プレイ日記 > 女の戦い > 樊氏 > 超級 > 樊氏様が統一を目指しながら婚活するそうです。3

このプレイの縛り一覧は以下の通りです。

0)軍師は趙雲固定※能力研究で知力90に
1)配下の登用可能人数は「1城×3名」※君主の樊氏様は含めない
2)登用可能能力は統率、武力は「趙雲」未満、知力は「90」未満と「姜維、龐統、法正、徐庶、賈詡」の5名のみ登用可。
3)捕虜の飼い殺し、処断禁止 ※登用しない、できない人材は戦争(防衛、侵攻どちらも)終了後に即解放
4)旦那、嫁のどちらかを登用できない(またはしない)場合、両方とも登用禁止
5)君主の適性が育っていない兵科の技巧研究禁止(適性Aで三段階目の技巧が研究可能 兵器適性は発明に該当)
6)廟発見での付与禁止特技 「神」がつく特技、「虚実」「洞察」「覇王」「飛将」「勇将」「疾走」制限 ※能力研究で出現した場合は使用
7)趙雲の息子2人は優先的に登用
8) 特技「捕縛」は使用禁止



第四回 樊氏様がこの10年を振り返るそうです

樊氏「最初はどうなることかと思ったけど、なんとかなったわね」
趙雲「成都を取る、と言われた時は驚きましたが奇手でありましたな」
趙範「梓潼以外の益州と荊州を統一して樊氏軍は領地11国となりました~。 下の地図を見てね」

261年1月1日現在の大陸
左側から 茶=馬雲騄軍、青=鮑三娘軍、紫=樊氏軍、薄緑=蔡氏軍、鼠色=貂蝉軍、黄=黄月英軍、臙脂=蔡琰軍、紺=卞氏軍、水色=大喬軍、卵色=徐氏軍

初期の段階において、樊氏軍は貧弱も貧弱な軍でしかない。
兵数も技巧も少ないし、頼りになるのは趙雲だけで\(^o^)/オワタ状態いいところだ。
そのため難易度も☆5となっているが、実はちゃんと抜け道は用意されているのであった。

寡兵で周囲の空白国を占拠し優秀な在野を登用していけば、もしかしたらかなり楽勝な部類の軍かもしれない。
しかも、武陵、永安、江州、成都などは優秀かつ相性のいい在野が数多くいるので、すべての在野を登用できれば天下を取ることは難しくないだろう。
少なくとも同じ難易度である王異軍や鄒氏軍に比べれば、はるかに難易度は低いと思う。

この通常プレイでは大変有効な「寡兵で空白国を占拠」だが「1城×3人縛り」でも有効かどうか自信が持てず
(防衛できない可能性があるので)、最初は荊南に引きこもってしまった。
が、少なくとも樊氏軍には「寡兵で空白国を占拠」は有効である……というより必須といったほうがいいかも。

「1城×3人縛り」のプレイヤーは守りにくい桂陽をいったん明け渡し零陵まで下がったが、特にこだわりや縛りがなければ桂陽には政治70~80台の薛綜親子、
武力70台で相互親愛の陳応と鮑隆がいるし、零陵には刑道栄がいる(相性はあまりよろしくないが)この6人+趙雲がいれば桂陽も守りきれる……のではないかと思う。
その間に趙範で成都~江州~永安を占拠し、樊氏様で武陵の人材探索を行えば初期の段階から6国を統治できる。

桂陽を捨てない戦略だと零陵と江州が安全国になるので、すべての開発地に市場Lv.1と造幣を建てておけば、
レベルアップしなくても十分な収入になる。経済的に困窮することもなくなるだろう。
片方を農場だらけにするという手もあるが、農場はLv.1のままだと蝗災害にあったときに破壊されてしまう。
そのため最低でもLv.2にする必要があるので初期の段階ではあまりオススメしない。

また防衛戦が非常に多くなるが江陵と襄陽は絶対に取っておいたほうがいい。
これは長沙の孫尚香軍でプレイする場合にも言えることだが、この荊北を取っておかないとのちのち非常に面倒なことになる。
江東側の敵国とは同盟を結んでおけば江陵の弱点である鳥林港もカバーできるし、新野~許昌~洛陽への足がかりにもなる。
中原へと進出するには漢中~長安まわりより新野~許昌経由の方が断然早いし攻めやすい。

江陵はとにかく四方八方から攻められるので死地扱いされやすいが、やはり重要な拠点であることは間違いない。
同じ死地でも江夏は文字通りなんの取り柄もないが「女の戦い」シナリオでは在野に魯粛、呂蒙といった優れた人材がいるので、探索だけ行って後は放置するという手も。
鮑三娘軍を巨大化させないために成都を圧えたように、当面は同盟を結ぶにせよ、人材にすぐれた大喬軍への牽制として荊北は必要だと思う。
彼らの尻馬に乗っかって攻略都市をハイエナすることも可能。もちろん樊氏軍は最大限にこれを有効活用させてもらったw

樊氏「……と、我が軍の10年はこんな感じで過ごしていました。いかがだったでしょうか?」
趙範「侵攻戦よりも防衛戦のほうが圧倒的に多かったけど、主要都市を占拠しておいたから、相手の国力が目に見えて衰弱して気持ち的にも楽だったよね」
趙雲「──終りのない防衛戦ほどストレスの溜まるものもありませぬからな」
三人「……orz(前回の益州攻略を思い出す)」
樊氏「まぁ気を取り直して進めましょう。今後の戦略について子龍様、ご説明を」
趙雲「はい。今後は梓潼の鮑三娘軍との同盟を破棄してかの地を攻めるか、中原方面へと進出するかになりますが、
   どうも新野の黄月英軍が大喬軍に攻められていて危うい。また上庸の蔡氏軍もさっさと滅ぼしておきたいところでもあります」
樊氏「新野の攻防しだいでは鮑三娘軍との同盟はしばらく継続して、さきに中原方面へと進出する可能性もあるってことね」
趙雲「そうです。河北の蔡琰軍がかなり勢いづいております故、下手に中原を取られると厄介ですからな」
趙範「11都市統治で配下も30名以上に増えたから二方面への進出も可能かもね!」
趙雲「ですな。良将が集ってくれたので、戦闘自体はとても楽でした」
樊氏「当面の目標は献帝の擁立ね(私はどっちでもいいけど……)」

樊氏軍は「漢室重視」が多いので一応擁立の方向で行きたいと思う。
では、これにて第四回終了!


