:gdgd北海防衛&下邳侵攻戦

255年春、ようやく北海を奪取したものの、蔡琰軍は苦境に立たされていました。
案の定下邳の8万(その後もぼこぼこ徴兵してたようなのでトータルで見ると15万は確実に超えてます)と、
小沛に6万もいた劉備軍がアホみたいな勢いで攻めてきます。
郭嘉「ああもうしつこいぞお前ら!畜生、文姫とキャッキャウフフしてる暇すらねえ…」
敵の質自体は陳宮以外大したことないのばかりなんですが、(さりげに劉禅とかいるし)いかんせん量がひどい。
救いは江夏や平原などと違って開発地ぶっ壊される危険が比較的低い(平原から侵攻されると、たまに東側の港を狙ってきた部隊が
ついでに開発地壊そうとしてきやがりますが)ことですが、そもそもその開発地が少なめなので収入がイマイチ。
薊→北平→襄平→北海のバケツリレー輸送も絶え間なくやってますが、なかなかキビシイ状況です。
まあ黄月英プレイの寿春や新野一国の状況とかと比べたらはるかにマシですけどNE!
…207年劉備で引越し&兵1占領&停戦・処断禁止して曹操とガチると、超級の収入の少なさがいかに鬼畜か痛感できます。
出陣部隊に持たせられる兵糧が僅か30日分とかザラ。孔明が寡兵で剣兵とかデフォ。
ひたすら敵部隊を潰して兵糧を強奪し、小銭拾いで拾ってきた金すらもコメに換えて辛うじて食い繋ぎつづけてました…
最大の敵は間違いなく曹操というより米相場。米買いゲーってもっぱらノブヤボ革新のことだと思ってたのに^^;
宛落とすまでに7年もそんなんで新野に引きこもり続けた(我ながらヘタレすぎる…)せいでクリアする頃には劉備死んだし…
どなたかプレイ日記か何かでアレを劉備が死なないうちにクリアするコツ教えて下さいませんかねえ(チラッ)
いやまあ7年引きこもるハメになったのはアキラカに私がチキンすぎたせいなんですが、
でも本当に最初から国力が違いすぎるせいで延々攻められるんでなかなか反撃の糸口がつかめないんですよね。

ハナシがまた脱線してしまいましたすいません;まあそんなこんなで2年もgdgd防衛戦やってました。
今思うと1年くらいで結構勢いは削げてたんだからさっさと反攻すりゃよかったかもなーとちょっと後悔してます…
いかんせん小心者なので確実に勝てると思える状況でない限りこちらから仕掛けにいくのは怖くてできないんです;

◇超級の戦闘について
戦闘に関する基本的なことは大体このwikiの「戦争」か何かの項目で書き尽くされてたと思うのでそちらを参照して頂くとして、
ここでは私が個人的に超級で気をつけていることをいくつか。

  • 敵から受けるダメージが地味に大きいので、寡兵の部隊の扱いに注意
私の場合計略部隊は(特に防衛戦の場合)1~3000くらいの寡兵で立ち回らせるのが常なんですが、
月英プレイでもチラッと述べた通り超級だとたとえ孔明でもこの程度の兵数では溶けます。
兵科や敵味方の武将の能力にもよりますが、上級までなら1200くらいの兵数があれば、まあ一撃は食らっても
大抵何とか耐えられますが、超級でこの程度の兵数を出した場合攻撃受けたら即壊滅くらいの覚悟をしておかなければなりません。
なのでZOCを考えて壁部隊にうまく守ってもらえるように動かしましょう。
…その意味で今回の防衛戦で何度も相手した劉備は本気でうざかったです。
ZOC無視って敵に回すと次の行動が予測しにくい分地味に鬼畜だと思う。
おまけに所持者の劉備は小賢しい(確か知力70後半くらい)から郭嘉龐統の計略も結構はじきますし。

  • 弩兵に関しては有能なやつ一人に大兵力預けるより、雑魚でもいいから寡兵で多部隊戦術のほうが強い
火矢による火の追加ダメージはとくに寡兵のときに威力を発揮します。運がよければ敵が消火祭りに走ってくれるので
その分攻撃されなくてすむようにもなりますし。

