皇甫嵩

コウホスウ

列伝

後漢の官僚。
演義 】 盧植朱儁と共に、何進から黄巾賊討伐を命じられる。曹操を指揮下に加え、張宝張梁を火攻めで撃破。曲陽で張梁を斬るなど活躍し、乱の平定後、車騎将軍、冀州牧となる。戦中に宦官への賄賂を拒否して罷免された盧植を復職させるが、自らも賄賂を拒み免職された。後に王允董卓を討った際、呂布と共に郿(び)を攻めた。
正史 】 188年、董卓陶謙孫堅らと共に韓遂の反乱鎮圧に派遣された際、董卓の恨みを買い、董卓が政権を握ると捕らえられた。董卓の死後、太尉となる。

能力値

統率 武力 知力 政治 魅力 総合 軍事能力
統+武 統+武+知
素質 87 61 73 51 72 344 148 221
順位 24 368 170 416 184 143 133 96
偏差値 63.3 52.4 56.9 47.5 56.6 58.6 57.9 60.5
成長期 普通 普通 普通 普通 普通 - - -
能力持続 短い 短い 短い 短い 短い - - -

兵種

槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍
適性 S B A C S C
部隊 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御
64 91 49 80 52 78 49 61 61 74 43 58
順位 151 13 327 76 193 26 390 139 107 7 377 90
偏差値 57.7 69.8 52.3 61.7 55.6 66.3 49.4 57.7 59.5 72.0 50.7 59.4
部隊攻撃力/防御力は技巧研究を全て終えた時点での値。兵器は木獣、水軍は闘艦。

特技 : 火攻

自分より知力の低い部隊への火計が必ず成功

マスクデータ

相性 出身地 起用 戦略傾向 地元執着 義理 野望 漢室 生年 登場 没年 死因 性格 音声 口調
88 涼州 能力 中華統一 重視 4/5 3/5 3/3 132 184 195(64歳) 自然死 剛胆 剛胆 丁寧

舌戦

得意話題 保有話術
大喝 詭弁 無視 鎮静 逆上
道理

親愛・嫌悪

状態 武将名
皇甫嵩が親愛する武将 なし
皇甫嵩が嫌悪する武将 なし


シナリオ

シナリオ 年齢 身分 所在 勢力 忠誠 爵位・官職 功績値 配偶者 義兄弟
S1 184年 1月 黄巾の乱 53歳 一般 陳留 何進 100 右将軍 20000 - -
S2 190年 1月 反董卓連合 59歳 一般 安定 董卓 96 軍師将軍 17000 - -
S3 194年 6月 群雄割拠 63歳 在野 長安 - - - 20000 - -
S4 200年 1月 官渡の戦い - 死亡 - - - - - - -
S5 207年 9月 三顧の礼 - 死亡 - - - - - - -
S6 211年 7月 劉備入蜀 - 死亡 - - - - - - -
S7 225年 7月 南蛮征伐 - 死亡 - - - - - - -
S8 251年 1月 英雄集結 - 一般 長安 何進 100 長水校尉 2000 - -
S9 198年 1月 呂布討伐戦 - 死亡 - - - - - - -
S10 203年 1月 袁家の戦い - 死亡 - - - - - - -
S11 217年 7月 漢中争奪戦 - 死亡 - - - - - - -
S12 187年 4月 何進包囲網 56歳 一般 何進 99 鎮南将軍 29000 - -
S13 191年 7月 序を制する者 60歳 一般 安定 董卓 96 軍師将軍 17000 - -
S14 251年1月 女の戦い 未発見 長安 - - - 0 - -


