零陵

レイリョウ
現在の湖南省永州市零陵区。
孫呉三代に仕えた黄蓋の出身地で、孫堅に仕えてからも度々この地へ派遣され住民を慰撫し慕われた。
赤壁の戦い後は劉備軍の勢力下に置かれるが、荊州割譲を渋ったため呂蒙長沙桂陽と合わせて攻略される。
この際は零陵のみ劉備に返されたが、夷陵の戦いと前後して再び孫権の支配下に置かれた。



基本情報

  • 収入は上級時のもの。初級だと25%増、超級だと25%減。
金収入 兵糧収入 開発地 港関 耐久 特色
400 5000 12(7+5) 0 2400

  • 開発地の数・配置はまずまず。
  • 領内に遺跡・廟候補地は無いが、北西の雲南領の候補地は、こちら側からなら 難所行軍 が無くても行ける。

  • 防衛・収入面を考えると荊南4郡の中では比較的使いやすい方。都市特色が弩生産なのも地味に嬉しい。
  • 城の周りをすべて壁や施設で埋められる。要塞化マニア御用達。

零陵を攻める

  • 周囲に砂地が多いので、槍部隊は控えめに。

桂陽から

  • 本道で繋がっており、渡さえ抜ければ後は容易。
  • 耐久が低く領内に入ってすぐ城があるため、1ターンキルが狙える。
    • 逆に落とせないと敵迎撃部隊の攻撃をもろに食らう為、無理そうなら南の施設側に釣り役を。

武陵から

  • 本道で繋がっている上、地形も比較的良好で防衛施設も建てやすい。

建寧雲南から

  • まともに部隊を編成して軍を向けると大量の兵糧が必要になるか恐ろしく日数がかかる。
    • 劉璋でプレイするなら、雲南は後回しでここに輸送隊を送って占領し、荊南進出の足がかりにするのも一つの手。
      • 武陵に向かってもよいが劉表とは程なく接触することになり、占領後がちょっと忙しくなる。
      • 永安からなかなか進出できず困った経験がある向きには一度試してみることをお勧めする。
      • 使える使えないは別にしてすぐに2人の人材も確保できる。

零陵を守る

桂陽からの敵

  • 渡を突破されると一本の防衛線で防ぐことになり、相当苦しくなる。
    • 出口に砦と壁(壁は1マス分でよい)を横に並べ、いきなりの突破だけは阻止。
    • 障害物の両脇からは渡の上に弩や井蘭が届く。これでかなり抵抗できるはず。射程3の攻撃手段があれば後続部隊にも届くので一層有利。
    • 壁のほうが先に破壊されるので、耐久が怪しくなったら建設部隊が出せるよう待機しておこう。できれば1ターンで設置できる部隊が望ましい。

武陵からの敵

  • 城からは二重の防衛線を築くことができる。
    • できれば山一つ越えた平野部に砦や櫓を設置しておくと事前に戦力を削ぐことができる。敵が迂回路を採用した際にも有効。
    • 砂地が多いので槍部隊はやめておこう。弩・騎馬部隊はかなり活躍できる。武将の適性と相談で。
    • 山の横の道伝いに火罠を密に設置して、火の海に沈めるのもよい方法。

建寧雲南からの敵

  • COMがこのルートを使用することは無いと思っていい。

周辺地図


未発見武将

  • シナリオ番号の対応関係はこちらを参照。
  名前 シナリオ
187 劉度 1 2 3 9 12 13
191 程秉 4 9
193 邢道栄 1 2 3 4 9 10 12 13
202 (劉賢) 1 2 3 4 9 10 12 13
205 劉巴 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 12 13
206 薛綜 3 4 9 10
207 蒋琬 1 2 3 4 5 8 9 10 12 13
230 (蒋斌) 1 2 3 4 5 6 9 10 11 12 13
235 (薛珝) 3 4 7 9 10
237 (薛瑩) 3 4 7 9 10



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.