プレイ日記 > 英雄乱舞 > 孫登 > 上級 > 皇太子改め君主孫登と愉快な仲間たち・その6

第24話 荊州・江東制圧戦

275年11月、平原では曹沖を筆頭に政治力の高い武将たちでせっせと内政に励んでいた。曹沖は特技のおかげでものすごい助かっている。賈充とか本来ならすぐ裏切りそうなものだが、特技「仁政」のおかげで忠誠度は下がらないのだ! ここでは「功臣」として袁術の領地で流言を流しまくるなどの妨害活動に従事している。その甲斐あって、烏丸軍出現!!

孫登「さて、そろそろ劉諶には滅んでもらうか」

黄蓋を中心とする武陵からの軍勢と、陸遜を中心とする桂陽からの軍勢で零陵を攻めた。9部隊72000で落ちるだろうか。ちなみに零陵の兵数は40000もいなかったのだが、武将の質が高いので油断はならない。城に近づくと関羽、趙雲らが出てきた。まあ、ここは火攻めしかないでしょう。叩き合いなどもってのほか。というか、呉の武将で武力が90を超えているのって伯父上と甘寧、周泰くらいしか思いつかんのだが、他に誰かいたっけ?
設置しておいた業火球に点火してその先の業火種に引火。劉諶軍の部隊が巻き込まれる。足りなければせっせと業火球を設置して転がす。

陸遜「私が火を扱えば、万の兵も敵ではない」(孔明も同じセリフが見られる、確か)

でもやっぱりそれでは不十分。兵数は減らせたが、壊滅させるまでには至らなかった。ここは親愛武将の援護攻撃を活用することにした。必ず起きるわけではないが期待するだけの価値はある。羊祜が攻撃すると、陸抗か杜預隊の援護攻撃が発動するので大いに利用する。ただし、通常攻撃と支援攻撃は不屈で潰される可能性があるので、相手の兵力が3000を切ったら火攻めか、戦法攻撃で倒そう。
関羽と公孫一族は何とか撃破(でも、関羽は強い。こっちにも結構被害が出た。誰かが『兵一万に匹敵する』って言ってただけはあるわ)しつこく火攻めを繰り返し、零陵を落とすことに成功した。34人中24人が捕虜になった。趙雲は出陣中だったので在野になったがまあいいや。あんまり使えないのは解放して(だって給料の無駄だもん)優秀な奴はばしばし登用。その筆頭が関羽。ここは君主自ら頭を下げに行こうと思ったら、周瑜が劉虞殿に任せれば大丈夫だとか言ってるぞ。知力100の助言なので、素直に従う。

関羽「関雲長、思うところあって孫登殿に仕官致す!」

ばんざーい、やったぞ。とっとと忠誠度を100にして一騎当千の活躍をしてもらいましょう。ついでに言うと義兄弟の劉備は呂布に轢き殺され、張飛は火攻めにして始末したので、忠誠度にさえ気を使っていれば引き抜きの心配はない。おまけに経験値でかなり強化されており、武力、統率ともに100。知力も81になっていた。他のも軒並み登用。劉度とか訳の分かんないのは解放したが。一気に人材不足は解消された。ひとまず内政と万一、賊が発生した時のことを考えて、内政官と武力バカを数人残して、建業に移動させた。再び本拠地をこちらに移す。
276年3月、荊州南部4都市は別の軍団に委任することにした。で、何故か都督が季佐叔父上(孫匡)どうも官位の関係でそうなってしまったらしい。まあ、相性は最良で裏切りそうもないから、ま、いっか。叔父上は「第5軍団は私に任せろ」とか言ってる。まあ、現状を維持してくださればそれで結構ですので。さて、これからどうしよう。欲を言えばもっと優秀な人材が欲しい。

司馬懿「他勢力から、引き抜いてみては?」
孫登 「そううまくいくのか?」
司馬懿「ただいま、孔明軍の夏侯淵が、建業にむけて進軍中です。が、忠誠度は71。恐らく引き抜けましょう」

