プレイ日記 > 反董卓連合 > 馬騰 > 上級 > 馬騰騎馬隊漢室復興記3

基本設定PSPK
上級/討死無し/妖術、落雷無し/能力変動無し/いにしえ、追加武将有り

縛りルール
登用できるのは漢室が普通、重視の将のみ。/処断できるのは基本漢室無視の将のみ。
使用兵装は騎兵のみ。

プレイ年数205年5月1日からの新縛りルール
漢室普通、重視の敵将の扱い
捕まえるごとの捕虜期間は90日間としてそれ以上になる場合は解放。
漢室普通の敵将の扱い
統率、武力、知力の何れかが85以上ある武将は
最初の1回目の登用に応じなかった場合は次に捕虜に出来るまでは登用不可
所属勢力が滅びた場合は何時でも何度でも登用可能

第8章


214年董允成人
曹操軍
都市数13武将数122兵数586364
都市数の割りに武将数はまだまだ多い知では諸葛亮、司馬懿、曹操がおり武では関羽、甘寧、夏候一族と挙げたら切りなし
孫権軍
都市数3武将数23兵数265103
何処とも戦えないので武将数は増えないし減らない。まあ、曹操を滅ぼしたら一気に叩き潰してあげます。
馬騰軍
都市数26武将数159兵数971560
軍備増強中問題は廬江。騎兵には北東ルートから攻められるとかなりきつい。+戟兵が来ると通常攻撃がガンガン無効化される。
急ぎ小沛、僕陽の攻略の部隊を用意せねば。

7月停戦終了
曹操軍が動きだす。晋陽からギョウへ関羽、李勣、呂玲綺、諸葛亮、王剪が平原から曹仁木獣が進攻してくる
21日には建業より廬江へ許緒、徐晃、関索、張コウ、管仲らが小沛から文ペイ、曹洪、楽進らが進攻してくる。
全部で27部隊が進軍する壮観壮観。
こちらも負けずに攻略作戦開始する
同月11日洛陽より僕陽攻略部隊出陣
馬騰(連戦)+楊儀()18000
ホウ徳(白馬)+王異(怒髪)+陳震(心攻)18000
馬休(長駆)+潘ショウ(捕縛)+凌操(連戦)17000
ウッ遅恭(槍神)+鐘ヨウ(能史)16000
秦瓊(金剛)+張繍(騎将)+董允(指導)16000
馬鉄(補佐)+韓信(強行)+傅トウ(連戦)15000
計100000対する僕陽59681
同月21日許昌から小沛へ
張遼(威風)+石蹈(規律)+孫礼(猛者)18000
厳顔(弓将)+張既(親羌)16000
黄忠(弓神)+法正(心攻)+徐氏(跪計)14000
関平(補佐)+廖化(血路)+王甫(明鏡)12000
黄権(神算)+崔州平(指導)+趙累(補佐)12000
徐庶(深謀)9000
張虎()+関寧(発明)8000
計89000対する小沛は18000だが廬江へ出撃した部隊が戻ってくる可能性があるため油断できない。

11月攻防戦はつづくなか
鄭成功「すまない義兄弟咲きに逝く義兄弟はゆっくりと来いよ。」
岳飛「ああ、」
陳慶之「天下が定まったらまた会おう。」
廬江防衛部隊の一角鄭成功が死ぬ。副将をつけていなかったため兵力としてもかなりの痛手
ただ、建業からの部隊はほぼ片付いていたのがせめてもの救い。
小沛からの曹操軍は廬江へ手が出せる位置まで押し上げているため急がねば。
同月21日僕陽より先に小沛攻略。都市の兵数が少なかったこともあり楽勝でした。
捕らえた将は夏候恩だけというショッパイ結果に忠誠度も下がらなかったため後に解放。

215年朱異、張緝成人
曹操軍
都市数12武将数120兵数412956
都市としては昨年は小沛を失っただけだが僕陽防衛戦。建業、小沛からの廬江攻略戦。晋陽、平原からのギョウ攻略戦で多くの兵の損失を出したため60万近い兵数が40万にまで減ってしまったという状況。
馬騰軍
都市数26武将数159兵数1118608
遂に兵数100万越え。廬江攻防戦は賈クの連環に副将に李灰の機略で撹乱、劉曄偽報でなんとか北東からの敵の進軍を押し留め楽毅の心攻で敵部隊の兵数を減らす作戦が今のところ巧くいっている状況南の建業からの部隊は撃破でき、小沛は陥落したのでなんとか守りきれそう。
孫権軍割愛

