因習


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

穂ノ村家の因習

初代当主の「悲願成就まで喪は明けない」という言葉と名にちなんで黒と桜色が装束色となっている。

女系の一族と言うこともあり、「初代当主と同じ色の髪の女性」が当主となるのが慣習。

基本的には当主の娘が後を継ぐ形になるが、年齢や素質を考慮し当主の孫娘が継ぐこともある。

女児の名は桜花、梅花、桃花等漢字二文字で「○花」となるのが決まり。

男児の名は瀧一郎、遊一郎等漢字三文字で「○一郎」となるのが決まりである。

似通った名前が多くイツ花が混乱する。

 

職業に関して決まりごとは特に無く、体格や素質、その時の一族の編成によって様々。