司馬懿は出かけていった。で、引き抜き成功。しかも馬良という特級品のおまけつき。さすが司馬懿。もう笑いが止まんないね。ちょっと気になったのが馬良の知力が98になってたんだが、いったい孔明は何をしたんだ? まあ知力を上げやすい武将ではあるんだよな。
孫登の特技のおかげで司馬懿の忠誠度も下がらない。意外にも司馬懿って野望は最高だけど、義理は普通なのね。これちょっと意外だなあ。実際にクーデターを起こして政権を掌握してるんで、義理はもっと低いかと思ったんだが。孔明勢力は最後に滅ぼすというルールなので、それまで大いにその深謀ぶりを発揮してもらいましょう。
せっせと建業の防備を固め、武器を生産する。遠方の都市から定期的に輸送隊が到着するので、それで金銭、兵糧には苦労しない。馬良と費禕のおかげでみるみるうちに武器庫に兵装が溜まっていく。関羽や登用した文醜のために軍馬も生産しておく。あとは闘艦、と。孫呉の武将は海戦が得意なので、船は多めに作っておいた方が良い。
6月、ここで大事件発生。叔父上(孫匡)が勝手に江夏攻めを開始。が、16000の兵でなにをすると? まあ港は落とせるだろうが……。大きく予定が狂った。くそ。当初、北海を落としてから江夏に呂布を追い込む予定だったのに。江夏は守りにくいことで有名で、河から内政施設を定期的に潰すだけで、敵は弱体化していく。ここは本拠地にしない方が良い。

孫和「とはいえ、見捨てるわけにはいきませぬ」
孫登「んもう、余計な事を……」

柴桑にいた仲異殿、叔朗殿、丁奉にとりあえず援軍に行かせたが、まだ不安だったので、賀斉にも援軍に行かせた。これで合計48000か。まだ不安だなあ。襄陽の張悌にも援軍に行かせる。これ、建業からも援軍を出そう。港は簡単に落とせるだろうが、その後呂布が籠城を決め込むとは思えない。
案の定、港を落とした後がピンチだったが、建業からの援軍が内政施設破壊を始め、呂布軍はそっちを攻撃し始めた。でもまあこれは囮。その隙に別の部隊で江夏に上陸し、囮部隊で城に投石攻撃を行い、何とか江夏陥落。この戦いで、呂布軍は40000弱の兵力だったが呉軍は96000の兵力を動員した。それだけ呂布は強いのだ。副将に智将を入れれば計略も防げるのでまさに最強である。

内政向きの武将を数人置いて、江夏も第5軍団に委任させた。叔父上? もう余計なことはしないで下さいよ? 何かこの作品の武将の思考回路は頭いいんだか、バカなのか(海上から攻撃をするという知恵は働くが、さっきのように明らかに勝てないような兵数で出陣など) だから出来れば委任なんてしたくないのだが、行動力が足りないのでやむなくそうしているのだ。叔父上のせいで無駄ではないが、それでもかなり武器や兵糧、兵力を消耗してしまった。
援軍が建業に引き揚げる最中に、今度は孔明軍が攻めてくるとの情報が入った。しかも相手は馬超(副将 徐庶)の12000。騎馬隊ではないのが救いだがそれでも強い。おまけに後続がきている。生憎、伯父上と太史慈は留守だ。というわけでここはあいつらに任せよう。
関羽と文醜。伯父上と叩きあいで互角に戦える数少ない武将だ。あとは司馬懿と周瑜を計略部隊として出す。先鋒の関羽隊との戦闘が始まった。

関羽「踏みつぶしてくれん!」(突撃)

この最初の一撃で、徐庶討ち死に。やっぱ、兵一万に匹敵する強さだ。文醜は後続の部隊を蹴散らす。クリティカルで副将2名(孫和と孫礼)も多く経験値がはいる。いや~、さすがは「渤海の双壁」 片方は序盤で死んでしまったが、ま、いっか。
馬超だけなら、計略で何とでもなる。司馬懿で混乱させ、周瑜で火攻め。紅蓮の炎が馬超隊を焦がし、数ターン後、馬超焼死! といっても孔明軍には関索筆頭に騎馬戦が得意な武将がまだまだ沢山いるから、馬超一人いなくなっても大した影響ではないでしょう?
孫和の騎馬適正もめでたくSになり、全員建業に帰還した。兵力を蓄えたのち、呉と曲阿港を落とした。276年12月。とんでもない情報が入ってきた。友達を討たれ、奪われた曲阿港を奪還すべく大軍がやってきているというのだ。

