プレイ日記 > 英雄集結 > 張角 > 超級

私は今まで、黄巾賊はどうも使う気になれなかった。
というのも「落雷」が強すぎて、手ごたえがなさそうだからだ。
が、ふと英雄集結の攻略ページを見ていたら、無性に張角でやりたくなってしまったのだ。

その記事にはこう書いてあった。
「最大の弱点だった寿命を気にする事無く、思う存分布教に励もう。 」
この侵略を布教と言い張るダークな思考が、私のツボにハマってしまったからである。


戦死なし、新武将なし、難度超級。
10年以内にクリアして新シナリオ獲得を目指す。がんばるぞー。


濮陽からスタート。まずいきなり陳留を攻める。
兵力1で「落雷」を使いまくる作戦で行くため、陳留の北にある港経由で布教しにいく。
兵力1ならば、気力を使い果たして施設に帰還しても、駐在している兵達の気力にはほとんど支障がないというわけだ。

だが流石は超級といった所か。黄巾軍は17000人分の兵装しかないのに対し、陳留には40000人分の装備が整えられていた。
その戦力差で苦戦している間に、洛陽から来た司馬懿に陳留を横取りされてしまった。
自然に司馬懿軍との連戦へと発展していくのであるが、その間、渡河中の補給隊が鄴からの攻撃によって消滅したり、司馬懿に港を
取られてしまったりと色々あって、結局陳留をポアできたのが12月に入っての事だった。

内政もせず1年近くもの時間をかけて、やっと城一つのペースである。
このままでは10年縛りは無理な気がしてきた。

こうして、私の一回目の挑戦は失敗したのである。


                つづく


早速更新。実はプレイしながら日記をつけているのだ。
ふたたびスタート直後に陳留に速攻を仕掛ける。
今回の作戦は、「落雷」部隊に兵士を1000人つける事にした。
これによって、少人数部隊による混乱が無くなり、幾分使いやすくなったように思える。

前回の反省を踏まえ、すべての敵部隊を浄化するのではなく、城を最優先でポアする事にした。
むろん出陣中の相手部隊が、在野に下ってしまうのではあるが、今度は寿春の軍勢が、陳留に向ってきていたので仕方がなかった。
(ちなみに濮陽には政治80代の文官達が、結構眠っていたので浄化前のポアにはそこまで抵抗はなかった。)

開始から6ヶ月目、無事に陳留をポアし、黄巾軍は寿春の軍勢相手に防衛戦を行っていた。
その間に、司馬懿が曹操に滅ぼされてしまった。あっけなさすぎる。こんなに弱い司馬懿は初めて見た。
私は司馬懿軍の「百出」を第一の目標に、このシナリオを始めたのだ。マジで予定が狂う。
「落雷」をメイン戦術に置く黄巾軍にとって、「百出」が無いのは痛すぎる。もうね、司馬懿さんの事を見損なったよ。oh・・・


こうして、私の二回目の挑戦は失敗したのである。

…と思いきや、なんと「百出」の人が陳留に流れてきてくれたのだ。もちろん速攻で登用した。
劉辟いわく。「これも大賢良師さまにお祈りをしたおかげです」
黄巾軍に起こった、いわゆる第一回目の奇跡である。


だが、ここからが地獄であった。
陳留は四方八方の国から、攻めに攻めまくられた。
私は群雄割拠の呂布の時ですら、ここまで攻められた記憶はない(狙われやすさって相性の関係があるのか!?)
序盤であるが故の、資金不足もかなりしんどかった。

どうにもラチがあかなかったので、洛陽から来た曹操軍を撃退し、残りの兵士が2万を切ったのを確認してから、洛陽に布教活動に
行く事にした。
虎牢関(洛陽の東の関)を突破し、洛陽敷地内で浄化を始めるまでは良かったのだが、なんと、許昌の曹操軍が虎牢関に攻めて
きちゃったのである。それもけっこう本気な部隊数で。

こうして黄巾軍は挟撃される形となり、あっというまに昇天してしまった。
歴史にIfをつけるのは不毛な事であるが、もしも洛陽の耐久が3000であればこんな事態にはならなかったであろう。
「落雷」は城の耐久を減らすのには長けているのだが、兵士数は減らせないのである。
よって、兵士数の少ない大都市は苦手なのだ。耐久5000は固すぎた。


この敗戦により、黄巾軍は貴重な物資と兵士を大幅に無くしてしまった(15000人ぐらいでも貴重である)
残された資源は、開発の済んだ陳留と、開発のしていない濮陽だけである。
黄巾の子たちを食わせるには、かなり心細い現状だ。

スタートから2年半目… いったいどうしたものか…


            つづく


また最初からやるか? 否。曹操がまだ一カ国のこの状況はチャンスなのである。
曹操系武将を取ってしまえば、中黄太乙の教えは中華全土に、風が巡るが如く広まっていく事であろう。

この状態から挽回できれば、さぞかしドラマチックだっただろうが… アレだ。やはりドラマと現実は違うものである。
「百手」が曹操に捕まり、陳留が曹操に落とされてしまったのだ。


二回目の挑戦は失敗に終わった… が、聖戦はまだ続く。


という訳で、ただいま三回目をプレイ中である。
そもそも、濮陽を捨てるという選択肢が間違っていたのだ。
蒼天航路の曹操も、黄巾は大地に根を張るべきだ的な事を言っていたではないか。
ただいま私は、人事、内政から始まる最もまともな三国志11のプレイに徹しているのだ。

開始から1年と10ヶ月目。濮陽と陳留の開発が大体終わった状態にある。
「百手」の人はすでに我が忠実なる信者と化している。
曹操軍は許昌、新野、汝南の三カ国を支配。司馬懿は洛陽の一つのみ。
あいからわず敵の攻撃が激しいが、進軍中に潰しあってもくれるので、二回目の時よりも楽だ。
二回目の時は、代わる代わるの波状攻撃でどうしょうもなかった。

今、上手い具合に司馬懿が弱ってきているので、このままごっちゃんポアが狙えそうだ。
…が、このペースで行って、果たして10年クリアできるのだろうか?

なるべく早いタイミングで、曹操軍団を入信させる必要がありそうだ。


         つづく


なんというか… 洛陽を攻めたら、許昌から軍団がやってきて、挟撃するパターンは止めて欲しい。
濮陽は濮陽で、袁紹と呂布の攻撃を防ぎきれなくなってきた。
致し方なく、リロードする。濮陽は捨てる事にし、洛陽ではなく許昌を攻める事にした。

なんだろう、ゲームをする前のイメージとはまるで違う。
もっとこう… 黄巾軍が行進するだけで、諸侯は恐れひれ伏しその教理に涙する。そんな絶大な組織だと思っていた。
だが実際にやってみると、深刻な物資不足(ここは蒼天っぽい)と忠誠(信仰心)の低いの槍の脳筋軍団に悩まされ続ける日々
なのである。地道にプレイすれば違うのかもしれないが…

たしかに「落雷」は強い。強いのだが、「落雷」だよりの布教活動は、けっこうリスクが高いのだ。
重要な場面で失敗されると、悲惨な事になる。
普通に勝てる軍団+α のαの部分でないといけない気がするのだ。「落雷」は。

中黄太乙が中華の国教となる日はまだ遠い。


         つづく


「百手」の人がどこかへ行ってしまった… ずっと布教活動をしていたからなァ…

所詮は脳筋をまとめ上げるだけの、邪教にすぎなかったのだ。


         おわり

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.