1月
いきなり孫権軍に朱異を登用される。1ターンもいなかったんですけど‥‥
在野の王坑獲得。

同月21日僕陽攻略成功。
曹丕を捕らえたので処断。他は捕虜に
かなりきつい戦いだった南からの陸ルートで都市に攻め混んだのが失策だった周辺が森なのと道幅が狭いため
なかなか進軍できない、都市包囲中に北東の港から二万の増援が都市に入城。曹彰騎兵隊等が出撃馬休隊を曹彰が疾走で混乱させ
于禁などの攻撃で馬休隊を全滅させられる。こちらは僕陽包囲で上手く援護できないためほぼ馬休隊は見殺しのようになってしまいました。後、先ずは、都市からと僕陽を陥落させ曹彰部隊を包囲せん滅他の曹操軍の部隊は黄河へと退却していきました。
僕陽の戦い終わって見れば兵力は10万いたのが残兵35000と辛勝。ただ、その分多少は戦果もありトウ芝、関沢らを獲得できました。
3月梓潼の在野高翔を、廬江防衛戦で捕虜にした呂岱を獲得。
廬江攻防戦は大分落ち着いた状態になりつつあるしかし、
今度は、小沛に夏候淵、呂玲綺の弩兵等が接近中張遼らは次の攻略戦のために許昌へ移動したため戦力不足は否めない。

4月21日許昌から下ヒ攻略作戦開始
張遼(威風)+石蹈(規律)18000
厳顔(弓将)+張既(親羌)+徐氏(跪計)16000
黄忠(弓神)+法正(心攻)14000
関平(補佐)+王甫(明鏡)12000
黄権(神算)+崔州平(指導)12000
徐庶(深謀)+趙累(補佐)9000
張虎()+関寧(発明)8000
計89000。小沛に来襲の曹操軍を撃破して下ヒへと目指す。
5月
襄陽の在野向チョウ獲得。金剛もちの中堅統率の高い部隊の副将にしようかな
廬江攻防戦
建業より関索騎兵が北東の港から上陸。危険極まりないので偽報で帰っていただく。その他は
徐晃、張コウの部隊が建業よりやって来ているが何故か水軍適性Cのくせに長江から上陸しようとせず。
周泰、岳飛ら水軍適性の高い部隊を編成して闘艦に乗せ迎撃に向かわせる。
小沛防衛戦
夏候淵弩兵、呂玲綺、劉封木獣が都市を包囲また、下ヒより騎兵隊が出撃している。
呉懿、カク昭、閻行の3部隊で迎撃。曹操軍は小沛への攻撃で迎撃部隊は無視。都市耐久をガンガン削る。不味し‥‥

7月
小沛防衛戦
都市耐久5200から1038まで減らされながら許昌からの部隊も間に合い何とか迎撃成功。
その際に捕虜にした劉封、糜竺が登用に応じてくれる。
ギョウ防衛戦なな
晋陽、平原からの西から東からの曹操軍の進軍が非常に煩い特に西からは南に開発地があるため早い段階で迎撃部隊を派遣しなければならない。早く平原か晋陽を落とさねばと考えていた時に張昭を捕らえる。なんと登用成功。珍しい。
10月21日下ヒ攻略成功
孫カン、雷薄処断。他は登用応じてくれなかったので捕虜に。
廬江攻防戦
敵部隊を押し返しそのまま建業へ闘艦で投石の長距離攻撃で建業を攻略してしまいました。
残念ながら長距離攻撃なので武将は1人も捕獲できず。

216年
曹操軍
都市数9武将数107兵数254743
武将数はいまだに3桁ながら兵数は孫権軍に負けている。
馬騰軍
都市数30武将数172兵数1170323
ついに都市数30大都市は全て治めた後は進軍あるのみ?