第五回 樊氏様が中原を突っ走るそうです

樊氏「この回はタイトル通り主要な部分だけ書いております」
趙雲「というより、のんびり派のプレイヤーには珍しく積極的に侵攻戦を行いましたな」
趙範「261年~266年秋の5年半の間に11都市に進撃したよ~」
趙雲「襄陽を攻略した後、秋までは戦後処理と内政・軍備を行っていました」
樊氏「さすがに将が30名超えると都市の復興も早いわね」


<261年10月1日~>

上庸の蔡氏軍の兵が2万弱と少なかったので、鮑三娘軍との同盟はしばらく維持することにし、先に上庸・新野を取ることに決定。
ただ上庸を取ると宛の貂蝉軍と接してしまうため、多めの部隊を出陣させる。
また新野攻略部隊として、水軍Sのメンバーを江陵へ待機させておいた。

上庸攻略部隊

趙雲+張任+董允 弩S8000
黄忠+霍弋 弩S8000
厳顔+趙範 弩S8000
樊氏+李恢+龐統 弩S10000
鄧艾+孫亮 投石S8000
姜維+鄧忠 槍S8000


<262年1月1日~>

上庸を攻略。杜預、龐徳、張嶷、馮習(騎神)を捕虜→登用へ。
その後、上庸に最低限の内政を行い、技巧「城壁強化」の研究を行う。
これで防衛戦が格段に楽になるはずだ。


<262年7月1日~>

新野~江夏間の隘路で大渋滞を起こしている黄月英軍vs大喬軍を横目に見つつ、江陵から孫堅を筆頭に水軍Sメンバーで出陣。

新野攻略部隊

孫堅 戟S8000
孫尚香+孫登 弩S8000
蒋欽+孫皎 弩S8000
朱然 弩S10000
甘寧 投石S8000

黄月英軍の野戦部隊は大喬軍におまかせしw、水上から投石を行う。城の耐久が下がったところで、殴って落とすつもり。


<262年11月1日~>

上庸を落とした途端、宛からやってきた貂蝉軍の董卓達との防衛戦を終了。返す刀で宛へ侵攻開始。

宛攻略部隊

趙雲+馮習+董允 騎S8000
姜維+曹純+典韋 騎S8000
龐徳+傅彤+蒯良 騎S8000
黄忠+霍弋 弩S8000
厳顔+趙範 弩S8000
樊氏+李恢+龐統 弩S10000
鄧艾+鄧忠 槍S8000
李厳+沙摩柯 戟S8000
張任+杜預+孫亮 投石S8000

背後の漢中は鮑三娘軍の領地なので攻められる心配はないから目一杯の兵を出陣させる。
攻城兵器を担当させるちょうどいい将がおらず「弓将」の張任に任せることに。
「弓将」としては厳顔よりも張任の方が能力は高いのだが、厳顔は黄忠と親愛なので支援攻撃が期待できるためあえてこの采配にした。

曹純(騎神 騎S)、馮習(騎神 騎A)の加入が大きい。
この2人は蔡氏軍にいる間に隠し特技の「騎神」を付与してもらっていた。
これはかなりいい人選だ~ありがとう! 蔡氏! もう滅亡したけど。

CSPKだとCOM側も特技のない将に特技を付けてくるのだが、どうも総合能力の高い順につけるらしく、能力の高い将達に「運搬」や「築城」が付いている事が多い。
後のほうに出てくる隠し特技はもったいないお化けがでるぞ! と言いたくなるくらい無駄な奴に無駄な特技が付いている。

……ちなみに前回の鮑三娘軍との攻防では黄皓と楊松に「勇将」が付いていたw
見た瞬間、その人選はわざとだろ、と呟いてしまった。

しかしたま~に今回のようにいい人選もあるので、侮れない。
特に「○神」系の特技は能力依存しないので、敵国の隠し特技も利用できるという利点はある。


<263年1月1日~>

新野攻略、黄月英軍滅亡。
登用枠に余裕があるので、一気に5人の将を捕虜→登用へ。
趙統、徐庶、婁圭、徐晃、顔良の5名。趙雲の息子、趙統は特技「築城」を貰っていたがこれは「補佐」に書き換える予定。
能力研究の「+5」各種は余っているので、趙雲の息子達は出来る限り強化してあげよう。


<263年3月1日~>

宛を攻略。目ぼしい将はいなかったので全員解放。
貂蝉軍は洛陽一国になったが兵はまだ10万近くいるので、すばやく宛の東西に城塞を建設する。貂蝉軍の将を詳しく見ると……! 法正がいる!
「パパ、洛陽を絶対に落とすためにがんばっちゃうぞ~!」……後にこれがフラグになろうとはorz
その後、もと黄月英軍だった劉封(槍将)と董厥(射程)が自主士官して来てくれた。

