メインシナリオ > 14.251年1月 女の戦い



シナリオ解析

勢力図


三国志に登場する女傑達が君主となって天下制覇を目指す、異色のシナリオ。英雄集結同様寿命がない。
初期状態で優秀な配偶者がいる場合、官職の節約と動員兵力の強化を兼ねて、配偶者補正をフル稼働させたい。
(特に卞氏曹操大喬孫策など)

難易度の差は初期配下によるもの。
在野が山ほどいるので空白地で人材漁りができる所が有利。
未発見武将の所在はその武将の出身地ではなく史実で死亡した場所になっている場合が多く(例外もいる)、
夷陵の戦いのあった武陵、合肥の戦いや三度にわたる叛乱のあった寿春、魏蜀がしのぎを削った漢中に良将が多い。

勢力一覧

勢力 爵位 軍師 現役 兵士数 難度 支配都市 保有技巧
貂蝉 - 4 29,000 長安 騎兵鍛錬、良馬産出、熟練兵
孫魯班 - 全琮 4 28,000 ☆☆☆☆ 柴桑 熟練兵
張春華 - 司馬懿 6 26,000 ☆☆ 洛陽 熟練兵
鮑三娘 - - 2 25,000 ☆☆☆☆ 梓潼 熟練兵
徐氏 - 朱治 3 24,000 ☆☆☆☆ 建業 弩兵鍛錬、熟練兵
糜氏 - 糜竺 5 23,000 ☆☆ 下邳 熟練兵
孫尚香 - 孫堅 4 22,000 ☆☆☆ 長沙 弩兵鍛錬、応射、強弩、熟練兵
蔡氏 - 蔡瑁 6 22,000 ☆☆☆☆ 襄陽 熟練兵
孫氏 - 陸遜 3 22,000 ☆☆☆ 弩兵鍛錬、熟練兵
辛憲英 - 羊祜 4 22,000 ☆☆☆ 平原 熟練兵
夏侯令女 - - 4 22,000 ☆☆☆☆ 陳留 熟練兵
甄氏 - 曹叡 4 22,000 ☆☆☆☆ 熟練兵
大喬 - 周瑜 4 22,000 ☆☆ 廬江 弩兵鍛錬、熟練兵
卞氏 - 曹操 5 20,000 ☆☆ 許昌 熟練兵
馬雲騄 - - 6 20,000 ☆☆☆ 武威 騎兵鍛錬、良馬産出、熟練兵
劉氏 - 袁紹 3 20,000 ☆☆☆☆☆ 南皮 熟練兵、車軸強化
鄒氏 - - 3 20,000 ☆☆☆☆☆☆☆☆ 安定 騎兵鍛錬、熟練兵
祝融 - - 5 20,000 ☆☆☆ 雲南 戟兵鍛錬、熟練兵
蔡琰 - 盧植 4 20,000 ☆☆☆ 騎兵鍛錬、良馬産出、騎射、熟練兵
樊氏 - 趙雲 3 20,000 ☆☆☆☆☆ 桂陽 熟練兵
黄月英 - 諸葛亮 4 20,000 新野 弩兵鍛錬、応射、強弩、熟練兵、車軸強化、
石造建築、投石開発、木獣開発、神火計、火薬錬成、
木牛流馬
王異 - 楊阜 2 20,000 ☆☆☆☆☆☆☆ 天水 熟練兵、工兵育成、施設強化、城壁強化

外交関係

数字は友好度。
同盟 険悪
 
貂蝉 孫魯班 張春華 鮑三娘 徐氏 糜氏 孫尚香 蔡氏 孫氏 辛憲英 夏侯令女 甄氏 大喬 卞氏 馬雲騄 劉氏 鄒氏 祝融 蔡琰 樊氏 黄月英 王異
貂蝉 - 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50
孫魯班 50 - 50 50 70 50 50 50 70 50 50 50 70 70 50 50 50 50 50 50 50 50
張春華 50 50 - 50 50 50 50 50 50 50 70 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50
鮑三娘 50 50 50 - 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 70 50 50 50 50
徐氏 50 70 50 50 - 50 70 50 70 50 50 50 70 50 50 50 50 50 50 50 50 50
糜氏 50 50 50 50 50 - 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 30 50 50 50
孫尚香 50 50 50 50 70 50 - 50 70 50 50 50 70 50 50 50 50 50 30 50 50 50
蔡氏 50 50 50 50 50 50 50 - 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50
孫氏 50 70 50 50 70 50 70 50 - 50 50 50 90 50 50 50 50 50 50 50 50 50
辛憲英 50 50 50 50 50 50 50 50 50 - 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50
夏侯令女 50 50 70 50 50 50 50 50 50 50 - 50 50 70 50 50 50 50 50 50 50 50
甄氏 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 - 50 70 50 70 50 50 50 50 50 50
大喬 50 70 50 50 70 50 70 50 90 50 50 50 - 50 50 50 50 50 50 50 50 50
卞氏 50 70 50 50 50 50 50 50 50 50 70 70 50 - 50 50 0 50 50 50 50 50
馬雲騄 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 - 50 50 50 50 50 50 0
劉氏 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 70 50 50 50 - 50 50 50 50 50 50
鄒氏 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 0 50 50 - 50 50 50 50 50
祝融 50 50 50 70 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 - 50 50 50 50
蔡琰 50 50 50 50 50 30 30 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 - 50 50 50
樊氏 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 - 50 50
黄月英 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 - 50
王異 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 0 50 50 50 50 50 50 -