1月在野で王平登用。
ゲーム最終版ながら沈着持ちなので副将としてついてもらおう。
同月21日洛陽から晋陽攻略作戦開始
馬騰(連戦)+楊儀()18000
ホウ徳(白馬)+王異(怒髪)+凌操(連戦)18000
馬休(長駆)+向チョウ(金剛)+夏侯氏(明鏡)17000
馬鉄(補佐)+韓信(強行)+董允(指導)16000
ウッ遅恭(槍神)+潘ショウ(捕縛)+王坑(金剛)16000
秦瓊(金剛)+傅トウ(連戦)+陳震(心攻)15000
計100000で出撃
下ヒの捕虜全員解放。
5月
晋陽攻略部隊が晋陽に接近曹操軍の迎撃部隊が出撃する。張飛、関興、夏候淵
しかも夏候淵部隊の副将に諸葛亮と面倒な部隊が出撃してきたものです。

5月21日陳留から北海攻略作戦開始
張遼(威風)+石蹈(規律)18000
厳顔(弓将)+張既(親羌)劉封(槍将)15000
黄忠(弓神)+法正(心攻)14000
関平(補佐)+王甫(明鏡)+趙累(補佐)13000
黄権(神算)+崔州平(指導)12000
張虎(覇王)+蒋エン(明鏡)11000
徐庶(深謀)+徐氏(跪計)9000
計92000で出撃

8月1日晋陽攻略成功
郭媛、申儀処断。夏候淵、韓浩、諸葛瑾らは捕虜に。
諸葛瑾は来年諸葛恪が成人するので出来れば登用したいのですが‥‥
同月21日晋陽で捕らえた将関羽の次男(長男?)関興獲得。北海が攻略したら張遼、関平のいる北海へ移動させましょうかね。
9月
晋陽捕虜の李通登用。彼も張遼のもとへいってもらいましょうかね。
同月11日ギョウから平原攻略作戦開始
馬超(騎神)+楊大眼(疾走)+張南(明鏡)18000
馬岱(補佐)+王平(沈着)+諸葛均(連戦)17000
趙雲(洞察)+霍峻(金剛)15000
馬雲リョク(騎将)+黄月英(心攻)14000
馬忠(踏破)12000
張嶷(踏破)11000
張翼(補佐)11000
計98000で出撃
同月21日呉、会稽から建業へ曹操軍が進攻してくる。いつの間にやらすぐ側まで来ていたので急ぎ迎撃に岳飛、陳慶之、秦良玉、賈クらを出撃させる。賈クの連環が決まり曹操軍の夏侯覇、陳到を同時に混乱させるのに成功タコ殴り開始。
10月
諸葛瑾登用に思わずガッツポーズ。また、傅撰登用。
建業防衛戦では夏侯覇を捕虜に。
同月21日北海攻略成功
誰も登用に応じてくれないのでみんな捕虜に
11月1日平原攻略成功
火遊びで都市を落としたため捕虜を得られず失敗しっぱい。
晋陽の捕虜を解放。あの後は誰も登用できなかった。

217年諸葛恪成人。しかし、漢室無視なので泣く泣く追放。
曹操軍
都市数6武将数102兵数200228
武将数が未だに3桁を切らない兵数も1都市あたり30000以上と今年中に滅ぼすのは難しそう。
馬騰軍
都市数33武将数176兵数1290978
そろそろ馬騰の寿命も心配だしなんとか220年までにはクリアーしたいところ。

1月
北海で捕虜にした糜氏、閻柔、魏フウを得る。
薊から晋陽に曹操軍が進攻してくる。張コウ騎兵、張飛槍兵、夏侯淵弩兵と強敵揃い。
副将に司馬懿、荀イクなどがおり防御も完璧な見事な布陣縛りルールの恩恵ですね。
3月
晋陽防衛戦太鼓台を4つ造り1部隊ずつ確実に敵部隊を撃破するなか平原にて楊大眼死亡。
疾走持ちで馬超の副将として大活躍だった楊大眼安らかに‥‥。
建業在野王惇獲得。孫権勢力の武将にしては珍しい漢室重視。李灰で舌戦になったので知力アップのために落雷を落とさせていただきました。