しばらくは宛の復興と蔡琰軍との同盟のための親善という名の土下座を開始。
また新野では汝南の卞氏軍との防衛戦を行っていた。しかしやっぱり城塞があると違うね~。

防衛戦を行っていたメンバーの内、以下の部隊を少しずつ前進させ汝南攻略を開始する。

汝南攻略部隊

甘寧+蒋欽 弩S8000
徐庶+孫尚香 弩S8000
顔良+孫亮+董厥 投石A8000

一見、部隊が少ないようだが、実は卞氏軍は洛陽の貂蝉軍や、濮陽の蔡琰軍に許昌を激しく攻められており、汝南にはほとんど将がいなかった。
気をつけるのは許褚くらいだが、脳筋だし統率力も高くないのでそう怖くもない。


<264年1月1日~>

汝南攻略。こちらも城にいた将はすべて解放。
同年、5月に蔡琰軍と同盟締結。
さらに、6月には永安で新しい将を2人迎えた。

趙雲「叔至殿!」
陳到「子龍殿!」
趙雲「貴殿が我が軍に来てくれたとは心強い」
陳到「うむ、子龍殿が軍師をしていると聞いて、微力ながら末席に加えさせていただいた。また一緒に戦えるかと思うと嬉しい限りだ」
趙雲「なにそれはこちらの台詞だ。これからよろしく頼む」
陳到「もちろんだとも」

陳到は将として平凡なのだが、趙雲との相互親愛があるので特技「補佐」を覚えてもらって息子2人とともに援護部隊を結成してもらう予定。
そしてもう1人は蜀の最後の名将・羅権を登用した。羅権は統率力が高く、弩と兵器適性がSという有能な将だ。

翌月、悲劇は起きた。

密偵「伝令! 鮑三娘軍の君主、鮑三娘殿が討死されました!」
一同「!!!」

鮑三娘軍は涼州の馬雲騄軍と漢中をめぐって激しい攻防を繰り返していたが、どうやら涼州の殺し屋こと馬兄妹のどちらかに轢き殺されたようだ……合掌。
国を継いだのは旦那の関索ではなく……郭汜。え? マジ? 相性が真逆の郭汜が継いだせいで、蜀四相のひとり蒋琬が下野した模様。

10年以上同盟国だった君主が討死するという悲報に動揺するなか、あの男がやってきた。


<264年7月1日~>

飛将到来!

洛陽の貂蝉軍、濮陽の蔡琰軍、許昌の卞氏軍とで長いこと争っていたが、どうやら貂蝉軍は許昌侵攻を諦め矛先を樊氏軍に向けてきたようだ。
その分、蔡琰軍が許昌に猛攻をかけており、卞氏軍は防戦一方になっている。卞氏軍の優れた将を蔡琰軍に取られるのは惜しいので、是非ともハイエナしたいところ。

また郭汜軍の漢中が馬雲騄軍に取られてしまったが、陽平関越しに郭汜軍の部隊が粘っているため、
馬雲騄軍の残りの兵が漢中に入ることができず、城内の兵数はわずか7000弱。これはこちらが取るほかないだろう。

とはいっても洛陽からこちらに向かっている貂蝉軍の数が半端ない。呂布隊(騎8000)と文聘隊(騎8000)の2部隊に5~6000の部隊が×10。
だが、すでに宛の西側は城塞と石壁で固め、石壁を挟んで連弩櫓、東側には城塞と城の北東に投石台、南東に軍楽台を建てておいたので守りは万全である。
高台にある城の2マス以内から乱射祭りといこう。

それに文聘隊には司馬懿がいるので計略は無効だろうが、呂布隊には知力補佐がおらず、樊氏様+李恢の擬似神算で十分抑えられる。
(隠し特技「神算」の研究もすでに完了しており、汝南にいる徐庶にはすでに取得させている)

思い切って許昌、漢中、宛の防衛と部隊を三方面へ分けることにした。
汝南は隣の寿春を大喬軍と蔡琰軍が激しく争っているが、どちらが支配しても問題ない。

汝南からの許昌攻略部隊

甘寧 戟S8000
徐庶+孫尚香 弩S8000
蒋欽+婁圭 弩S8000

さらに宛からの許昌攻略部隊

趙雲+馮習+董允 騎S8000
龐徳+傅彤+蒯良 騎S8000
徐晃+沙摩柯 戟S8000

漢中攻略部隊

姜維+曹純 騎S8000
鄧艾+鄧忠 槍S8000
朱然 弩A8000
典韋+孫亮 衝車A8000

ちなみに孫堅、劉封、趙統、顔良、董厥はいまだ許昌から攻めてくる卞氏軍と防衛戦中。
そして残った黄忠、厳顔、張任等の弩S達は宛の防衛に。杜預や孫桓、羅権、李厳も弩Sなので乱射部隊には困らない。樊氏様+李恢+龐統は計略&城塞修復係に。
また「運搬」持ちの孫皎には江州~永安~江陵~襄陽~宛と金と遊兵を運ばせていた。
今のところやることのない陳到は弩適性Aの修行と乱射で気力の減った兵の訓練を担当。


<264年10月1日~>

木獣でガリガリ城の耐久を削ってくれていた蔡琰軍にヒヤリとしたが、最後の一撃のみ趙雲が掻っ攫って、無事にハイエナ。許昌を陥落させ、卞氏軍滅亡。
途中、汝南からの部隊を迎撃しに来た文醜+SOSO様の部隊を壊滅させてSOSO様を捕虜にしていた。んで、許昌を落とした後に追放処置を取ったのだが……。

曹操「樊氏殿がこれほどまでに~なんたら」

と言って去っていった。いつも上目線なSOSO様からこの台詞を言われたのは初めてですよw この未亡人好きめ!w

卞氏軍から以下の4名を捕虜→登用に。

曹彰 疾走
司馬孚 (弓神)
文鴦 急襲
袁遺 指導

卞氏軍の隠し特技は「弓神」と「指導」が出ていたようで「指導」持ちが増殖していたのだが、
妙に義理の低い奴ばかりに付与していたので、本来の「指導」持ち袁遺のみ確保。
またCOMに「弓神」を貰っていた将の内、司馬孚のみを登用(郭嘉の息子、郭奕も「弓神」持ちになっていたw)
後は最強特技のひとつである「疾走」持ちの曹彰と趙雲と親愛のある文鴦をキープ。