各勢力分析

王異

天水から開始。最初は楊阜と二人っきり。 城壁強化 を研究済みなのが最大の強み。
武威馬雲騄とは始めから険悪なので、こちらの軍備が整う前に攻め込まれる可能性が高い。
史実よろしく、施設を駆使して迎撃するのも一興だが、
手堅くいくならば、最初はひたすら在野武将の探索に徹し、それと平行して漢中を制圧しよう。
天水の在野武将は、史実配置なら張郃陳泰王双は登用しておきたい。
馬雲騄に攻められたら全力で漢中へ引越し、そこを根拠地にして軍備を整えよう。
開発地の多さや、陽平関、良質な在野武将(史実配置なら夏侯淵魏延法正など)もさることながら、
それ以上に魅力的なのは、漢中の防衛能力の高さ。
要所に城砦と連弩櫓を設置し、それを軸に攻め寄せる敵軍を弩兵隊で蜂の巣にしてやろう。
あとは、自軍と周りの状況と相談しながら攻め落とせるところから攻めていこう。
最高難度になっているが、漢中に引越しすればそこまで難しくはない。

馬雲騄

西北の果ての武威からスタート。配下は、馬超を初めとする兄弟たちで、在野には文鴦成公英らが居る。
王異や鄒氏らが攻撃してくるが、大体三叉路付近で潰しあってくれるので、残った敵を各個撃破していけば、多分平気。恐らく西北制圧は楽勝だろう。
ただし、張郃郭淮馬謖らには要注意。その後は、貂蝉とガチるか、漢中夏侯淵法正らを登用するのも良いかも。
西北さえ制すれば、後はどうでもなるので、初めが肝心。

黄月英

軍師は当然夫の諸葛亮。初期技巧は 強弩投石開発火薬錬成木牛流馬 ……と既に十分過ぎる。
とは言え、配下には武闘派が居らず、新野は開発地が少なすぎるので早目に引越したい。
お勧めは新野江夏江陵ルート。江夏には諸葛瑾お義兄様や魯粛が、江陵には関羽呂蒙が居り、
主に呉蜀系トップクラスの人材が一気に揃う。
ただし関羽は劉備に引き抜かれる可能性が有るので、劉備の側には近付かせない様に。
江陵に腰を据え、余裕が出来たら武陵永安に足を伸ばそう。
ここにも黄忠張飛等が居り、更に戦力が整う。そのまま荊州・益州平定を目指そう。
また、停戦作戦を駆使するなら、空白地を片っ端から取っていって人材を集めまくる事も出来る。
技巧はあまり気味なので、義兄弟を作りまくってもいいだろう。

鄒氏

開始は生産力の低い安定
配下は張済張繍の二人のみ、隣接する空白地は無し…と、シナリオ中一、ニを争う難易度。
在野武将自体は郭淮郝昭馬謖など優秀なことは優秀なのだが、
先に董卓韓遂配下のニ線級脳筋武将が引っかかってくることのほうが多いだろう。
周辺には高知力の武将はあまり数がいないため、特に馬謖を早いうちに確保できれば戦術面では優位に立てるものの、
よほど引きが良くない限り安定で頑張り続けるのはまったくお勧めできないので、下手に粘るよりは頭数を集めたところでチンケな都市とおさらばしよう。
移住地は小部隊で防衛が可能な漢中。輸送隊なら長安からの追撃を何とか振り切れる(西側の開発地が未開発の場合)。
応戦と内政を同時進行して、敵の戦力を削ぎつつ西北を押さえられる体制を整えよう。
いずれかの勢力が上庸を押さえ、攻勢が開始されるまでは、超級でも二年程度は猶予があるのでひとまず東からの脅威は考えなくてもいい。