  • 一騎打ちは相変わらず最強の攻撃手段だが、バクチ性が強いので腕に自信がないならよほど切羽詰まってない限り避けた方が無難
…私は下手の横好きなんでたまにお遊び半分で無謀に仕掛けに行ったりしますが、よいこはマネしちゃだめです。
上級までだと(運にもよりますが)相手との武力差が10以内なら格上相手でも勝てますが、
超級の場合少なくともへたれな私の腕ではガチの一騎打ちは格上相手だとまず無理ゲーです。
格下相手であっても闘志重視を使う傾向がある(気がする)性格剛胆が相手だと、「ふははは、力がわいてきたぞ!」で
必殺技連打されて沈むこともしばしば…
「もう一騎打ちでもしない限りこの状況はどうにもならんわい!」てことにならない限り基本的には控えた方がいいでしょう。

  • 平場で戦わざるをえないときはそれなりに戦力を用意するか、火計や施設設置などで隘路を作り出す
これは超級に限らずという気もしますが、昔のえらい人たちが言ってた通り「平場の少勢=どうあがいても死亡フラグ」
なので、相手の行軍ルートを絞る工夫をするか、壁役に十分な兵数を持たせられるようにしましょう。
今回の場合濮陽→北海ルート(※途中で甄氏が濮陽を糜氏に抜かれたんでここからも攻めてきやがりました)
はともかく、肝心の小沛&下邳→北海ルートが比較的開けた地形してた&しかも森が多いから施設で塞げない、ので
地味にしんどかったです。
新野なんかはそこいくと隘路だらけでこの上なく寡兵で守りやすい優秀な土地なんですけどね。いかんせん開発地が…

  • 撹乱→フルボッコは王道だが、状況次第では撹乱せずに手数で押したほうがいい場合もある
撹乱してからタコ殴りはもっともスタンダードな戦術ですが、それはあくまで相手にほぼ確実に撹乱が通ることが前提での話。
超級だと計略成功率が???表示なんで実際どの程度の補正がかかってるのかは不明ですが、相手が知力70以上だと
知力90後半のスーパーチート軍師でも結構計略をはじかれてしまいます。運が悪ければ60台にすら連続ではじかれることも。
なので、計略が通るかどうか微妙な相手は素直に地道に殴って削ってしまった方が結果的に良い場合もあります。
曹操や孔明、李恢に陳珪といった確実に計略通せる系のチート特技持ちがいればこんな心配しなくていいんですけどね。

  • 陣などの施設を本道上に置いて迎撃する場合、施設手前に味方部隊を配置すると割と高確率で火球使われる気がするので注意
これもまあ超級に限らない話なんですが…
基本的にアホの子として有名なCOMですが、火球の使い方は割とまともなことが多いので地味に鬱陶しいです。
特に標記のような状況だと、施設を壊すためにも火球を放ってくる傾向があるみたいなので、
施設の後ろなど火球攻撃を食らわないで済む場所で迎撃しましょう。敵が爆薬開発済みだと、建設物を貫通してしまう上
威力が鬼畜なのでさらに注意が必要です。
あとこれに関連して、敵部隊の手持ち資金をチェックしておくのも地味に重要です。火球が来る可能性があるかないかで立ち回りを
変えることができますので。

大体こんなところでしょうか。また書き漏らしやマチガイがありそうな気もしますが…
ともあれ2年もgdgd防衛してる間に色々引き抜いたりできましたし(陳宮とか、あと劉表が登用しそこねたらしい蒯良とか。
待伏は北海⇔下邳では非常に役立つ特技なので嬉しいです。しかも弩兵もSだし。)、そろそろ反攻に出るとしましょう。

◇超級で反攻に出る目安

チキンな私基準の「目安」なんで、他のヒントよりもっと役に立たないと思いますが一応。

  • 出陣前に確認できる敵の兵力はあまりアテにならない。安全に攻めるなら敵の兵糧の量を確認して攻めると確実
 侵攻しようと思ったときに兵力が2~3万程度だったとしても、超級だと敵の徴兵能力がデフォルトで名声持ちみたいなことに
なってるので、到着までに増えてしまうことが多いです。気づくと3万を相手にするつもりがいつの間にか徴兵や輸送のせいで5万くらい相手にしてたなんてこともしばしば。
が、敵の兵糧が少ない場合は(とくに5万きってるような場合)COMは徴兵に消極的になりますのでまず到着までに兵が増えることはありません(一応切羽詰まるとそれでも徴兵してきますが、大体こちらが城にはりついてからのことなので大して増えません)。
手駒が充実しておらず戦力に不安がある状態で、確実に勝ちたい場合はひたすら防衛で相手のコメが減るまで待つのも一策です。
…まあこんなgdgdしたことしてるからクリアに20年以上かかるわけですが(苦笑)
10年以内にクリア目指す系の日記を書いておられた方も仰ってたと思いますが、速攻を目指すなら時と場合によっては
多少のリスクを冒してでも攻めに出る姿勢というやつも必要だと思います。
…はい、私も反省してもう少し積極的に攻めてみようと思います。

