穂ノ村 秀一郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

穂ノ村 秀一郎
ほのむら しゅういちろう

初代当主、桜花の長男。前世は野良犬だったらしい。
赤い髪に日に焼けた肌、琥珀の瞳の薙刀師。

控えめで寡黙だが芯の強い青年。
先陣を切って剣を振るう母を陰ひなたになって助けた。
魂寄せ お蛍との間に長男 遊一郎を、松葉ノお甲との間に二男 轟一郎を儲けた。
父神である影彦も最初の交神相手のお蛍も物静かで穏やかな性格だった為、
神はみんなそういうものだと思っていたのでお甲と初めて会った時は衝撃的だったらしい。

 

父親 黒曜斎 影彦
母親 桜花

交神相手 魂寄せ お蛍、松葉ノお甲

第一子 遊一郎(ゆういちろう)
第二子 轟一郎(ごういちろう)