5月11日建業防衛戦で捕虜にした劉磐登用。
北海から南皮攻略作戦開始。
張遼(威風)+石蹈(規律)18000
黄忠(弓神)+法正(心攻)15000
厳顔(弓将)+陸凱()15000
関平(補佐)+関興(昂揚)+王甫(明鏡)14000
張虎(覇王)+蒋エン(明鏡)+劉封(槍将)12000
黄権(神算)+崔州平(指導)+徐氏(跪計)12000
1ターン空けて
徐庶(深謀)+関寧(発明)9000
計95000対する南皮は夏候惇ら13名26164
6月晋陽防衛戦で捕虜にした王祥登用。
薊から晋陽に曹操軍がまた、進攻してくる。夏候淵、呂玲綺の騎兵2部隊と荀イク戟兵の36000。
晋陽にはウッ遅恭、秦瓊、馬騰、ホウ徳がおり、太鼓台を複数用意しているのではっきり言って楽勝モード。
さすがにここまで自軍が強くなると上記の縛りルールもあまり意味を成さなくなってきますね。
7月南皮から迎撃部隊が出撃。甘寧槍兵、太史慈戟兵、楽進騎兵。なかなかな面子だが兵数が8000ずつ
では物量で押し潰されるは必然。
8月孫権軍との停戦が終了。少し考えて停戦に行かせる。このまま、曹操軍が滅ぶのを黙って見てなさい。
しかし、蘭相如も知力99かぁ育ったなぁ。
21日ギョウから薊攻略作戦開始
馬超(騎神)+霍峻(金剛)+張南(明鏡)18000
馬岱(補佐)+魏延(連戦)+王平(沈着)18000
趙雲(洞察)+諸葛均(連戦)17000
馬雲リョク(騎将)+黄月英(心攻)16000
荀攸(百出)+張良(神算)+ホウ統(連環)18000
計87000で出撃。桟道を通って薊へと進軍する。
10月小沛で疫病発生下ヒに来ると非常に困るので急ピッチで治安を上げる。
会稽から建業へ許緒騎兵12000が出撃副将に関索がいるが会稽からのルートだと森を通るため
疾走は全く怖くない。許緒なので計略で混乱させたいところだが楊修が副将にいては厳しい。森での削りあいとなりそうだ。
1ターン置いて呉からも建業へ部隊が出撃してきた。徐晃戟兵13000副将に管仲と完璧な部隊。単発なのが残念。
岳飛、陳慶之の義兄弟と陳慶之の奥様秦良玉に許緒部隊の迎撃。楽毅、周泰らに徐晃迎撃に出撃。
晋陽防衛戦で張紹を捕らえる。一発で登用に応じてくれた。
同月21日南皮攻略成功
諸葛恪、申眈処断。他は夏候惇、太史慈、甘寧らは捕虜に。
同月同日平原から北平攻略作戦開始
ウッ遅恭(槍神)+関沢(論客)+シン氏(傾国)16000
秦瓊(金剛)+夏候覇(長駆)+陳震(心攻)16000
馬忠(踏破)+王坑(金剛)12000
張嶷(踏破)11000
張翼(補佐)11000
計66000で出撃。北平は徐盛ら3人が居るだけなのでなんとか彼らで落とせるでしょう。

同月同日下ヒから会稽攻略作戦開始
呉懿(補佐)+馬良(能史)18000
閻行(繁殖)+費イ(繁殖)17000
カク昭(金剛)+李通(槍将)14000
張既(親羌)+呂範(造船)11000
鮑叔牙(補佐)+閻柔(親鳥)11000
計71000で出撃

11月21日晋陽から襄平攻略作戦開始
馬騰(連戦)+司馬朗(築城)+楊儀(心攻)18000
ホウ徳(白馬)+王異(怒髪)+向チョウ(金剛)18000
馬鉄(補佐)+韓信(強行)+潘ショウ(捕縛)17000
馬休(長駆)+傅トウ(連戦)+董允(指導)17000
計70000で出撃。
12月21日南皮の捕虜の高柔登用。

218年諸葛喬、全端、陳表成人
曹操軍
都市数5武将数88兵数125057
おそらく、曹操軍最後の年それでも武将数が88もいる。流石は曹操軍といったところでしょうか。
馬騰軍都市数34武将数182兵数1398757
なんとか馬騰が死ぬ前に統一を果たせそうです。
孫権軍
都市数3武将数21兵数301510
今年中に滅ぼせるか微妙。武将数が少ないので楽勝でしょう。
‥‥とまあ、こんな状況では書く内容も劇的な物にはならないのでここでこのプレイ日記終了とさせていただきます。