<264年12月1日~>

漢中攻略。将はすべて解放。

陽平関はまだ馬雲騄軍所有になっているが、2マス先に軍楽台建設、関を挟んでの防衛戦開始。
また、領地を囲んでしまったので郭汜軍からいつ同盟破棄の使者が来てもおかしくない。
梓潼からの桟道出口に城塞と軍楽台、天水からの出口に連弩櫓を建設しておく。
漢中を陥落させた直後、在野になっていた蒋琬が自主士官。ありがたい。ちなみ登用枠は後2人分ある。

大都市・許昌は出来るだけガッツりと内政をし、漢中は最低限の内政施設+市場Lv.1+造幣施設を建設。それ以外にも兵の訓練に兵装の運搬にとやる事は山積みである。
技巧ポイントも9000ちょっと貯金できているので技巧研究もしたいし……。

なんか貂蝉軍からの侵攻が少なくってきた……と思ったら蔡琰軍にガチ攻めされておるがな!

これはイカンと思い、急いで洛陽攻略部隊を送ろうと思っていた矢先、

蒯越「心苦しいのですが本日をもって……」

と、郭汜軍から同盟破棄の使者が。いやまぁ相性も真逆の君主だし遅かれ早かれそうなるとは思っていたが。すでに漢中へ兵をだしてやがる!
成都には兵6万弱と兵装・騎馬も十分に用意してあり、将さえ移動すればいつでも出撃できるので、兵の少なくなった梓潼を背後から急襲することにした。

そのためまたしても将達を洛陽攻略、梓潼攻略、漢中防衛、さらに技巧研究の仕事に割り振ることになった。

まずは洛陽攻略部隊

甘寧+司馬孚+袁遺 弩A8000
孫尚香+孫登 弩S8000
蒋欽+蒋琬 弩S8000
顔良+董厥 投石A8000
鄧忠+婁圭 槍S8000

甘寧は特技的に弩適性をSに育てたいためこの編成にした。

そして董允、趙雲、徐晃は江州で技巧研究。雲梯→騎兵鍛錬→良馬産出→騎射と続けて研究。
趙雲達が「雲梯」を研究している間、樊氏様はまだ習得していない兵科の適性修行に。騎B→Aへ。
(ちょっとこの辺りのメモが不明でごっちゃになっていますが、騎馬適性はこの頃にAにしました)

樊氏様の修行が終了後、梓潼に向けて出陣。

梓潼攻略部隊

龐徳+傅彤 騎S8000
曹彰+曹純+趙範 騎S8000
徐庶+馮習+典韋 騎A8000
黄忠+霍弋 弩S8000
張任 弩S8000
樊氏+李恢+龐統 弩S10000

騎馬兵と弩兵のみの編成。
漢中の防衛は関や城塞越しに火矢or貫矢が打てればいいので、弩適性A以上の将達を配置した。
またこの頃「補佐」の研究も終わっていたので陳到と趙統には修行に出てもらう。

兵数が少ないとはいえ宛と隣接している長安には馬超がいるので、宛には孫堅と劉封を残しておいた。呉国太、孫亮、費禕、馬良は許昌の内政中。
あまりプレイ日記には登場しないが、プレイヤーが蜀将の中でも5本の指に入るくらい好きな馬忠と張嶷は手分けして益州と荊州の兵站維持を行っている。


<265年8月1日~>

同盟破棄が来たのは3月だったので、おおよそ5ヶ月で梓潼を陥落させた。郭汜軍滅亡。
徐庶の「神算」と樊氏様+李恢+龐統の「連環擬似神算」で知力チートのいない郭汜軍は敵じゃなかった。

関索 疾走
趙広 (微収)
諸葛喬 (運搬)

以上の3名を捕虜→登用に。やっと趙雲の息子2人が揃った。特技に「微収」を貰っていたが「補佐」に書き換える。
後もうひとりくらい「運搬」持ちが欲しいなぁと思っていたので諸葛喬をキープ。

梓潼側は良かったのだが……洛陽はあと一手間に合わず。゚(゚´Д`゚)゚。 
法正……頼むからこっちの方向へ流れてきてくれ!(ま、やっぱりこれがフラグで河北に流れてしまったんですけどね)
木獣3台でガリガリやられたらそりゃ城はもたんよねー。貂蝉軍滅亡。

しょうが無いなぁ……と思っていたら長安の城兵が9000ちょっとしかいない。
このままスゴスゴ宛に戻っても仕方ないので、急遽、長安を襲撃することにした。


<266年2月1日~>

長安攻略。献帝擁立。堅パパが喜んでくれましたよ。
元貂蝉軍にいた傅僉(猛者)と王平(沈着)、在野になっていた伊籍(眼力)と鄧芝(論客)が自主士官。もう一枠余っていたので許昌で在野になっていた呂虔(射手)を登用。

長安の内政だが、長安はすべての開発地を農場Lv.3と穀倉にすることにした。
成都の残りの兵と梓潼の兵をすべて漢中に運搬し、漢中から涼州へと進軍開始。

天水、安定、武威にはすでに15000程度の兵しか残っていない。各将達の配置を調整し、いざ!