  • 兵力は一応上級までと同様、同数であれば大体勝てるが、敵が複数都市を占有している場合近隣都市の兵力にも注意する必要がある
 これはまあ前回の通り援軍のせいで負けそうになったり、勝ってもすぐ攻められる危険があるからです。

  • 敵の主力武将が他の地方に出払っている
 これはまあ運次第ですが、COMは基本的にピンチな都市にほど武将を集中させる傾向があるので、
兵力が10万溜まっているような都市でも、保有勢力がそういうピンチな都市を他に抱えてる場合武将の質的に手薄になり、
結果として半分程度の兵力でも落とせることがあります。
後日アワビ娘相手に漢中攻めを行ったときがまさにそのような状況でしたので詳しくはそのときにでも。

まあそんなこんなで今回は2年もgdgdかけて地道に糜氏の戦力を削り、257年に下邳をゲットしました。
うーん、このペースはいつも以上に遅いなあ…やっぱり甄氏と同盟しちゃったのは失敗だったかなあ。
南皮→襄平への輸送で地味に兵糧とかにもロスが出たしなあ…
何か本当に初心者ガイドを目指すと言っておきながらあまり役に立たない日記で申し訳ありませんが、とりあえずgdgd続きます。

コメントございましたらこちらへお願いいたします
  • 金500で陣は建たないんじゃ?PCとPS2で違うんだっけ? -- 名無しさん (2010-10-06 02:47:49)
  • 軍事府を建てると設置額半額になるというお得なものですよー。(陣は金1000です。) -- 知力1 (2010-10-06 18:16:02)
  • PS2だと8割になります。 -- 名無しさん (2010-10-06 18:44:44)
  • 軍事府は結構重宝するよね。陣系大好きとか花火大好きな御仁には必須だと思う。たとえ2割引しかなくても効果は絶大。 -- 名無しさん (2010-10-06 19:02:22)
  • えと、あらためて確認しましたがPCPKではやはり陣はデフォルトで金500で設置できます。(ただ無印版だと1500もかかった上、城塞にしても範囲が2マスのままで、しかも混乱偽報の抑制効果もなかったっぽいです。そんなんだったら要らないw)あと軍事府の効果ですが、PCPKでも2割引です。PSでは幾らかかるのでしょう?1500? -- 筆者 (2010-10-06 21:46:37)
  • 知力1さんのおっしゃるように、PSPKだと基本は1000です。で、軍事府あれば2割引の800です。超級で四つも五つも城砦を作るとこの差がバカにならんですね。 -- 名無しさん (2010-10-06 22:22:15)
  • まあ、施設でガチガチに固めるならいいが、施設1つ分収入が減る事を考えると二割引は微妙 -- 名無しさん (2010-10-07 00:13:39)
  • なるほど、PS2だと金1000もかかるんですか…それは費用的に序盤は使えなさそうですね;…あ、あと軍事府については私は費用2割引も嬉しいっちゃ嬉しいんですが、それ以上に訓練や出陣などにかかる行動力が減ることを地味に重視してます。黄月英プレイのように味方はチートでも物資的に死ねる状況では兵1計略などのセコ技を多用するもので(苦笑) -- 筆者 (2010-10-07 00:56:02)
  • 間違えました。2割引でした・・・。すいません。 -- 知力1 (2010-10-09 07:05:59)
  • 一騎打ちは得意。黄祖で楊任に勝ったぜ!暗器も弓もナシで。やっぱり防御がベターじゃないかなあ。 -- 名無しさん (2011-04-09 18:25:12)
  • これは自慢かな?チラ裏で勝手にやってくれ。マジで。成長ナシならだが武力差12なら「普通は」なんとかなる域だよーんww -- 名無しさん (2011-04-09 19:40:20)
名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.