終章総括

馬騰「では、語り合おうか」
馬超「では、序盤戦は私とホウ徳、賈クにて語らせていただきます。」
序盤戦
賈ク「やはり、董卓軍の武威への物量作戦を凌げたことが始まりでしょう。」
ホウ徳「その時は賈ク殿は居なかったでしょう。私が副将となり馬超部隊で土塁越しに騎射をして敵を撃退したのですなぁ。」
馬超「司馬朗が太鼓台2つ、3つ造り、弓櫓で渡りを塞ぎ補修し続けたことで我が軍は被害がでずに済んだのだ」
賈ク「騎射が弩兵の代わりとなって助かりましたな。」
ホウ徳「確かに序盤では騎射の研究はできておらず私の白馬のみでたいへん忙しかったですぞ。」
馬超「まあまあ、仕方あるまい騎兵隊のみで戦う縛りルールなのだから仕方あるまい」
賈ク「2ヶ所から攻められたときはヒヤリとしましたが廬植殿の撹乱で事なきをえましたなぁ。」
馬超「董卓軍は知恵者は賈ク殿、李儒と黄巾の乱に活躍した2将軍ぐらいしかいないからなぁ」
ホウ徳「そして、軍備が整い天水、安定を攻略したわけですな。」
賈ク「天水にて私は捕まり馬騰軍の軍師となったわけですな。」
馬超「その前に武威防衛戦で霍去病を得たことは地味にでかかったなぁ騎神持ちが序盤で二人になり迎撃部隊との戦いがかなり楽になったからな。」
ホウ徳「しかし、董卓軍との戦いで長安を獲なかったのは後々大きく響きましたなぁ。」
馬超「まあ、イベントを見たいと思ってしまったからな。」
賈ク「長安は得ませんでしたが董卓軍の止めは我が軍がさし張遼等を得ました。」
馬超「その勢いで益州、雲南、荊州南部四群を得たわけだ。」
ホウ徳「柴桑を忘れてはなりませんぞあそこは中盤戦での重要な拠点ですからな」
賈ク「では、中盤戦はあの方々に語っていただきましょう。」

中盤戦
蘭相如「中盤戦と言えば私でしょう。」
張遼「当然あなたを置いてほかにいないでしょう。」
蘭相如「停戦と攻略による牛歩戦術」
趙雲「その戦いのさい私は捕まり馬騰軍へ入ったわけですな。」
張遼「早めに趙雲殿が入った事で攻略部隊を編成できるようになったわけです。」
蘭相如「襄陽を獲ては停戦し、長安を獲ては停戦しでしたな、」
趙雲「中盤戦の主役は間違いなく蘭相如殿ですな。
張遼「攻略戦ができたのは間違いなく趙雲殿のおかげあなた方お二人とも主役ですよ。」

終盤戦
岳飛「なぜ最後は我らなのだ?」
陳慶之「我ら3義兄弟のおかげで廬江防衛戦、建業攻略戦が活躍したからだそうですよ。」
秦良玉「あら?私は?」
陳慶之「勿論君も素晴らしかったよ。」
岳飛「他所でやれ!‥‥まあ、確かに小沛、建業からの曹操軍からの攻撃を鄭成功、陳慶之、俺の3義兄弟と秦良玉、周泰、朱桓らで水上戦で戦い賈ク、劉曄が小沛からの部隊に計略で足止めしてたんだな。」
陳慶之「そういう意味では水軍達者がもともと確り揃っていたのが勝因でしたね。」
秦良玉「小沛が堕ちて建業からしか敵軍が来なくなったことで建業へ攻めたのですよね。」
陳慶之「うん。見事に落としてしまいビックリだったよ。」
岳飛「陳慶之の部隊は兵糧切れたからなぁ~」
秦良玉「その後は河北で馬超殿らが戦っている間は建業防衛戦を度々あったことぐらいですか私達は」
陳慶之「建業防衛戦は兵糧不足で大変でしたけどね。」

終わりに
駄文にお付き合いいただきましてありがとうございま した。
それではまた、どこかで。




名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.