天水攻略部隊

趙雲+関索+董允 騎S8000
徐庶+馮習+典韋 騎A8000
曹彰+曹純+趙範 騎S8000
龐徳+傅彤 騎S8000
黄忠+霍弋 弩S8000
張任 弩S8000
樊氏+李恢+龐統 弩S8000
鄧艾+鄧忠 槍S8000
徐晃+沙摩柯 戟S8000
孫堅+劉封 衝車A8000
趙広 輸送隊 残りの兵&兵装全部

15000しか兵のいない都市にたいしてオーバーキル気味の部隊数だが、このまま天水~安定~武威を一気に攻めるつもりなので、この陣容になった。

孫堅+劉封を兵器部隊にするとどちらの特技も死んでしまうが、劉封は兵器適性が実はAなので今回は衝車担当に。
(「工神」持ちの孫亮も羅権も長安の内政に従事していたため)


同年、3月下旬天水攻略。将はすべて解放。すぐに城内に入り訓練開始。
同年、5月に安定と武威に向けて同時出陣。

安定攻略部隊

趙雲+関索+董允 騎S8000
龐徳+傅彤 騎S8000
黄忠+霍弋 弩S8000
樊氏+李恢+龐統 弩S8000
徐晃+沙摩柯 戟S8000
趙広 弩A8000

武威攻略部隊

徐庶+馮習+典韋 騎A8000
曹彰+曹純+趙範 騎S8000
孫堅+劉封 衝車A8000
鄧艾+鄧忠 槍S8000
張任 弩S8000


<266年7月1日~>

安定攻略。翌月には武威も攻略し、馬雲騄軍滅亡。

馬雲騄 騎将
馬超 騎神
張翼 親蛮
馬謖 百出

以上の4名のみキープし、残りの登用枠はじっくりと考える予定。


第六回 樊氏様が新たな縛りを追加するそうです

樊氏「プレイヤーってどM?」
趙雲「ご、ごほん。樊氏様、そのような下品な言葉は控えてください……」
趙範「でも1城×3名縛りとはいえ良将が揃っちゃったのと隠し特技で神算がでちゃったから戦闘が楽になりすぎたらしいんだって」
樊氏「……で、どんな縛りを追加するのかしら?」
趙雲「もともと知力90以上は解放という縛りにしていましたが、それに付け加えて今後、統率80以上、武力90以上も解放を付け加えるらしいです」
樊氏「つまり、統率と武力に関しては子龍様未満であれば登用できたラインを統率80未満、武力90未満に下げるということね?」
趙範「そういうことみたいだよ。後、桃園三義兄弟、断金ブラザーズ+嫁も解放だって」
趙雲「実はまだ張飛殿は永安で未発見のままです。ですので、いったん張飛殿を登用したあと蔡琰軍との国境付近で追放します。
   蔡琰軍には劉備様がいますから流れていけば無事登用されるはずです」

というわけで、新たな縛りを追加(?)します。

9)統率80以上、武力90以上は解放。桃園三義兄弟、断金ブラザーズ+嫁も解放。

ただし、馬雲騄軍を滅亡させた直後の登用画面で馬超は一発登用でした(武力99 ギリギリ!>趙雲は「雲梯」研究後に武力100に成長しています)

馬超「貴方こそ真の君主……光を~なんたら」

って、なんだその一目惚れっぽい台詞はwと笑ってしまいました。そのため馬超まではおkとすることにして、張郃は解放しました。

また馬岱は解放後自主士官してくれたので、統率が80以上ありますが彼まではおkということにします。
それ以外は父ちゃんの馬騰と義兄弟の韓遂、郝昭、郭淮といった名将も解放しました。
武力も80以上は解放にしようかと考えたのですが、そこまでM仕様にするのも自分的に嫌なのでw

知力チートの指定武将の内、龐統、姜維、徐庶は無事自軍に迎えることができましたが、残りの法正は河北に、賈詡は徐氏軍にいます。登用はいつになることやら……。

ここからは少し現在の他国の状況説明と、自軍の将の紹介等をやりたいと思います。

266年8月1日現在の大陸
左側から 紫=樊氏軍 臙脂=蔡琰軍 水色=大喬軍 卵色=徐氏軍


各国の詳細
君主 軍師 都市数 総武将数 兵士数 統率TOP3 武力TOP3 知力TOP3 技巧研究 隠し特技
樊氏 趙雲 22 64 22万 趙雲(99) 趙雲・黄忠(100) 龐統(100) 強弩 掎角、工神
鄧艾(96) 馬超(99) 徐庶(95) 騎射、雲梯、投石開発 鬼謀、神算
孫堅(94) 甘寧(98) 趙雲(92) 城壁強化、木牛流馬 護衛
蔡琰 郭嘉 13 212 63万 曹操・関羽(96) 関羽(98) 諸葛亮・郭嘉(100) 精鋭槍兵、大盾 水神、疾走
諸葛亮(92) 文醜・許褚(96) 荀攸・荀彧(96) 精鋭騎兵、雲梯、投石開発 神将、鬼謀
夏侯惇(90) 太史慈(95) 法正(95) 施設強化、木獣開発
大喬 周瑜 4 103 15万 周瑜(97) 張遼(94) 周瑜(98) 槍兵鍛錬、大盾、応射 掎角
張遼(94) 孫策(93) 呂蒙(94) 騎兵鍛錬、雲梯、車軸強化 工神、反計
孫策(93) 魏延(93) 魯粛(93) 工兵育成、木牛流馬 仁政、風水
徐氏 陸遜 3 70 15万 陸遜(97) 武安国(84) 賈詡(98) 精鋭槍兵、戟兵鍛錬、応射 闘神、水神
陸抗(92) 徐盛(83) 陸遜(97) 騎兵鍛錬、熟練兵、車軸強化 猛者
徐盛(88) 陸遜(81) 陸抗(89) 木獣開発 踏破、指導

圧倒的に蔡琰軍が人材の量・質共に強いです。大喬軍は文武のバランス良し。
徐氏軍は知力チートの賈詡と陸遜がいるものの、武力の最高値が武安国の(84)……。これは厳しい。