魏延「はーっはっはっは、散々邪魔者扱いしてくれた恨みを晴らしてやるぜ」
司馬懿「ふふふ、実力の差を思い知らせてやるとしましょう」
周瑜「陛下、先陣はなにとぞ、この周瑜に!」
孫登「(よくもまあ、これだけ反孔明の配下が集まったものよ……)」

魏延の連戦は、兵器以外の兵科の通常攻撃なら発動するので、使う機会が多い。反乱を起こしたというので野望は最高だが、それを差し引いても魏延は強い。まあ、前半で討ち死にしてしまった陳寿によれば魏延が造反したのは楊儀を失脚させようとしただけで、謀反を起こしたわけではないという。
水軍S適正の部隊を多数用意し、約100000の大軍で迎え撃つ。関興だの張苞だの姜維だの月英だの、孫呉水軍の相手ではないわ。ある時は石が飛んできたり、またある時は船ごとぶつけられたり、さらに別の時には火矢が飛んでくる。通常攻撃でも魏延の特技と適正の高さで、1000以上の被害を与えられる。
で、ついに孔明がやってきた。兵数は10000。

孫翊「全軍我に続け!」

激突が成功し、孔明部隊の副将(国淵だったかな?)が負傷。次のターンで、孫翊隊は混乱した。むむむ、やってくれるな、孔明。やばいぞ! 伯父上が助けに行く。伯父上の激突で、今度は孔明が負傷。いやはや「猛者」って便利。そして周瑜との対決。

周瑜「孔明! 今日こそ決着をつけよう!」

火攻めが見事に成功。その後、陸遜、司馬懿、魏延が加勢して、ボッコボコにして孔明隊を撃破。まあ逃げられたが、相当の被害を相手に与えることができたので、ひとまずは良しとする。呉に軍勢を戻して、訓練させておく。
関羽、文醜、伯父上、太史慈らを先頭に大挙して会稽に押し寄せる。華雄が出てきたが、関羽の敵ではない。史実通り突破で大ダメージを与え、他の部隊で攻撃して壊滅させた。城を包囲して8部隊で一斉攻撃。6000強の兵がいたにもかかわらず、一発で城は落ちた。包囲網が組まれていて登用できそうもないので、ザコ武将は斬る。あとは滅ぼした時のことも考えて解放。
ここには孫皓もいた。言わずと知れた暴君皇帝である。とはいえ一族だぞ? どうする?

孫秀「だめです、だめです。ここで斬らねば必ず呉国にとっての災いとなるに違いありません」

まぁ、その通りなんだが、むむ、やむをえまい。孫皓は斬られた。

孫皓「伯父上に斬られるなら本望です」

国ためだ。許せ。孫魯班の時は何とも思わなかったのに、何かこの時はちょっとかわいそうになってきた。雲南に流刑とかにしてやるべきだったかな。ひとまずは、会稽の開発だ。港は董卓領だったが、まあ捨ておいても何の問題もないだろう。ある程度開発が済んだので、呉と会稽は第5軍団に編入した。まあ一応柴桑~会稽の間は行き来できるからね。
ところで、これからどうしよう。北海や蘆江を最優先で攻めるべきだろうが。どういう順番で落としていこうかな。平原の甘寧達に任せてもいいが、袁術に攻められる恐れもあったので、まずは董卓を滅ぼして、人材を吸収し、建業から北上して下邳を落とす。その後北海。の順番でいくか。北海を落としたら、渤海を渡って襄平を落として南北から挟み撃ちにする。これで偽皇帝もひとたまりもないだろう。

孫登 「孔明対策はどうしようか」
司馬懿「あえて、武将を全員解放し、小沛に追い込みます。小沛は生産性の低い土地なので、恐らくジリ貧になり兵も出せぬでしょう」

なるほどな。確かに今呂布も北海一都市に58人の武将がいるが、兵糧はともかく、金銭面はぎりぎり黒字と苦しい状況。偽皇帝など軽く蹴散らして見せるぞ。思いっきり武神、関羽に暴れてもらうとしよう。
277年4月、天下の趨勢は確実に呉軍に傾いていた。


