濮陽

ボクヨウ
現在の河南省濮陽市。
古くは帝丘と呼ばれた都で、春秋期には兵家必争の地となり近隣の城濮や鉄丘で決戦が行われた。
後漢末期には曹操飛躍の地となる一方、呂布により最大の窮地に立たされた場所ともなった。
後に司馬懿の兄、司馬朗が兗州刺史として一帯を治め、寛大な統治により住民に慕われた。
なお、北宋期にはこの地で澶淵の盟が結ばれている。



基本情報

  • 収入は上級時のもの。初級だと25%増、超級だと25%減。
金収入 兵糧収入 開発地 港関 耐久 特色
600 4000 15(9+6) 1 3900

  • 開発地の数・配置ともに良好。
  • 闘艦なしでも水上から開発地攻撃可能。COMも非常によく攻撃してくる。
  • 闘艦があれば東の開発地も水上から攻撃可能。
  • 領内の遺跡・廟候補地は1つ。珍しいことに草地のど真ん中にある。

  • 兵糧の基礎収入は晋陽洛陽長沙と並び全都市中最低。農場を多めに配分したい。
  • 河北勢力と黄河でカチ合う際の重要拠点。 護岸工事 は必須。

濮陽を攻める

平原から

  • 鄴から攻める場合は、濮陽の城兵や武将メンツに応じて安全策でいくか速攻策でいくかを適宜判断したい。
    • 安全策で行くなら、濮陽と頓丘港の近さを利用した棺桶作戦で城兵を削ってから上陸しよう。
      • 棺桶作戦に参加しない部隊は、水上から開発地を破壊しておこう。ただし陸からの撹乱や偽報に注意。
    • 速攻戦で行く場合は頓丘港を落とした後は一気に部隊を上陸させること。もたもたしてると再び頓丘港を落とされて戦力を分断されてしまう。
      • 上陸後ある程度乱戦になることは覚悟すること。できるだけ強い武将を派遣したい。
  • 平原から攻める場合は、鄴と同じ方法のほかに、臨済港経由で陸路から攻める方法がある。
    • 水軍適性B以上、すなわち火矢が射てる武将が少ない場合はこちらのルートの方が消耗戦になりにくい。陸戦に自信があるならオススメ。
    • 北海が敵勢力下にある場合でも、臨済港の東の隘路を足止め用の陣などで塞いでしまえば交戦せずに済む。
    • 囮部隊をこちら側に派遣し、敵の主戦力を釣り出しておく手もある。

北海から

  • 広大な平野で戦闘になる。騎馬適性の高い武将が活躍できる。途中に広い砂地もあるので、槍部隊は注意。
  • 敵の開発地のZOCがうっとうしい。南を迂回しようとしてもどうせ湿地で手間取るので、できることなら全壊させてしまおう。
  • 途中の廟・遺跡候補地は進軍ついでに寄っておくといい。

小沛から

  • 本道を通って攻める場合は必ず陳留領を通過することになる。渡でもたもたしていると陳留の敵部隊と挟撃されて厄介。
    • 本道からは、陳留から攻められる懸念が無い場合のみ進軍したい。
    • 浅瀬から攻めるとなると話は別。できるだけ早く浅瀬を渡りきり、敵の迎撃部隊に対処したい。湿地と砂地があるので、戟部隊メインでいくのが無難。

陳留から

  • 陸路で攻めるなら、渡での攻防が鍵を握る。渡が2マスあるため、まともに攻めると苦戦するのは目に見えている。
    • 本道上に敵が防衛施設を建てているようなら、「射程」持ち兵器部隊や弩部隊で先に排除してから侵入しよう。
    • 濮陽領内では騎馬・弩部隊はほとんど役に立たない。渡の突破も考慮すると、槍部隊を先行させるのがよい。
    • 火薬錬成 を研究済みなら、渡北から火球で城を攻撃→迎撃部隊が出たら陳留領に戻る→敵城に近づく→また火球攻撃といった戦法も可能。
  • 海路で攻めるなら、基本は鄴から攻める場合と一緒。ただし必ず鄴領を通過することになるので、鄴が敵勢力下にあるなら素直に陸路から攻めよう。

濮陽を守る

平原からの敵

  • 護岸工事をしないと確実に開発地が被害を受ける。
    • 財政的にきつい序盤であっても、西の開発地だけは必ず守っておきたい。その際は鄴領に入る必要があるので注意。
    • 逆に東の開発地は闘艦が無いと攻撃されないので後回しでいいだろう。
  • 頓丘港は湿地に囲まれ、おまけに城が近過ぎて防衛施設が建てられず守りにくい。
    • かといって安易に明け渡して上陸されると厄介なので、水上戦に自信があるので無い限り、棺桶作戦メインで迎撃しよう。

北海からの敵

  • 距離があるのでできたら城付近まで引き付けて迎撃したいところだが、東の開発地が脅威にさらされる。
    • 予め陣や土塁で道を封鎖して、COMの攻める気を殺いでおきたい。金に余裕が有るなら、櫓と投石台地獄を築き防備を固めよう。
    • 何も手を打っていない状態で攻められた時は、騎馬部隊を派遣して開発地付近で迎撃しよう。
      • もしもの場合には開発地を盾にして本城付近まで一旦退却すること。開発地は破壊されるだろうが、敵は兵糧・気力面で相当疲弊するはず。

小沛からの敵

  • 本道で攻められた場合は、下の陳留の項と同じ。
  • 浅瀬で攻められた場合は、できるだけ浅瀬・湿地で敵がもたついている間に撃破したい。
    • 浅瀬の近くに櫓や投石台を建てておけば、浅瀬で渋滞した敵に被害を与えることができる。
    • 浅瀬も湿地も突破されると開発地にも被害が出るので、敵が 難所行軍 を研究する前にしっかり固めておこう。

陳留からの敵

  • 渡付近に防衛施設を築けばかなり耐えられるが、一旦突破されるとそれ以外の防衛施設の援護が期待できず非常に厄介。
    • 渡は完全に封鎖することができないので、必ず1部隊で完全に蓋をしよう。
    • 渡上の敵には防衛施設を挟んで弩兵戦法が射ち放題。蓋役には戟部隊の他、騎馬部隊も有効。森なので相手の弩・騎兵戦法を受けないのは大きい。
  • 可能なら南の陳留領に防衛施設を建て補修しつつ防御すると、陳留の疲弊も狙えてなおよし。戦力が揃ってるなら攻撃的防衛手段として使える。

周辺地図


未発見武将

  • シナリオ番号の対応関係はこちらを参照。
  名前 シナリオ
184 于禁 1 12
陳宮 1 12
程昱 1 12
董昭 1 8 12
李豊 1 12
186 王忠 1 2 3 8 12
188 楽進 1 12
(劉琦) 1 12
劉磐 1 12
189 伊籍 1 2 12
192 呂虔 1 2 8 12 13
193 王粲 1 2 8 12 13
196 (呂玲綺) 3
198 胡班 1 2 3 4 8 9 12 13
207 (劉琮) 1 2 12 13
210 (楽綝) 1 3 4 5 8 9 10 12
215 (程武) 1 2 3 4 5 6 9 10 12 13
240 羊祜 1 2 3 4 5 6 7 9 10 11 12 13
243 濮陽興 1 2 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
253 丘建 1 2 3 4 5 6 7 9 10 11 12 13



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.