プレイ日記 > 女の戦い > 蔡琰 > 超級 > 超級初心者による超級初心者ガイドその3

第9章:統一まで一気に手抜きダイジェスト

明日で連休最後なので、もう一気に書いてしまいます。

◇漢中攻略後の主な出来事

  • 264年夏:梓潼攻略へ。また魏延が攻めて来たので偽報しながら一緒に進軍しつつタコ殴り。
       こういう風に攻めようとしてるときに敵が攻めてきた場合、数にもよりますが偽報を使うと
       殴りながら進軍できて兵糧の節約になるのでオススメです。

  • 264年冬:何故まだ生きてるのか不思議だった蔡氏さんがようやく滅亡。犯人は卞氏。
       これは月英さん詰んだな…

  • 264年冬:同時期に大喬が孫氏に同盟破棄されて、建業を奪われる。さすが汚い陸遜汚い。
       あーこれは大喬も詰んだな…むしろうちもそろそろ寿春のハイエナを考えておかないと。
       とか考えてたら数ターン後、曲阿も落とした陸遜がうちの海陵港(下邳付属)を狙い始める。
       鬱陶しいが無視するわけにもいかないので適当にヨーコさん他数名を防衛用に下邳へ派遣。

  • 264年冬:さらにその数ターン後ようやく梓潼にはりつく。が、今度は後詰の輸送隊を潰せなかったので地味にしんどい戦いに。
       次ターンでいきなり張飛出現。戟のクリティカルを喰らい3部隊で計3000くらいの被害を受けましたが
       勿論即劉備(今回は偶然出陣させてませんでした)に引き抜かせてウマー。
       他にも生姜や関索などが出てきて結構梓潼はメンツ的にガチでした。
       でも関索、馬あるのに弩で出るのはやめようよ…

  • 265年春:gdgdでしたがようやく梓潼ゲト。ついでに生姜も捕獲。
       いつも通り適当に内政してたら成都からまた自殺志願部隊(だから1部隊で来るなとry)が来襲。
       丁度君主の適正強化も済んだし(この時点で槍(B)と戟(C)と弩(S)以外全部A)
       とっとと成都も頂きに行くことに。

  • 265年夏:したらいきなりアワビ娘から停戦申し込みが。
       ちょ、こっちの領土に絶賛侵攻中なのにそれはナイやろw
       しかも発明はマックスまで開発してるのに、なぜか投石でなく衝車部隊ばかり派遣してくるし…
       なんかこのへんのアワビ娘の行動はよくわかりません。

  • 265年秋:そんなこんなで成都陥落。
       同時期に下邳防衛軍も、うざかった孫氏軍をことごとく港という名の棺桶に押し込んで、弩兵と井闌でおもてなし
       →迎撃完了したので、そのまま呉まで反攻することに。…水上戦になるかもしれないのが怖いけど。

  • 265年冬:なぜか永安くんだりからはるばる梓潼にしつこく攻めてくる連中を適当に迎撃しながら南征。
       ついでに手薄になっていた江州も適当に雑魚を派遣して頂いておきました。

  • 266年春:建寧ゲト。…はいいが、アワビ娘が徴兵しすぎたのか賊が湧いてる。めんどいが君主自ら退治しに行く。
       同時期呉方面の戦線では、弱らせすぎた孫氏軍を、建業奪い返した大喬がハイエナしようとしてきたため混戦に。
       親族を相手にまあ…ほんと血もナミダもありませんな大喬軍は(人のこといえんだろが)
       もちろん決戦制覇の周提督よろしく同盟軍も敵軍もまとめて燃やしてやりました。まさに外道。
       おかげで大喬との外交関係が険悪になりましたが、どうせ領土全部こちらが囲わない限り破棄してこないのでスルー。
       それから、永安→江陵にも速戦を仕掛ける。ちょっと物資的にはきつかったが、
       雲南より先にここまで落としておかないとアワビ娘んとこの優秀な人材が確保できなくなる恐れがあったので
       多少無理やり進軍。
       なんとかいつも通り業火球並べてあっという間に陥落させたはいいが、案の定荊南を押さえている孫尚香からgdgd
       攻められ続けることに。これだから江陵は…