第25話 魔王討伐戦

関羽と伯父上を中心に兵を鍛え、馬良と費禕を中心に武器の生産をする。江東だとどうしても海戦の機会が多くなるので(というか、孫家軍は海戦に持ち込んだ方が圧倒的に有利。港からわざと上陸させて陸戦に持ち込むこともできる)艦船の生産も合わせて行う。
そして、在野だった武将が仕官を求めてやってくる。陳留のような北方で仕官を求めてくる武将もいなかったわけではないが、やはり長江沿岸の都市からの仕官が多かった。

孫堅「我ら一族力を合わせ、我が一族繁栄のため尽くそうぞ」

中国大陸をあちこち旅をしていた祖父上。どこの勢力にも仕えずに呉軍にやってきた。もちろん登用。すごい強いもん。建業にいる黄蓋とは親愛関係なので支援攻撃が期待できる。軍事施設が置けない海戦では支援攻撃は陸戦以上に嬉しい。黄蓋や程普以外にも血縁武将の援護攻撃も期待できる。伯父上はほぼ毎回戦に出すので、積極的に支援攻撃を狙っていきたい。
で、江陵太守の劉虞から報告が入る。太守は「義理が高く、野望が低い人物or相性がいい人物」で選ぶのがお勧め。基本的には官職の上下で決まるので、劉虞にはきっちり官職を与えておいた。というか、皇族が無官職っていうのもね。

孫登「まあ、劉彊(東海恭王・光武帝の長男、皇太子。のち皇太子を辞退)の子孫だしね」
劉虞「それはいいとして、韓当殿が仕官を求めておりますぞ」

もちろん登用。海戦にはもってこいの特技「水将」を持っている。知力をカバーできれば、海戦では無敵だ。ついでに祖父上とは親愛関係なので援護攻撃も期待できる。
魅力92と特技を名声に書き換えたおかげで、兵士を集めるのも苦労しない。集めた兵士は建業へ輸送する。操舵持ちで、この年になってから仕官を求めてきて登用した魯叔に輸送をさせる。地味だけど「運搬」「操舵」は後方からの輸送には大いに役立ってくれる。版図が大きくなってからは実に重宝する。
で、ついでに277年6月、防衛強化の技巧も研究し、全ての技巧を研究することに成功した。が、防衛強化って果たして役に立つのかなぁ……。城塞からの反撃も一応強化されるらしいのだが、そもそも戦法には無抵抗だし、COMは遠くからやたら火計を繰り返すので、城塞が反撃って言うのはあまり見たことがないんだが。で左慈がやってきてお祝いをしてくれるらしい。
で、最後に左慈は「もう会うことは無いが(後略)」とか言って去っていった。

孫登「(正直、来るとロクなことにならないことの方が多いから、もう来なくていいよ)」

個人的には、兵糧襲撃と防衛強化は果たして使える技巧なのか、個人的には疑問だ。他の技巧に関しては持っていて損はしないでしょう。孫家軍としては水軍の強化とかあっても良かった気もするが、そしたら強くなりすぎちゃうか……。
輸送が完了し、277年10月、董卓軍最後の拠点、蘆江攻めに乗り出した。並行して、ついでに寿春も落としてしまうことにした。ここは守りにくいが、南が自軍の領地ならまだ守りやすいだろう。小沛には孔明がいるが、寿春との間は施設を置きまくって要塞にしたり、壁で塞ぐなどすれば何とでもなる。汝南の武将は全員寿春の防衛にあたらせ、暇そうな武将を何人か汝南へ回す。
寿春からは、叔母上と馬雲騄、曹仁が出てきた。どうでもいいが、何で孔明軍の女性武将はマッチョが多いんだ? ちなみに呉軍には大喬と小喬の姉妹、蔡琰、王異とマッチョとは程遠い武将ばかりだ。その内大喬、小喬、蔡琰は特技の関係上前線の都市にいるが、結構優秀で内政もそれなりにこなしている。

