鄧艾

トウガイ

列伝

魏の武将。鄧忠の父。
演義 】 兗州刺史として毌丘倹の反乱鎮圧に参加した後、相次ぐ姜維の北伐軍と戦う。共闘した陳泰から高く評価され、「忘年の交わり(年齢差を越えた交わり)」を結んだ。263年、司馬昭の命を受け、鍾会と共に蜀討伐戦を起こす。鍾会剣閣姜維と交戦する間に陰平の山道を通過。綿竹関諸葛瞻を討ち、劉禅を降伏させた。しかし、戦後の旧蜀領統治を巡って鍾会と対立。謀反の疑いをかけられ、洛陽に護送される途中、田続に討たれた。
正史 】 司馬懿に才能を買われ、屯田政策で功績を挙げた。

能力値

統率 武力 知力 政治 魅力 総合 軍事能力
統+武 統+武+知
素質 94 87 89 81 70 421 181 270
順位 6 32 22 68 216 6 9 1
偏差値 66.5 62.9 64.8 61.1 55.6 70.3 65.3 70.8
成長期 維持 維持 維持 維持 維持 - - -
能力持続 長い 長い 長い 長い 長い - - -

兵種

槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍
適性 S A A A S C
部隊 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御
91 99 78 97 74 85 90 85 87 80 61 63
順位 11 4 31 20 18 14 35 15 2 1 87 54
偏差値 69.2 73.5 65.4 68.9 67.0 69.8 65.3 69.6 72.8 75.7 59.8 62.2
部隊攻撃力/防御力は技巧研究を全て終えた時点での値。兵器は木獣、水軍は闘艦。

特技 : 強行

兵器、輸送部隊を除く陸上部隊の移動力+5

マスクデータ

相性 出身地 起用 戦略傾向 地元執着 義理 野望 漢室 生年 登場 没年 死因 性格 音声 口調
41 荊北 能力 中華統一 無頓着 3/5 4/5 2/3 197 216 264(68歳) 不自然死 冷静 冷静 普通
  • 顔グラの変更は53歳。

舌戦

得意話題 保有話術
大喝 詭弁 無視 鎮静 逆上
故事

親愛・嫌悪

状態 武将名
鄧艾
親愛
州泰石苞陳泰
石苞陳泰

嫌悪
鍾会
衛瓘鍾会田続

血縁

世代
1 鄧艾
2 鄧忠

シナリオ

シナリオ 年齢 身分 所在 勢力 忠誠 爵位・官職 功績値 配偶者 義兄弟
S1 184年 1月 黄巾の乱 - 未登場 新野 - - - 0 - -
S2 190年 1月 反董卓連合 - 未登場 新野 - - - 0 - -
S3 194年 6月 群雄割拠 - 未登場 新野 - - - 0 - -
S4 200年 1月 官渡の戦い 4歳 未登場 新野 - - - 0 - -
S5 207年 9月 三顧の礼 11歳 未登場 新野 - - - 0 - -
S6 211年 7月 劉備入蜀 15歳 未登場 新野 - - - 0 - -
S7 225年 7月 南蛮征伐 29歳 未発見 新野 - - - 0 - -
S8 251年 1月 英雄集結 - 君主 江州 鄧艾 - - 10000 - -
S9 198年 1月 呂布討伐戦 2歳 未登場 新野 - - - 0 - -
S10 203年 1月 袁家の戦い 7歳 未登場 新野 - - - 0 - -
S11 217年 7月 漢中争奪戦 21歳 未発見 新野 - - - 0 - -
S12 187年 4月 何進包囲網 - 未登場 新野 - - - 0 - -
S13 191年 7月 序を制する者 - 未登場 新野 - - - 0 - -
S14 251年1月 女の戦い 未発見 江州 - - - 0 - -