樊氏様&趙雲親子&愛$趙範の成長
名前 統率 武力 知力 政治 魅力 特技 備考
樊氏 23 23 79 70 95 A A A A A A →深謀 知(中)1、魅(中)1、魅(高)3使用。兵科適性はオールAに修行済み。
趙雲 99 100 92 65 81 S B S S B B 統(高)1、知(中)1、知(高)2使用。戟、兵器、水軍適性をAにする予定。
趙統 73 80 70 54 68 A C A A A C →補佐 統(中)1、武(中)2、知(低)2、魅(低)2使用。弩適性Aへ。
趙広 72 80 53 53 67 B B A A A C →補佐 統(中)1、武(中)1、魅(低)1使用。武力は76まで育っていた。弩適性Aへ。
趙範 29 24 32 58 56 C C B B C C →明鏡 「明鏡」を取得してからは主に黄忠・厳顔の副将。弩適性は経験値で育った。

他に鄧忠に武(高)1使用、徐庶に武(低)1使用と特技「神算」、李恢に知(高)1使用、羅権に特技「工神」、陳到に特技「補佐」と弩適性Aを習得させています。
今後しばらくは残った能力+5や特技を他の将達にも与え、全体の底上げをする予定。また樊氏様と孫尚香と馬雲騄で義姉妹の誓いをたてようかなと思います。

襄陽以降新規に加入した将達 ※()つきはCOMが覚えさせた特技。→つきはプレイヤーが覚えさせた特技。

都市 名前 特技 備考
襄陽 蒯良 待伏
杜預 昂揚 杜預には「工神」を覚えさせようか思案中。
馮習 (騎神)
上庸 龐徳 白馬
張嶷 踏破
趙統 →補佐
新野 婁圭 築城
徐庶 →神算
顔良 威風
徐晃 沈着
董厥 (射程)
劉封 槍将
汝南 陳到 →補佐
羅権 →工神
曹彰 疾走
許昌 司馬孚 (弓神)
文鴦 急襲
袁遺 指導
漢中 蒋琬 明鏡
関索 疾走
趙広 →補佐
梓潼 諸葛喬 (運搬)
呂虔 射手
伊籍 眼力 「射程」or「築城」を覚えさせようかと。
長安 王平 沈着
鄧芝 論客
傅僉 猛者
天水 馬雲騄 騎将
馬超 騎神
張翼 親蛮
安定 馬岱 沈着
馬謖 百出
閻圃 米道 気がついたら長安にいた。都市にぴったりの特技持ちなので登用。
武威 ── ──
── ──
── ──


第七回 樊氏様が仲人や義姉上や皇帝になったそうです

徐晃「樊氏様、此度はこのような良縁を紹介していただきありがとうございます。花鬘殿、今後はよろしく頼む」
花鬘「こちらこそ、よろしく」
趙範「似合いの夫婦だよ~(特技的に)おめでとう!」
趙雲「お二方とも、おめでとうございます。お似合いですぞ(特技的に)」
樊氏「今後はふたり力をあわせて私の天下統一を助けてくださいね」
徐晃「心得ております。一層、我が君のために忠義を尽くしましょう」
花鬘「戦は任せて!」

登用枠も余ってたし、誰か登用しようかな~と思って顔グラの好きな花鬘を登用。花鬘、可愛いよ。
というか徐晃の副将に適当な将がおらんかったんで、花鬘がいいかな~と(他には閻行と曹植を登用した)
李厳でもいいのだが、彼は単騎で弩、戟兵のどちらもこなせる将だから副将にするのはもったいない。

結婚祝いというわけではないが、徐晃の特技を「沈着」→「明鏡」へver.UP。ついでに霍弋も「明鏡」へ。

馬雲騄軍を滅ぼした後、将の再配置を行って、許昌と宛、襄陽と江陵で軍備を整える。
また樊氏様+董允+黄忠と弩適性S+Aのメンバーは江陵で六角形に組んだ土塁に向かって乱射をしまくり、弩適性の修行と技巧Pを稼ぐ。

266年の冬以降、ほぼこんな感じで軍備の充実と能力研究の修行と土塁乱射のターンを過ごしていた。
269年春に樊氏様の弩適性がSになったので、袁遺+趙雲+馬超で「精鋭弩兵」を研究この研究後、趙雲の統率が100に成長。

長安に4万、宛と江陵に10万、襄陽と許昌に15万の兵と各都市の兵数に見合った兵装を準備し終えたのが269年の冬だった。
その後、樊氏様、馬雲騄、孫尚香で義姉妹の誓いを立てる。

馬雲騄「頼もしい義姉妹が出来て幸せです。今後ともよしなに」
孫尚香「私達がいれば勝てない戦なんてないわよ!」
樊氏 「ええ……ふたりともよろしくね。──雲騄さん」
馬雲騄「どうかしました? 義姉上」
樊氏 「あの……子龍様とは……その……婚儀とか……」
馬雲騄「(親愛設定を気になさっているのかしら?)さしたる功もないのに婚儀だなんてとんでもありませんわ。
    まずは義姉上の天下統一です。それに『反三国志』の設定なら気になさらないで下さいませ」
孫尚香「かな~りトンデモ本だしね。気にしない方向でいいんじゃない?」

ちなみに新規に登用した将は功績をすべて0にしている。新入りが古参の功績を上回るのが嫌なのだ。


<270年1月1日~>

大喬軍に同盟破棄の使者を送り出し、満を持して樊氏軍は江東制圧に向かった。

第一陣

樊氏+馬雲騄+袁遺 騎S15000
趙雲+関索+馮習 騎S10000
曹彰+馬超+朱然 騎S10000
黄忠+孫登+曹植 弩S10000
趙統+蒋欽+霍弋 弩S10000
孫尚香+趙範 弩S10000
趙広+杜預+呂虔 弩S8000
陳到+孫桓+董允 弩S7000
甘寧+董厥+孫亮 投石S10000
孫権+劉封 槍S10000