  • 統率が高く、初期シナリオではかなり貴重な兵器Sを持つ良将。
    S1やS2では初めから功績も高く大兵力を率いられる。が、短命なので勿体無くて育てられない。
    兵器隊としては武力も低いので、在野の徐晃許褚辺りと義兄弟にするのがベスト。
    義兄弟にしないなら、ある程度後輩が育ってきたら文官にして副将にする方がいいだろう。
    英雄集結系シナリオでは、功績は低いが、文武両道の名将に育つ素質十分。 -- (名無しさん) 2010-06-23 08:55:30
  • 後漢末期の名将。槍と兵器がSなのは素晴らしいんだが、特技が微妙。
    特技を変えてやりたいだが、短命なのでそれもままならない。
    優秀なんだが、ちょっと扱いに困る。 -- (名無しさん) 2011-06-27 20:33:39
  • S1でさえ53歳だもんなあ、党錮の禁シナリオとかあったら大活躍したかもしれないが
    実際S1では攻城部隊としてとても頼りになる。何進なら10年あれば十分統一出来るので、一貫して主力として育てるのも有り -- (名無しさん) 2011-06-28 12:06:03
  • 後漢末期の名将なのに特技がorzな人。
    火攻って火神との性能差が酷すぎる…(周瑜の水上での無敵ぶりを見ると尚更そう感じる) -- (名無しさん) 2011-06-29 07:05:52
  • 火攻にせめて火罠のダメージ上昇とか効果があったらよかったんだが
    それはともかくS2の董卓なら呂布の副将として組ませ、槍部隊で乱突祭りをするのも可
    知力補佐と槍適正Sでサポートできる。
    槍Sは他に張遼とカクがいるが、張遼は別に部隊を率いた方効率はがいいかも。
    カクの場合も別に計略隊として運用した方が呂布の攻撃力を1ターン無駄にしないので
    適正補佐としては彼が妥当だろう。 -- (名無しさん) 2011-07-05 01:21:14
  • ↑でも寿命が… -- (名無しさん) 2011-07-08 07:49:34
  • ↑まぁあくまでも皇甫嵩の活用法だから寿命の事は別にいいんじゃね -- (名無しさん) 2011-07-09 01:01:29
  • 黄巾の乱は、皇甫嵩の大きな魅せ場なのだが、
    シナリオ開始時では、能力持続が衰退期に入ってる為、
    本来の力を出せずにいる。
    色々と不遇な名将である。
    -- (名無しさん) 2011-10-22 20:08:03
  • 以前と比べればマシだが、能力はこれでも過少評価。
    宮城谷三国志のお蔭で、随分、正史でのチートぶりは伝わった気もするが。
    正直、火神を付けてやりたい。 -- (名無しさん) 2012-10-08 15:47:42
  • 衰えなし、寿命なししかやらないけど、それでもちょっと単体では使いづらい。武力は補いたいし、知力も補いたい。しかし武力補正のため義兄弟にするほど気になるわけではない。さらに、統率85クラスの武将となら、通常コウホスウが大将になり、武力が低くなる。武力は鍛えるべきか。
    -- (名無しさん) 2012-12-22 12:52:44
  • 韓遂に勝てなかった程度の武将でしょ? -- (名無しさん) 2014-07-05 00:43:42
  • ↑ウィキペディアにすら書いてあることだけど、皇甫嵩が宦官の讒言によって
    任を解かれただけの話で、韓遂に打ち破られた訳でも、撃退された訳でも無いから。

    君は一体どの資料を読んで、そんな結論に至ったの? -- (名無しさん) 2014-07-05 01:33:21
  • 火攻ってどう使うんだろうな…… -- (名無しさん) 2014-11-26 11:01:55
  • 火種と火球にどーん -- (名無しさん) 2014-11-26 18:02:25
  • ↑ゴメン、それは火神だったわ
    黄巾族は皇甫嵩でも十二分に火攻の有効範囲内(一部除く)なのでぞんぶんに使っていける。
    袁術の妙計と組ますといいのでは?ただし袁術単品で火種や火球に着火した方が絶対よい
    別な特技に書き換えて槍部隊で運用を進める -- (名無しさん) 2014-11-26 18:08:30
  • 火攻は脳筋ばかりの黄巾武将には使える。そこに知力高めな武将で撹乱させ、負傷させて戦法炸裂…とすると上手く使えるのではないだろうか。 -- (名無しさん) 2016-03-06 17:06:49
  • 史実において火計を用いて黄巾賊を撃退しているからか、黄巾賊を焼けと言わんばかりの特技である。

    -- (名無しさん) 2016-11-02 19:30:11
  • 火攻は高能力武将の怪我狙いで使いたいが、火矢で十分。
    寿命は近いし、英雄系は他に良い武将いるしで、あまり報われない。
    悪い武将では決してないので普通に前線で主将にして、脳筋を副将につけるというオーソドックスな使い方だろう。 -- (名無しさん) 2017-04-23 15:09:17
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.