北平

ホクヘイ
現在の北京市(=)の漢代の旧名。
ただし、マップの位置的には右北平郡(現在の河北省唐山市)や隋唐代の北平郡(現在の河北省秦皇島市)に近い。
また、マップ上では北平の西が易京という設定だが、実際の易京はの南西にあった易県(現在の河北省保定市雄県)から数里の距離に位置した。
右北平・遼西では張純が反乱を起こし公孫瓚に撃破されたが、公孫瓚は深追いしたため烏丸の包囲を受ける結果となった。



基本情報

  • 収入は上級時のもの。初級だと25%増、超級だと25%減。
金収入 兵糧収入 開発地 港関 耐久 特色
500 6000 15(10+5) 0 3000 軍馬

  • 開発地の数・配置ともに良好。
  • 闘艦なしでも水上から開発地攻撃可能。ただし地理の関係上、COMにはまず攻撃されない。
  • 領内の遺跡・廟候補地は1つ。平地の広がる場所にあるので非常に行きやすい。

  • 晋陽と並んで守りの堅さは特筆物。特に西は易京という設定のため、その気になれば完璧な要塞化が可能。

北平を攻める

襄平から

  • 平地が続くため行軍自体はしやすい。陣を建設して兵糧消費を抑えながら進むとなおよし。
  • 国境付近の森と湿地を利用しながら戦えば、敵の騎兵戦法を封じることができる。ここで迎撃部隊の第一陣に対応するといい。

南皮から

  • 工夫して国境の峠を突破しないと必ず渋滞を起こす。部隊編成と北平領侵入のタイミングが重要。
    • 国境で一旦全攻略部隊の足並みをそろえた後に、一気に峠を越える。先頭には統率の高い騎馬部隊か槍部隊を置こう。
    • 道が開けたら、南北に散開しながら敵の迎撃部隊に対応しよう。お行儀よく並んでいると、火球の餌食になるので注意。
    • 峠の頂上付近でガチることさえ避けられれば、攻略はそんなに困難でもない。
    • お互いに 難所行軍 を持っているのなら北へ囮を出してその隙に攻めるのもよい。相手が持っていないと深追いして来ないので釣り出しにくい。
  • 敵が大軍を貯め込んでいるようなら、北平領ギリギリのマスに弓櫓などを建設し、破壊しに来た敵を渋滞させて消耗させるのも手。

海から

  • 港がないため、開発地を水上から一方的に攻撃できる。ただしどこから来るにしても距離があるため、余裕があるときの嫌がらせ程度に考えておこう。

北平を守る

襄平からの敵

  • 城のすぐそばの渡の手前と先の平野の2箇所に防衛線を築けば必要にして十分。防衛施設が非常に建てやすいので容易に防衛できる。
  • 渡の先の平野は本城からでも騎馬部隊がすぐ届く距離なので、敵を引きつけて存分におもてなししてやろう。

南皮からの敵

  • こちらが寡兵でないならば、峠の頂上よりも相手が峠を越えてすぐのやや開けた場所の方が迎撃しやすい。
    • ただし南北に散開されないよう注意。特にこちらが騎馬部隊の場合は、峠のふもとの小さな森にもぐりこまれないよう壁か櫓を建てておこう。
  • こちらが寡兵ならば、道を防衛施設で塞いでしまえば鉄壁。あまりやりすぎると、こちらの進軍時にも邪魔になるのでほどほどに。
  • 敵が 難所行軍 を持っている場合、北西の間道を通ってくることがある。峠の敵を迎撃中に侵入されると厄介なので、出口に陣を1つ建てておくといい。

周辺地図


未発見武将

  • シナリオ番号の対応関係はこちらを参照。
  名前 シナリオ
184 麹義 1 12
魏攸 1 12
186 王門 1 12
189 閻柔 1 3 12
190 (公孫続) 1 2 12
213 (曹宇) 5 6



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.