龐徳「曹仁はいいとして、何で孔明軍の女は筋骨隆々なやつばっかなんだ?」
魏延「孔明は変な女が好きだからな。結婚した時も世間の人々は『孔明の嫁取りをまねるな』と言ったそうだ」

うん、言っちゃ悪いが月英も「普通の人」ではないよな……。3部隊とも何故か戟部隊だった。魏延隊は戟部隊なので不利ではない。龐徳隊も騎射で攻撃すればまあ、大丈夫だろう。張宝の落雷攻撃で、曹仁隊に大ダメージを与え、ついでに内政施設も破壊する。後続の龐会隊の投石攻撃と張任隊の弓攻撃で曹仁隊は壊滅した。
で、叔母上の戟部隊に魏延隊で攻撃。が「大盾」で防がれた。ちいっ、やってくれる。副将の不屈や大盾で少し手こずったが、278年1月1日に城を包囲して、21日には陥落させることができた。叔母上と馬雲騄には逃げられたが、それでも大量に武将を捕縛できた。身代金目的に全員捕虜にしておく。魏延は建業に移動させ、残りはせっせと内政に勤しんだ。
比較的楽に落ちた寿春とは違い、蘆江攻めの伯父上の方はものすごい抵抗に遭っていた。まず、濡須港と皖口港を落とす。次に投石部隊で東側の内政施設を壊して東西から挟み撃ちの予定だった。が、距離の関係で濡須港側から上陸するのが早かったのと、さっさと内政施設を壊してしまったのが原因で、董卓軍が出陣し、西側の船団が上陸する前に乱戦となってしまった。伯父上や周瑜、太史慈親子が奮戦しているが、相手側もしぶとい。
この城が落ちると、董卓軍が滅亡するので、董卓側も必死だ。夏侯惇、華雄筆頭に猛者が出陣し、董卓も自ら出陣している。ひとまず董卓を先に叩いてしまうことにした。3部隊ほど移動させて、河から攻撃する。とこの隙に西側から関羽、祖父上(孫堅)、仲異殿らが上陸し、城に張り付く。董卓勢は城に引き返した。どうやら籠城戦に切り替えたようだ。ちなみにこの戦をしてるさなかに呉国太がやってきて仕官させてくれとかいうので、登用。身内だし、仁政を持っているので役に立つ。
8部隊で城を囲んで、投石攻撃をくわえてから、一斉攻撃で城は落ちた。董卓以下武将は全員捕まった。さて、捕虜の処遇を決めねばならない。まずは董卓。

孫堅「斬れ!」

祖父上がそう言うもんだから、董卓は斬られた。後で知ったんだが、祖父上の嫌悪武将は董卓だった。まあ、逆賊は斬らねばならない。呉軍は正義の軍隊なのだ。逆賊となれ合う気はない。

董卓「お前ごときに、お前ごときに我が野望を止められるとはな!」(処断時のセリフ)

で、次は楊儀。とある方を語る上で欠かせない人物である。

魏延「斬れ!!」

案の定斬られた。というか、楊儀と魏延が共闘なんて考えられないし、魏延が反乱をおこしたら困る。あとは、どうしようもなく使えなくて、かつ、いると足を引っ張りそうな武将は斬った。

万彧「ふん、無様だね」(処断時のセリフ。てか、何でカマ言葉?)
孫策「(気持ち悪い奴だな……)」

それでも捕虜は38人。

孫策「ん、38人か、待てよ38×50は1900か……。1900……」

何か知らないけど、このゲームは捕虜一人養うのに金50がかかるらしい。なんで武将の給料よりも金がかかるんや!?