  • 267年春:ようやく雲南ゲトでアワビ娘滅亡&呉ゲト。ついでに呉方面でも連戦して会稽もゲト→孫氏滅亡。
       ヨーコさんと陸抗をはじめ、余ってた技巧ポイントで色んな人たちを義兄弟に。
      (親愛設定ついてたと思うんでやらなくてもいいんですが、いつもついやってしまいます)
       しかしアワビ娘と孫氏軍が抱え込んでた人材が多かったせいで、数ターン登用と褒美だけで行動力を全消費。
       確かに某プレイ日記の方が仰っていた通り、速攻するなら捕虜はある程度以下の連中はさくっと処断したほうが
       効率良さそうです。

  • 268年春~冬:ようやく物資の補充が出来て反攻の目処が立ったので武陵→零陵→桂陽の順に荊南へ侵攻。
         零陵攻略戦でまさかのショーコさん討ち死に。犯人は君主本人(というか義姉妹)。これだから騎馬は怖い。
         そういえばここまでずっと君主には騎兵使わせてるけど、運がいいのか一度も一騎打ち発生してません。
         でもこの調子でいくと多分クリアまでに騎兵適正Sは無理っぽいなあ…
         副将に指導持ち入れれば不可能ではないだろうけど、やはりこの3人で組ませたいし。
         そんなこんなで冬に入ったばかりの頃に桂陽を陥落させて孫朗(←ショーコさんの跡継ぎ)軍滅亡。
         孫堅や甘寧その他優秀な呉の武官ゲット。
         ちなみにこのときまでに長沙と柴桑は大喬に横取りされた。まあ勿論すぐに同盟破棄して回収しますが(しどい)
         そんなこと考えながら登用に明け暮れていたら、いつのまにか卞氏のせいでひっそり月英さん滅亡。
         あーやっぱりもたなかったか…最後まで残ってたらラスボス戦の相手にして、全技巧+兵力物資マックスチート
         +徐庶の能力を月英プレイ時の最終的な仕様に強化(統率94武力93知力96特技覇王)とかしてみようかと
         考えてたんですけどね。
         うまいこと人材流れてこないかなーと思ってたら、なんと早速次のターンに趙雲が流れてきました!!
         「子竜来た!!うひゃああああこれで勝つる!!」
         テンションだだ上がりしたことは言うまでもありません。
         それから更に次のターンで月英さんまで流れてきたので保護→当然旦那も捕獲。
         うん、もうこうなると完璧に消化試合ですなー。

  • 269年元旦:大喬と同盟破棄してさっそく桂陽→長沙へ、江陵→柴桑へ、呉→建業とそれぞれ同時侵攻。
       同時期に10万いた寿春の兵が小沛へと侵攻してきたので、捕獲したばかりの諸葛亮+趙雲で適当に
       おもてなし。
       他の戦線に関しては特に問題なくどこもさくっと落とせるかと思っていたら、
       建業方面には途中で盧江から5万も兵士を搭載した岑昏の輸送隊が来て焦る。…が、よく考えたら岑昏なんだから
       拠点に入られる前に撹乱してボコれば済むだけの話だった。というわけで結局建業もあっさり陥落。
       ついでに火矢連発されたせいで岑昏が瀕死に。…なんというか憎まれ役ながらここまで能力的にアレだと哀れ。

  • 270年1月:そんなこんなで大喬軍の拠点も残るは江夏と寿春・盧江の3拠点に。
       このうち江夏は既に卞氏がハイエナしそうな状態だったので、
       柴桑陥落後、ほぼノータイムで部隊を再出撃させて奪取を急ぎに行く。
       寿春方面も、孔明その他で適当に迎撃部隊を潰した後そのまま反攻。
       両拠点とも実にあっけなく落ちた。…まあ江夏は水上から攻撃されると本当にあっというまに耐久が飛ぶので
       (おまけにこの時点で投石も開発してるし)毎度のことではありますが。

  • 270年3月:寿春・江夏の内政をすすめつつ、大喬の出発点にして最後の拠点でもある盧江を建業のメンツで適当に抜きに行く。
       この期に及んでなお建業に向けて侵攻部隊を出してくる執念には恐れ入るが、もうこの国力差はどうしようもないでしょう。
       …とかナメてたら、その建業侵攻部隊と水上戦(なにげにこのシナリオでは初めて)になり、水神周泰の圧倒的な
       攻撃力の前に黄蓋隊が沈みかける。うあああごめんなさいすいません
       計略かけようにも、こちらには諸葛亮や甄氏のような確実に撹乱通せる系のチートはいない上、
       敵の副将の知力が高いので望み薄。仕方ないので損害が多くなることを覚悟で普通に殴り合い。
       結果、たった二部隊相手に10000以上の損害が出る。孫呉の水軍はやっぱりこあい。