第二陣

徐庶+龐統+馬謖 槍S8000
徐晃+花鬘+傅僉 戟S10000
厳顔+蒋琬 弩S7000
張任+蒯良 弩S7000
馬岱+曹純 騎S9000
姜維+文鴦+沙摩柯 騎S9000
龐徳+傅彤+婁圭 騎S10000

まずは二手に別れ、江夏と柴桑を落とす。どちらも水上から投石を打てるので陥落させることは難しくない。
4月に両都市を陥落させると、一気に廬江まで攻める。同年7月に廬江陥落。大喬軍滅亡。

どーんと9人の将を登用する。

大喬軍滅亡時にすぐに登用に応じてくれた、関平と張苞。
後から登用したのは、李典と王基(特技的にはもう十分だったのだが、知力80になっていたので登用)
その後自主仕官で霍峻、陳式、糜竺、尹賞(風水)が加わった。
張苞に登用に行かせようとしていた矢先に関興も自主仕官で樊氏軍入り。

……ここでウッカリミス。統率80以上は登用しない縛りを追加したのを忘れて、霍峻の自主仕官をおkしてしまったorz スンマセン。
彼には後方の巡察のみやってもらうことにするんで許して下さい。かなり後になって気がついてしまったので、そのまま樊氏軍に所属させています(息子の霍弋もいるし)

兵を廬江と柴桑に分けて入城させ、訓練と兵糧の補充を行った後、すぐさま虎林港を目指す。

樊氏+馬雲騄+袁遺 騎S11000
趙雲+関索+馮習 騎S10000
龐徳+傅彤+婁圭 騎S10000
徐庶+龐統+馬謖 騎A8000
徐晃+花鬘+傅僉 戟S12000
鄧艾+鄧忠 槍S10000
王平+顔良+孫皎 弩S8000
陳到+李恢 弩S10000
張任+孫桓 弩S10000
黄忠+蒋琬 弩S10000
厳顔+孫登 弩S10000
典韋+羅権+陳式 投S9000

虎林港から上陸し、二手に分かれる。が、この時(も)ちょっとした判断ミスをしてしまった。
会稽と建業を攻めて呉を挟み撃ちにするか? それとも会稽と呉を同時に攻め後方を安全にした後に建業に攻め上がるか?

蔡琰軍もすでに建業に向けて兵を出陣させている。どちらにするか迷ったが、建業はまだ兵数的にすぐに陥落するほどではなかったので、後方安全策を取ることに。

建業に向かってきている蔡琰軍は呂布&呂玲綺親子とか公孫賛とか水軍Cばかりだし。まー、大丈夫だろうと。……やっぱりこれがフラグになったのだがorz


<270年11月1日~>

会稽陥落。その後、献帝から呼び出され禅譲イベントが起きる。

樊氏「……皇帝になっちゃったわ」
趙雲「おめでとうございます」
樊氏「ううん……ありがとう、なのかしら?」
趙雲「あまり喜ばしくないようですな」
樊氏「もともと皇帝を目指していたわけではないしね。……再婚相手を見つけるつもりだっただけだもの」
趙雲「そのような事をおっしゃっては……」
樊氏「あ、でも国を平和にしようとは思っているわよ。民から兵装や兵糧を差し入れてもらったし、義勇軍に来てくれた人達もいた。
   そういう想いを無にはしたくないわ──再婚はそれからかしらね」
趙雲「……樊氏様は」
樊氏「なにかしら?」
趙雲「立派な君主になられた。其が考えた以上、いえ想像を遥かに超えて」
樊氏「……ありがとう。子龍様にそう言ってもらえるのが一番嬉しいわ」
趙雲「世辞ではなく、本当のことですぞ」

~~(扉の外)~~

趙統(あれなんか……)
趙広(父上、やるね!)
趙範(ほほ、いい雰囲気じゃない~ 樊氏様がんばれよ~!)

国名は「夏」。女性君主の国っぽく「殷」の文字を使いたかったのだが、残念ながらCSPKは好きな漢字を国名に選べない。
樊氏様は顔グラが避暑地の女性っぽいのでこの国名にした。


<271年1月1日~>

一応、呉を攻撃しながらも建業の兵数をチェックしていた。
蔡琰軍の水軍適性の低さからか、あまり兵数は減っていない。呉を落としてからでも十分間に合う……はずだった。

ごーん、という音とともにテロップが流れる「蔡琰軍が建業を陥落させry」……(;・∀・) ナン! (; ∀・)・ デス!! (; ∀ )・・ トー!!!

慌てて建業周辺の蔡琰軍を調べてみると、韓当が! 河北で珍しい水軍Sが! アンタかーーー!!
どうも後詰めでやってきた韓当が、建業北の水上から投石で攻撃し陥落させたようだった。ああーーー! 面倒臭いことになったがなーーー!