  • 覇王覚えさしたら最強。 -- (卯太郎) 2010-03-30 19:49:33
  • 魅力がもう10ぐらい高くてもいいと思う。(劉琮と同じ値はおかしい)
    屯田政策の実績を考えたら、政治も80台半ばぐらいに評価されてもおかしくないと思うのだが・・・・ -- (プランクトン) 2010-05-03 09:59:16
  • 生まれが貧しく、吃音者だった事もあり司馬懿に抜擢されるまで鳴かず飛ばずだった。
    また、強情でせっかちな所があり、名士や俗人から反感を買い易く、その為謀反を疑われた際にも弁護する者が居なかったとされている。
    想像するに、才能は有ったが人付き合いは下手な人だったのだろう。
    その点を考慮すると魅力70は高いほうかもしれない。 -- (名無しさん) 2010-05-03 11:39:42
  • 槍がSだが、兵器の適性もSであり、攻撃力も防御力も驚異の高さを誇る(攻2位、防1位)。
    攻撃力は一応2位だが彼の登場するころには、すでに1位の甘寧は死んでいるだろう。実質1位ともいえる。兵器を運用させるのも驚異だ。
    兵器を運用させる場合、強行は特技なしに等しい。変更するか、兵器を率いるのはあきらめるかしよう。
    優秀な能力値なので、どんどん官職を上げていきたい。そして、城を落とす方が功績はたまりやすいので、個人的には、特技の変更をお勧めする。 -- (こうそん) 2010-08-11 22:37:59
  • 水軍以外なら適正A以上なので何を率いさせても大丈夫
    特技が強行と微妙なので変更も視野に入れたい -- (名無しさん) 2010-09-27 19:07:04
  • 三国志後半の最強の名将
    史実なら姜維なんて目じゃない -- (名無しさん) 2010-11-21 22:48:51
  • こいつ使いまくってたら、特技覇王、統率97、武力98、知力92の
    チートにも限度があるだろ武将になってしまった・・・ -- (名無しさん) 2011-02-26 00:50:56
  • 能力・適性・寿命と完璧。ただ唯一特技が気がかり。終盤の魏では
    覇王はこいつにつけてやろう。ただ、強行も便利な特技なので、能力関係ない覇王は適性補充の副将
    につけてもいいかもしれない。また、飛将がでたら、武力高を一個つかって武力92にしておくと、
    終盤では趙雲・魏延以外の全武将に対しクリティカル攻撃可能。 -- (名無しさん) 2011-04-11 02:31:38
  • S7で魏で登用したなら姜維と共に惇兄の馬鹿息子と義兄弟にすれば功績値の低さが補える。
    奴は能力は悲惨だが寿命が長いので大丈夫。
    君主の曹丕は寿命が迫っているので義兄弟にするのは止めた方が良い。
    息子の曹叡も短命なので同様に避けた方が良い。 -- (名無しさん) 2011-05-07 15:14:40
  • 能力値もだが、適正もチート。
    五虎将軍が死んだ後半シナリオでは彼に対抗できるのは姜維ぐらいだろう。
    だがその姜維もS7では魏にいるので敵無しといってもいいだろう。 -- (名無しさん) 2011-06-01 10:43:53
  • 呂布軍でプレイしていたとき張飛がこいつ推挙してきて本当は張飛、呂布のこと好きなんじゃねえのってオモタ -- (名無しさん) 2011-06-19 15:22:14
  • 「強行」が兵器隊や輸送隊にも適用されてたら非常に便利な特技だったんだが…
    野戦でも単独で突出したって困るしZOCも「遁走」と違って無視できないから変更した方がいいかも。
    英雄集結では「槍将」持ちの息子と組むことが多いだろう。適正Sが被るのはちょっと勿体ないけど。 -- (名無しさん) 2011-07-02 17:40:46
  • ↑机上の空論はよせ。
    息子と組ませるなんて暴挙もいいとこだぞ?
    あの勢力には適性Aですら貴重なのに。 -- (名無しさん) 2011-07-03 03:38:50
  • 能力・適正は文句なしに優秀な武将なのだが人間関係がひどい
    集結では近隣で最高知力を持つ鐘会を登用できないのは地味にきつい
    -- (名無しさん) 2011-07-03 17:51:59
  • ↑田続なんぞどうでもいいがw、「捕縛」持ちの衛瓘も登用無理なんだよなあ…
    捕まえても斬るしかないってのが何とも… -- (名無しさん) 2011-07-03 17:57:07
  • 意外に人間関係はボロボロで、蜀討伐時もその功績を誇り過ぎて馬鹿にされた、とかいうエピソードも残ってる。
    いいとこのボンボンで、旧蜀臣を高く評価して交誼を持った鐘会とは、全てにおいて対照的な人だったのだろう。 -- (名無しさん) 2012-10-05 23:57:41
  • 本人が『勿体無いけど』と言ってるのに机上の空論は可笑しい。