孫策「公瑾、どうするこいつら。生き埋めにしちまおうか、白起がやったみたいに」
周瑜「使えそうで、相性があまり良くないものは登用。後のは解放しろ」

で、篩にかけ、荀攸、夏侯惇、関統らを登用。後のは解放した。まあ、相性が良いのは向こうから来てくれるでしょう。それに仮に来なかったとしても、もう人材が足りないということは無いので、困ることは無い。しばらくは内政に励むとしよう。孔明が南下してきても、建業には陸遜、陸抗、黄蓋、魏延、馬良らを残してある。海戦に持ち込めば敵をちぎっては投げ、ちぎっては投げ、をするくらいの戦力はある。だから心配はいらない。
278年2月に、董卓を滅ぼし、しばらくは平和な時間が続いた。そして5月。大事件発生! 何と呂布軍滅亡!! 北海には34000の兵がいるのに対し、下邳には31000しか兵がいなかったので落とせるわけないと思っていたのに、くっそー、予想外だ。唯一の救いは呂布&陳宮が脱走していたことと、登用に応じてくれたことだった。袁術を滅ぼしたいところだが、あんなアホに兵力を割くのもバカバカしい。そろそろ頃合いかな……。賈充の嫌がらせで、薊に流言を流しまくり、太守の忠誠度を下げることに成功。
蔡琰に太守を唆させて、笮融を反乱独立させることに成功した。こんなの太守に絶対するべきではないが、袁術軍は領土の割に人数が少ない。1つの都市あたり3,4人といったところか。鄴には11、2人の武将がいたが、賈充の策謀で太守が反乱をおこし、戦力を丸ごと奪われてしまったのだ。だから、今は散発的に1か2部隊出してくるだけだ。所詮は偽皇帝。これではもう取るに足らない勢力だな。
ひとまず、毌丘倹討伐を先に行うことにした。その準備を進める。兵を集め、呂布で訓練を行う。練兵台のおかげで呂布一人で気力が10上がる。278年7月、呂布の訓練が始まる。

呂布「怠けている奴は容赦なく斬るぞ!!」(訓練時セリフその1)
「貴様ら強くなりたいか! それとも虫けらでいたいか!」(訓練時セリフその2)
「こんな生ぬるい訓練では、実践の役には立たんぞ!!」(訓練時セリフその3)

ついでに巡察もしてもらう。訓練ばっかりじゃ飽きるでしょうから。

呂布「悪党もおれの前では逃げだすだろうな」(巡察時セリフ)

そりゃあな、呂布だもん。
その頃、江東では続々と、仕官を求める武将がやってきた。旧董卓軍の配下たちである。吾彦や孫桓、孫歆、孫震などの重臣や身内の武将が続々とやってきた。で、父上までもがやってきた。

孫権「親子で争っていては、先祖に申し訳が立たん。私も協力させてくれ!」

追い返すのもかわいそうなので、ひとまず登用。ただ、もう技巧は全部研究しちゃったしな。出番はあんまりないでしょうけど我慢してくだされ。あと、水軍適正Aなのね、父上。Sはもういくらでもいるから、海戦でも出番があるかどうか……。ついでに言うと野望が最高で義理が普通。つまり司馬懿とおんなじ。司馬懿よりも義理は高そうな気はするのだが、やはり晩年の乱心ぶりが響いたか?
とりあえず、周泰を建業に移動させて、知力の補強で父上を一緒の部隊に入れればいいか。
毌丘倹が攻めてきたので、とりあえず迎撃に出る。既に要塞化は完了しているので、まさに飛んで火に入る夏の虫だ。

呂布「何!? 戦だと!?」

張り切って出陣。んでもって、突撃!! クリティカル+太鼓台の効果もあって、ダメージ2800とかいうおっそろしいダメージを叩き出す。やばいと思ったのか、後続がわらわらと出てくる。
満寵たちで対処する。ところで、ちょっと気になったのが、楽進隊が攻撃した時に支援攻撃が発生すると楽進が「多謝!」って言ってるけどあれはどういう意味なんだろう?
手加減という言葉を全く知らない呂布。2度目の突撃で、毌丘倹討ち死に。で、曹豹とかいうのが後を継いだ。まあ弱そうな奴だな。後から出てきた部隊もさばいて、平原に引き返す。許昌からの物資が届いたら、再び鄴に攻め込むぞ。
毎回、時間がとれずにちょっとずつしかプレイができないが、1時間程度のプレイで今回は色んな事があったな(基本的に1回のプレイで1話)
278年12月、黄河以北でも勢力を広げようとしている呉軍であった。