急いで呉に総攻撃を仕掛け陥落させる。徐氏軍滅亡。

というか、残り二勢力になると自動的に同盟が破棄されるイベントが起きる。
それも想定して廬江は軍備を整えていたのでなんとかなるのだが、建業を取られてしまっては相当メンドイ。

その後、呉と会稽の内政はすっ飛ばして訓練と兵糧補充。速攻で建業に攻め入る。
同年6月に建業を陥落させ、大陸は蔡琰軍と樊氏軍に二分された。

色々と判断ミスから予定が狂ってしまった江東平定戦だったが、嬉しいこともある。プレイヤーが魏将で一番好きな軍師・賈詡をようやく登用できたのだ。

三国志に登場する軍師といえばまっさき思い浮かぶのは賈詡である。
あのSOSO様に直接対決でバカ勝ちしたのは賈詡と周瑜だけだし、さらに本当にまったくもって自軍が不利な状況から勝利したのは賈詡だけだ(とプレイヤーを思っている)
カッコ良いな~。賈詡。計略成功時の「お手並み拝見と行こうか」って台詞が似合いすぐるw
少々ズルい気もするが賈詡の特技を「反計」→「神算」に。また長沙の下にある遺跡候補地で廟を発見したので、孫桓の特技を「鉄壁」→「射手」に変更。

江東平定後新規に加入した将達 ※()つきはCOMが覚えさせた特技。→つきはプレイヤーが覚えさせた特技。

都市 名前 特技 備考
江夏 霍峻 不屈 プレイヤーのミスにより自主仕官。
陳式 →射程 自主仕官。兵器適性Aなので。
関平 補佐 所属勢力滅亡後に一発登用。
柴桑 張苞 掃討 所属勢力滅亡後に一発登用。
関興 昂揚 自主仕官。
李典 射程 魏将で好き&能力が高いので登用。
廬江 王基 槍将 知力が80になっていたので。
糜竺 富豪 自主仕官。
尹賞 (風水) 自主仕官。特技が良い。
会稽 賈詡 →神算 三国志登場の軍師で一番好きなので。
虞翻 風水 特技が良くて知力も高いので。
呉綱 (闘神) 特技目当て。
張紘 築城 主に騎馬隊の知力補佐に。
呉彦 造船 知力が85まで育っていたので。
孫静 (水神) 水軍適性を鍛える時のお供に。
建業 周昕 風水 主に江東の兵站維持を。
張昭 (闘神) 張苞や関興の副将として。
諸葛瑾 論客 蒋欽の知力補佐に。

普通ならここまでくれば後は作業ゲーである。だいたいどんな弱小勢力で始めても同じだ。
だが「1城×3名」縛りの恐ろしいところは支配都市が増えれば増えるほど、こちら側が不利になるのである。本当にきっつい戦いはむしろこれからだった……。

益州と荊南を治めていた当時は後方都市の兵站維持を馬忠と張嶷のふたりに任せておけば十分に間に合ったのだが、さすがに28都市になるともう2人ではおっつかない。
また支配都市が増えれば疫病や蝗災害が起きる可能性も高まるので、その分の余剰人員も必要だし、2~3箇所での防衛戦を行いながら軍備も整えなければならない。

樊氏軍が君主の樊氏様を入れて85名なの対し、蔡琰軍はその3倍近い250名弱。そしてその中には呂布と関羽と周瑜と陸遜と諸葛亮とSOSO様がいるのである。
幸いSOSO様と対戦したのは防衛戦中に一度だけだったが、副将に周瑜や孔明をつけた呂布や関羽なんて欠点がなさ過ぎてどうしようかと思ったw

271年6月に江東平定してから次に出陣するまでおおよそ3年の間、許昌~陳留と廬江~寿春での防衛戦を行うことになる。
許昌には洛陽からも兵を送られ、時には建業や呉を下邳から狙われたりしつつも、主にこの2箇所での防衛戦がメインとなった。



第八回 樊氏様が河北の地に上陸するそうです

に続きます。

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。




ご意見、コメント等ありましたらこちらにお願い致します。

  • 王異は天水の在野確保して漢中に逃げれば☆2ぐらいまで減りますね(私のプレイの感想) -- 名無しさん (2011-05-07 16:21:43)
  • 空白地と在野だらけだから、難易度は有って無いような物。てか、仮想シナリオの難易度設定適当過ぎるしw -- 名無しさん (2011-05-07 18:39:17)
  • 2↑の方>そうなのですか~。王異はまだプレイしたことがないですが、漢中を取れるのはいいですね。 ↑の方>特に縛りを設けないなら樊氏軍は空白国・在野が取り放題なので☆1といっても過言ではないですね -- プレイヤー (2011-05-07 19:33:11)
  • 編集中だったせいか書いてくださったコメントが消えてしまいました。申し訳ありません。気が向いたらまた書いてください。 -- プレイヤー (2011-05-07 23:04:36)
  • 張嶷と馬忠好きですか。ここからは僕の予想ですが、張翼も好きで登用したんじゃないんですか? -- 名無しさん (2011-05-08 08:09:42)
  • ↑この3人渋いからねえ。結構好きな人いると思う。 -- 名無しさん (2011-05-08 09:12:30)
  • 2↑の方>張翼も好きですね。すでに登用している霍弋とかも蜀将の中で好きな将です。 -- プレイヤー (2011-05-11 16:15:30)
  • 当たったwww -- ↑×3 (2011-05-11 18:45:54)
  • 日記だけ読んでると、将や軍備が縛りプレイとは思えない充実度ですごいと毎回思っていますが、やっぱり後方都市がネックになるんですね -- 名無しさん (2011-05-13 21:11:33)
  • この調子で頑張れ! -- 名無しさん (2011-05-13 21:42:26)
  • 闘神持ちの張昭ってw性格だけなら闘神でもいいかもしれんが・・・w -- 名無しさん (2011-05-13 22:16:37)
  • 張昭に槍神ついてた時はワロタ -- 名無しさん (2011-05-13 22:21:58)
  • 昔プレイした時に覇王の劉禅が居たな・・・ -- 名無しさん (2011-05-20 23:11:38)
  • 5↑の方>後方都市の治安維持が一番大変でした。 4↑の方>ありがとうございます。もう少しで統一なのでがんばります。 3↑&2↑の方>最初はワロタ状態だったのですが、意外にも使い勝手が良かったですw ↑の方>覇王は能力を問いませんからありといえばありですがw -- プレイヤー (2011-06-07 15:31:10)
  • 細かい事ですまないが、羅「憲」だと思うんだ。 -- 名無しさん (2011-10-22 00:04:13)
名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.