どうしても安定で踏みとどまりたいのなら、貂蝉は大抵まずへ向かうので、西への備えを最優先に。
王異が攻めてきた場合、三叉路を少し過ぎたあたりに城砦を設置してくることが多いが、
馬雲騄はこれを親の仇のように攻撃するので進軍が遅れる。
こっちから攻める際には普通に迂回すればいいだけなので、放っておこう。

劉氏

南皮からスタート。配下は「名声」の袁紹と袁尚のみ。
ゲームの勢力選択画面では、「一刻も早く、袁紹系の配下を集めろ」と書いてあるが、探索で見つかるのは二線級の武官、文官のみ・・・マシなのは許攸ぐらい。
そう、なんと顔良・文醜・田豊らは、濮陽などへ行ってしまっているのだ。ここはもったいないが南皮は放棄して、北平に引っ越そう。
そうすれば、郭嘉韓当等有能な将が見つかる。余裕があれば、襄平にも侵攻し、公孫系の人材の確保もあり。
また、の蔡琰は、公孫瓚等の白馬軍団が居るときは、早めにを攻略しなければ、白馬軍団の大攻勢が始まってしまう。

孫尚香

初期配下は、なんでもこなせる父・孫堅、「仁政」持ちの母・呉国太、ボンクラな兄・孫朗
長沙から開始だが、開発地が少なく、特色も水軍と微妙。
加えて、未発見在野で戦力といえるのは、蒋欽潘璋ぐらいと、これまた微妙。
無難にいくなら、戦力外な兄上にさっさと江陵を落としてもらい、そこを本拠地にしよう。
さらに武陵も落とせば、配下も充実してくるので、あとは荊南なり益州なりへ勢力を拡大していこう。

長沙で粘るなら、最悪柴桑桂陽の二方面を同時に相手することを覚悟しよう。
特に超級の場合、半年ほどで両者とも侵攻してくるのでしばらくは防衛戦を強いられることになる。
東からの敵は森が主戦場のため得意の弩兵が使えない、南からは趙雲が迫ってくるなど、なかなか面倒な状況。

長沙は地形上、囮による敵の牽制、弱体が最も有効な都市。
それを活かし、開始早々に孫朗あたりを兵500程度で南東に向かわせ守備隊を釣ろう。
趙雲が釣れれば勝ったも同然。兵糧が切れた所を潘璋で捕まえ、同時進行で雑魚しかいない桂陽を落とせば後顧の憂いは無くなる。
同様に柴桑も冷やかしの部隊で守備隊を釣ってやれば、勝手に兵糧切れで消滅していく。
序盤で後手に回らなければ、かなり有利な勢力。

張春華

英雄乱舞の司馬懿に近い初期配下だが、立地・隣接勢力・在野武将などでこちらの方がだいぶ楽。
探索すれば文官はザクザクと出てくる。こちらは運次第だが文官推挙イベントも他勢力よりは頻繁に発生する。
その中でも特に確保しておきたいのが司馬懿の副将に向く賈充。あとは杜預くらいか。
武官は最低限徐栄華雄、そして捕縛の衛瓘を確保しておきたい。
在野の探索が完了したら、軍備を整えて迅速に貂蝉に向けて進軍する。
貂蝉軍は陳宮がおらず、初期配下では内政官や知力補強要員が足りていないのだが、
都市が長安であること、在野に董卓李儒曹真などがいて登用されると面倒なことから、
早ければ早いほど攻めやすく、しかも攻め落とした時の旨味も大きな勢力である。
司馬懿+賈充で呂布or呂玲綺を封じればまず負けない。知力が高い貂蝉が入ると、主将になってしまうのが相手の弱点だ。
長安を落としたら、洛陽と同様に人材を探索し、戦線が広がる前に大都市2つの内政を完璧にしておきたい。
その後は許昌卞氏や、をとった卞氏or黄月英をいなしつつ西涼統一を目指そう。
夫は賈充や貂蝉にとられがちな張春華だが、知力を育てつつここで呂玲綺・馬雲騄と「強い女」同士で義姉妹になれば大兵力の運用も可能になる。

糜氏

大都市の下邳からの開始もさながら、糜竺のお陰で序盤の金欠とは無縁。港は二つあるが、江郡港の方は徐氏孫氏に取られる。当然ながら、水軍にはあちらの方に分があるのでさっさと公嗣さんか糜芳あたりに物資持って撤退してもらおう。