  • 270年5月:まあそんなこんなでたった一都市しか所有してない相手にかなり苦戦させられてしまいましたが何とか盧江陥落。
       後は卞氏が同盟破ってくるのを待つだけ。

  • 270年12月:…って、ずっと待ってるのに一向に同盟破棄されない…
       仕方ないのでこちらから使者を送る。

  • 271年1月:ようやく卞氏との最終決戦開始。汝南に例によって10万もの兵が溜め込まれていたので、寿春方面は最初は
       ひたすら燃やしゲーで凌ぐ。美周郎頼もしすぎ。
       ちなみに今回の能力研究は、知力系は完全にハズレで、火神が出たところには看破なんて使えない特技が出ました。
       まあそのかわり武力系で闘神が出たのはおいしかったですが。
       他の地方は比較的手薄(といっても上庸には6万強もの兵が溜まってた上、徐庶とか居ましたが)だったので
       とりあえず手近な襄陽と新野・上庸から攻めることに。

  • 271年夏:
       ・上庸方面で苦戦。徐庶TUEEEE!
       こちらの武将が概して1.5線級(ちゃんと武将そろえてから出せば良かったんですがもうめんどくさかったので
       適当に見切り発車しました)ということもあり次々彼の計略の餌食になってしまう。
       仕方ないので劉辟隊で螺旋突無双してる間に後詰で強い武将を漢中に送って出撃させ、何とか乗り切る。
       ・襄陽方面は兵が3万程度しかおらずメンツも雑魚ばかりだったので楽勝。
       …って、あああ!迎撃に出てきた劉馥が(今度は火で)死んだ!!
       うわあああごめんよお劉馥ー!!恨みとかはマッタク無いのにどうしてこう何度も…!!
       ・新野方面は曹操様自らが荀攸装備でお出迎え。むむむ、COMのくせによくわかってるじゃないか。
       韓当隊が何度も撹乱偽報無双されてかなりうざかったが何とか湖陽港を落として上陸した後はヒゲ装備の劉備隊
       による螺旋突き無双でいつものように封殺。
       ・あとさりげなくこの間に、陳留で荀文若なんぞという大物が直々に流言を仕掛けてくるも、
       たまたま駐在させていたタコス屋店員が看破してくれて逮捕に成功。もちろん数ターン後に洗脳して登用しました。

  • 271年冬:上記の三都市を攻略し、gdgdと惰性で内政に励む。

  • 272年春:宛攻略。ここで今度はまさかの卞氏討ち死に…。あともうちょっとというところでなんという…
       個人的には卞氏好きなのでかなりへこみました。。
       犯人はまた君主(というか馬雲騄と呂玲綺)。この三姉妹ほんと怖すぎる。
       跡継ぎは当然のように曹操。親愛設定や最大指揮兵数的には彼が君主してるほうがやっぱり厄介。

  • そんなこんなで相変わらずgdgdしつつも、最終的に272年11月21日、曹操軍最後の都市許昌を陥落させて天下統一。

最初のペースからすると下手すると今回は30年くらいかかるかなーと思ってたんですが、結局また20年ちょいくらいでした。
まあ序盤gdgdしてしまった原因は明らかににムダに同盟しすぎたせいなんですが、結果的に包囲網イベントは一度も来なかったので、自分的にはまあ快適にプレイできたからいっか、と納得してます。
ではではこれにて、相変わらずgdgdだったこのプレイ日記も終了とさせていただきます。
いつの間にやらおよそ「超級に初めてトライしようかと考えている人のための」日記とは言い難い内容になってしまいましたが、
ここまでお付き合い下さった方は本当に有難うございました。

(了)

コメントございましたらこちらにお願い致します
  • お疲れ様です。突然すいません。超級を最近久しぶりに始めました。英雄乱舞の孫策でやってんですが、超級は難しいですね。自分ホントに下手で50年くらい掛かりそうな勢いです笑超級の英雄乱舞ならどのくらいでクリア出来ますかね? -- 名無しさん (2011-01-25 00:17:10)
  • あ、コメント気づくの遅くなってすみません;ご質問の答えですが、自分はPC版しか所持していないため、そもそも英雄乱舞(確かコンシューマ限定シナリオですよね?)はできないんです…すみません;他の方のプレイ日記を拝見する限り面白そうなシナリオなのでやってみたいんですけどね。PCでもパッチで追加とかできればいいのになあ… -- 筆者 (2011-03-18 02:32:55)
名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.