第26話 冀州平定戦

278年12月、平原の隣の濮陽に貂蝉がいたので呂布に登用させる。すんなり成功。呂布は陳宮、貂蝉とはお互いに親愛関係だったな、確か。

呂布「そういえば、我が娘はどうした?」

あ、呂玲綺ね。呂布の武力、特技と組み合わせれば「疾走」は凶悪的な強さを誇る特技となる。在野でいるならぜひ登用したい。が、いなかった。

呂布「まさか、斬られたんじゃないだろうな!?」
陳宮「いえ、いました」

なんと呂玲綺、孔明に仕えていた。なんということだ。これでまた一人、孔明勢力にマッチョな女性武将が増えてしまったではないか! と、いうか、これで祝融を登用されたらコンプリートだな。
呉軍みたいにもっと「女性らしい」女性武将を登用しろよ! 叩き合いが徐盛や叔弼叔父上(孫翊)より強いって一体……。

孫登「我が軍の女性武将は、誰がいたっけ?」

まず、一番最初に仕えてくれたのが、蔡琰だ。んで、後は王異、祖母上(厳密に言うと、孫登の祖母上は祖父上の第一夫人の呉氏。呉国太はその妹だったな、確か)、徐氏殿、孫氏殿、大喬小喬の姉妹、貂蝉の8人。で、この中で一番武力が高いのが意外にも貂蝉。武力は28(元が26+経験値2)

孫登「ほ、ほほう……。我が軍の花だな。孔明軍は普通の女性武将なんて、糜氏くらいだもんな」

ついでに言うと、能力値や特技の関係上、王異以外は皆、最前線で活躍している。せっせと建業、蘆江、寿春で内政と物資集めに精を出している間に、後方からは物資と兵力を運ぶ。この隙に北部戦線の武将たちに少し働いてもらおう。
満寵、甘寧らが率いる北部戦線は、濮陽に程普と郭淮、陳留に徐晃を残しておき、拠点を平原に移した。279年1月、河北制圧の第一戦として、鄴を制圧することにした。ここを抑えることができればいちいち、濮陽や陳留から物資を送る手間が省けそうだ。特に濮陽は、小沛と北海と接しているため、孔明が攻めてきたことも考えて、ある程度の物資は蓄えておく必要があった。
兵を集め、呂布で訓練させる。練兵台の効果で、呂布一人で気力を10上げることができる。3人でやったとしても12~13くらいしか気力は上がらない。つまり、呂布一人でやってもあまり変わらないのだ。なので専ら訓練は呂布1人の仕事だ。まあ、呂布のオリジナルのセリフを見たいというのも無いわけではないが。他の武将は皆で内政と、巡察、徴兵を手分けして行う。
気力が120になり、呂布を先頭に出撃。呂布は陳宮と貂蝉を副将にして出陣。後で考えると、賈充と貂蝉をセットにすれば、相手部隊に女性武将がいない限りほぼ確実に計略を決めることができる部隊が完成するのだが、まあ、相手は弱いし、力攻めでも特に問題ないだろう。
呂布の騎馬隊を先頭に鄴に攻め込む。その頃、運悪く濮陽に孔明軍が攻めてきてしまった。既に要塞化は完了していたが、武将が7人しかいないので、動員力には限界がある。ひとまず陳留から援軍を出させるが、ここも7人しか武将がいないので、やはり動員力には限界がある。しょうがない、ちょっとずるい気もするがあの手を使おう。
寿春から援軍2部隊16000と平原からも援軍2部隊を出す。小沛からの出陣、ということは今は小沛は手薄なはず。寿春から夏侯覇+張宝+諸葛恪という部隊を作った。ちなみに後の1部隊は普通の弓隊だ。程普と郭淮は、濮陽~小沛の近道となる浅瀬に向かって業火球を転がして進軍を妨害する。とにかく援軍が来るまでの時間稼ぎと孔明の軍勢を個々に釘付けにしておかなければならない。
これで40日は持ちこたえられたが、相手の部隊数が多く、後続に火を消されてしまった。北海からも濮陽に向けて軍勢が動き出したようだ。距離があるのでひとまず捨て置く。60日目に陳留と平原からの援軍が到着した。とまあ、郭淮らが孔明軍をひきつけている間に、寿春からの援軍で小沛の施設をぶち壊しまくる。ただまあ厄介なことに籠城を決め込んでいても、兵舎を壊してしまうと、出撃される可能性があるのだ。でもまあこれも織り込み済み。
小沛の兵舎や鍛冶を壊すと案の定、部隊が出てきた。何と孔明自らが出陣。