在野には陳父子や陳宮高順が居る。ちなみにお隣の北海には、王基も居る。小沛には曹休くらいしかおらず、収入にも乏しく、守りづらいので下手に取らないほうが良いだろう。人材的には乏しく見えるかもしれない。しかし、劉備のお陰で桃園三兄弟を確実にゲットできるのが強み。関羽江陵未発見)は暫くすれば空白都市に流れれるので、劉備で登用できるが張飛永安未発見である。難易度の問題でもあるが、いずれかの勢力が永安を占領し、張飛を発掘する頃にはかなりの時間が経過してるはず。

戦略としては、北海王基らを登用し、戦局を見て、平原濮陽、場合によっては襄平と侵攻先を見定めよう。各地で有能な人材をゲットできれば勝ったも同然。

別の戦略としては、海路で江陵経由で永安を目指すのも有力。江陵を取れるかどうかは五分五分だが、関羽以下相性の良い武将が採用できる。永安張飛を仲間にしたら東は放棄して、そこから蜀を制圧するのは難しくない。成都を奪取すれば龐統を軍師にできるのも大きい。

大喬

孫策周瑜がいる時点でかなり強い。楼船も初期状態で2隻あるので
隣接した建業から徐氏が攻めてきても断金コンビで楽に撃退可能。南の孫魯班とは友好関係な上
こちらも初期面子がたいしたことないので、かなり余裕を持って序盤の戦力を整えることが出来る。

北の空白地である寿春は張遼太史慈荀彧など人材の宝庫。呉系の優良武将が集う江夏とともに早めに領有しておきたい。
なおこの2都市はどちらも守りにくいので、特に超級で物資的に維持するのが厳しかったら、主だった武将を登用したのち放棄するのも手。

あらかた人材を確保したら南下して孫魯班孫尚香勢力を吸収しよう。
更に趙雲頼みの樊氏を下して荊州を統一すれば、後顧の憂いも無くなり万全になる。
あとは地道に益州へ進出してもいいし、いきなり北へガチりに行っても十分やれるはずだ。

貂蝉

大都市長安を領有する、シナリオ中最強勢力の一角。
黄月英軍が智の頂なら紛れもなく武の頂はここだろう。
最強すぎる旦那、女性武将中最強の娘(義理)、知力が物足りないものの内政官としては優秀な父親、計略戦闘にそこそこ強い君主自身と、バランス自体は良い。
頭数の少なさはもうどうしようもないが、左隣の人達に比べればはるかにマシである。

セオリー通りに行くのであれば隣接する空白地を抑えてとにかく人材をかき集めるところだが、
真っ当にやってると強すぎてつまらないくらいなので、ここは速攻策でどうだろうか。
勢力選択時の解説では「隣接する張春華との戦闘の相性が悪い」とあるが、在野武将も込みで考えるとそうでもない。
呂布李通の槍、呂玲綺の騎馬と、知将狩りに向いたメンツはひと通り揃っている。孫礼で負傷させれば貂蝉の「傾国」で十分に計略も通用する。
董卓李儒のおかげで資金、兵糧は上級レベルで集まるし、5つある港関からかき集めれば兵士数もなんとかなるので、あとは兵装だ。
武将を早期に集められるかという面で博打の要素は大きいものの、開始一年以内で張春華を吸収することも不可能ではない。

さすがに長安だけで集まる戦力では不安があるというのであれば逆を見よう。
天水にも良将は多いが特技的には張春華よりまだしも与し易い。
王異を吸収して長安唯一の泣き所である西からの侵攻を止めれば、西北制圧への障害はないも同然である。

鮑三娘

関索と二人っきりだが、在野には蒋琬等相性のいい蜀の文官が多数居る。
更に頭数を増やして漢中成都に進出すれば、姜維魏延夏侯淵龐統法正と言った名将、知将が一気に揃う。
後は漢中で北方の勢力を牽制しつつ、南部を平定していくだけだ。
南蛮の祝融はどうとでもなるので、早目に江陵武陵を取りにいくのもいいだろう。

祝融

背後を突かれないのはいいが、配下は毎度毎度の脳筋軍団。在野の朶思大王を軍師にしたら、とっとと成都に行く。
鮑三娘のところにもあるが、ここには優秀な在野が多数居るのだ。雲南の内政は後回しでもOK。
…え?助言が当たらない?こんなときはイベントの武官推挙を活用しよう。
孟獲や、兀突骨あたりが姜維を推挙してくることがよくある。彼らは、君主といっしょに成都においておこう。
姜維の確実性のある助言で人材を登用したら、蜀の地を完全に制圧することも難しくないだろう。

プレイ日記



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.