    英雄集結なら普通に使える組み合わせだろ。
    南蛮相手なら他の連中に撹乱とかの補助させればいいし、劉焉相手でも武力は張任、厳顔どちらもこっちより低いから乱突決まればクリティカルだし、息子の足りない所は全て補えるんだしな。 -- (名無しさん) 2013-06-10 10:25:18
  • 2年前のコメを悪戯に掘り起こすのがもっと可笑しいww。
    終盤のシナリオは勿論の事、英雄集結でも使えるスーパー有能武将。能力値、適性ともにオールマイティー。水軍以外なら水準以上の成果を挙げてくれるハズ。 -- (名無しさん) 2013-08-05 21:11:52
  • 何気に史実系では全シナリオにおいて未登場。登場年が近くなったら、多少無理してでも新野を確保しておく価値はある。
    登場が若く最初は武力も知力も80台半ばなため、そこそこの武将ならどっちでも推挙は結構成功する。 -- (名無しさん) 2014-08-07 15:15:06
  • 強行の使い方だが、野戦で先行部隊として突出させるより、平地以外の地形で
    位置取りをしやすいという点にメリットが大きいような気がする。
    精鋭兵を開発後は唯一、一気に湿地を4へクス移動できるのだし。 -- (名無しさん) 2014-11-16 22:56:22
  • 統率+武力+知力の合計値は曹操や孔明を超えて堂々の1位。とはいえ孔明や曹操と戦う時は特技の関係で普通に計略にかけられるので気を付けよう。
    史実のS7においては、鄧艾の武力を超える武将はほぼおらず、いたとしても寿命が近い将がほとんど。
    槍将持ちの息子など、クリティカル系特技持ちの副将をつけて縦横無尽に戦場を駆け巡ろう。 -- (名無しさん) 2016-10-23 19:16:24
  • 蜀プレイの時、たまーに月英などの荊北にいた将らが在野の彼を推挙してくれたりする。上手くいって仕官すると、蜀の鄧艾VS魏の姜維という、史実と真逆の戦いが展開されることも。
    武官だが知力も並の文官より高いので、舌戦は頑張ろう。 -- (名無しさん) 2016-10-25 22:39:28
  • ↑↑鄧忠は開始から20年近く立たないと出てこないので、あまり現実的ではない。しかもかなり無駄が多い。
    同じ槍将の王基は鄧艾と組ませるのはややもったいない(だいたいあっちを育成するだろうし)し、槍Sにこだわる必要はあまりない。
    なんかいい特技が引けるまでは、おともに射程でもつけて兵器隊でも率いているのがよいだろう。無論槍系クリティカル特技が調達できれば、真っ先に乗り換えたい。 -- (名無しさん) 2016-10-25 23:09:15
  • ↑雑だな。
    鄧忠は英雄集結系なら初っ端からいるぞ。 -- (名無しさん) 2016-11-13 12:27:43
  • S7においては、って書いてあったからそれに対してね。 -- (名無しさん) 2016-11-13 17:46:09
  • 魅力もそこそこだけど、70は過小評価じゃない? まあ70もあればいいけど。諸葛亮や曹操みたいに有名じゃないから、70なのかな? -- (名無しさん) 2017-01-04 11:27:57
  • ↑確か魅力の定義って世間に対する影響力だったんじゃないかな? -- (名無しさん) 2017-01-04 18:42:05
  • 魅力=世間に対する影響力とするなら上記の方に魅力70が妥当な理由は書いてあるが
    (どもりで軽んじられた、強情すぎて擁護者がいなかったなど)
    女性武将の魅力が軒並み高かったり、高官だが性格がカスの賈充や楊儀等の魅力が低いことを考えると、明らかに人間的魅力も加味されている気がする。 -- (名無しさん) 2017-01-04 21:04:22
  • 単に知名度だけでなく、世間でどのように評価されていたかも加味しての評価だから。

    賈充や楊儀は当時から世評の良くない人物だったし、鄧艾は屯田や開墾での酷使が理由で隴西の民衆に
    憎まれてたという記述も存在するくらいだから、吃音で人付き合いも下手だったことも考えると、むしろ高過ぎなくらい。 -- (名無しさん) 2017-01-04 23:44:01
  • まあ演義だと普通に人格者として書かれてるから
    そっちも考慮しての魅力70だろうな

    戦場では水軍以外は何をやらせても使え単騎でも問題無く運用可能
    最初の内は適当な築城持ちと組ませて他部隊より先に戦場に位置取り
    建築しながら、他の部隊の壁になるという運用法が使い勝手がいい
    能力研究や他の面子が充実してきたら勢力の穴を埋める特技を取得させたい所
    何なら強行のままでもそれはそれで十分便利である
    -- (名無しさん) 2017-04-27 12:11:53
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.