忙牙長 > コメント

  • 我らが南蛮王の副将、ボウガチョン
    戟適正が有り余っている南蛮軍の中で槍適正Aは結構貴重だ。
    他の槍A持ちは適正や特技の関係で他兵科を率いることが多くなるのでガチョンが槍専門になるはずだ。
    といってもこの統率ではどうしょうもないので朱褒あたりの副将にでもどうぞ -- (名無しさん) 2011-06-01 20:42:33
  • ↑そのふりで大王の副将にって話じゃないのか。
    孟獲で乱突ハメを狙う時はお供に。 -- (名無しさん) 2011-06-01 21:56:13
  • 彼もだが孟獲の配下ってS7だとほとんど開始年に没年を迎える。(不自然死だが)
    孔明の南蛮征伐で死んだ設定になってるので当然だが、寿命には注意。 -- (名無しさん) 2011-06-03 11:58:51
  • その統率、袁術を超え
    その武力、程普に比肩し
    その知力、兀突骨の倍
    その政治、胡車児に比肩し
    その魅力、何晏を超える

    槍を扱うこと、呂布の如く戟を奮うこと、文鴦の如く
    弩を射ること、華雄の如く
    馬を捌くこと、許チョの如く
    兵器操ること、太史慈の如く
    水を走ること、魏延の如く
    如何なる特技も覚える度量

    僅か3か月と10日で市場を建て、農場を開墾する腕前
    誰からも恨まれることなき人柄
    時節を好み、時に大喝し、時に逆上す


    真のつわものの名、それは忙牙長

    -- (名無しさん) 2011-06-04 12:53:29
  • ↑長いわ!
    つまり特徴が特にない脳筋武将でおk? -- (名無しさん) 2011-06-04 12:57:39
  • ↑×2みたいな書き方されると忙牙長が古今の名将みたいだw
    実際にはただの脳筋なのに…
    槍Aだから孟獲の副将候補だけど。 -- (名無しさん) 2011-06-04 13:00:53
  • コピペ -- (↑×3) 2011-06-04 13:07:22
  • ↑×4「弩を射ること、華雄の如く」「兵器操ること、太史慈の如く」etcって適正Cの連中引き合いに出されても…
    「僅か3か月と10日で市場を建て、農場を開墾する腕前」って、それは劉禅でも李傕でも一緒だろうがw
    …って真面目にツッコむほうが間違ってるのか? -- (名無しさん) 2011-06-04 19:36:03
  • ネタにマジレスはきもい
    でも祝融のところにも書いてるアホだからそっちの方面でツッコめ -- (名無しさん) 2011-06-04 20:35:57
  • 武力79&槍Aとそれなりに戦力になる男だが実は総合力ワーストランキング13位のツワモノ -- (名無しさん) 2012-01-31 12:20:07
  • 孟獲もアホな事書いてるヤツがおるぞ(笑) -- (李鵠葉) 2012-04-09 01:25:11
  • 魅力9?なんで? -- (名無しさん) 2012-08-10 20:09:27
  • 何をしたわけでないのに張ガイ厳政レベルの魅力とはかわいそう。槍適性がAなので特技に護衛でも付けて孟獲の副将が良い気がする -- (名無し) 2013-01-23 15:17:07
  • 弩兵BかAは積極的に与えてやってもいい人。 -- (名無しさん) 2013-01-23 16:16:01
  • 武力以外のあまりのダメっぷりは、反董卓連合軍のかませ犬連中を彷彿させるが、知力・政治・魅力の合計値の低さは連中を軽く凌駕。おまけに統率もかませ犬の中ではワースト。
    南蛮のかませ犬は格が違った。 -- (名無しさん) 2013-05-26 08:03:07

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.