諸葛恪「やべっ、叔父上が出てきた! 長居は無用だ。退くぞ!」

夏侯覇の特技「長駆」と騎兵の技巧の研究成果で、騎馬隊の機動力は全兵科中最高のスピードを誇る。とっとと撤退。孔明が追いかけてきたので、張任に殿をさせる。クリティカル+炎上で被害を与えつつ撤退する。鍛冶や兵舎は跡形もなく壊したので元のレベル3にするには時間がかかるだろう。少なくともそれまでは兵は出せまい。
濮陽に攻め込んだ孔明軍は、陳武、朱然、徐晃、費耀、郭淮、程普らで撃退に成功した。捕虜は例のごとく蔣琬がやってきて返してくれとかいうので、金と引き換えに返してやる。こちらも徴兵や武器生産で金が要り様だしね。しかし、COMはどうやって外交の使者を決めているんだろう? ほぼ毎回蔣琬がやってくることを考えると、武将の政治力かな?
劉諶軍の使者は、鄧芝か孫乾だったので、恐らく優先度としては論客持ち>政治力かな? 調べたわけではないので知っている方がいたら情報をください。

この中原のごたごたとは対照的に、鄴はあっさり陥落した。そもそも武将の質が全然違うので、むしろ負ける方が難しいくらいだ。相手方の強い武将と言えば、鮑三娘くらい。呂布隊を中心に一斉攻撃を行う。

呂布「わっはっは、かかったな!」(一斉攻撃時のセリフ)

ついでに陳宮の特技で混乱させることができた。鮑三娘は呉軍にフルボッコにされ捕えられた。後は片っ端から出てきた武将を撃破する。相手は文官だろうがザコ武将だろうが能力のことなど一切考えずに、出撃してくる。一方こちらは、呂布、甘寧、楽進、満寵と勇将智将が勢ぞろいだ。当然呉軍にかなうはずもなく、鄴は包囲され、一斉攻撃で落ちた。平原を出てから80日ほどだったように思う。楽進隊を兵器部隊にすればもう少し早く落ちたのではないだろうか。
ただ、兵器部隊は機動力が低いので、目標に着くまでが時間がかかるのと、反撃ができない、戦法でしか攻撃できないなどの欠点があるので、野戦で大軍同士が入り乱れ、乱戦になってしまうと使いづらいので、兵力で圧倒的に優勢なら、とっとと兵器で城を落とした方が良いように思う。
君主曹豹は斬られたが、捕虜は全員解放する。正直言って、絶対に欲しいとか敵に回すとまずい、という武将はいなかったのだ。久々に大都市を得ることができた。ここを河北制圧の拠点とするべく、呂布は兵の訓練、他の武将はせっせと内政に励んだ。
しかし、その頃性懲りもなく、孔明が曲阿港を狙って軍勢を差し向けたという情報が入ってきた。次の戦で孔明軍を撃退したら、下邳を落としてしまおうかな。

  • 委任使うときは対象を後方都市だけにして、攻撃禁止に設定しておくと、勝手に変なとこ攻めたりしなくなるんでいいですよー。あ、でも自分はPCPKなんで、コンシューマ版でも攻撃禁止設定できるのかどうかわかりませんが; -- 名無しさん (2010-11-15 03:03:14)
  • PS2PKでも攻撃無しにできますよ。 -- 名無しさん (2010-11-15 04:02:53)
  • てか、まあ、出撃されても単に委任解除して戻せば済むけどね -- 名無しさん (2010-11-15 05:30:52)
  • 貴重なアドバイスをありがとうございます。委任はちょっと注意する必要がありますね。まさか長沙から江夏へ出兵するとは思わなかったので。 -- プレイ日記の筆者 (2010-11-15 21:01:02)
  • 多謝=感謝感激雨あられ -- 名無しさん (2010-11-20 22:33:56)
名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.