穂ノ村 遊一郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

穂ノ村 遊一郎
ほのむら ゆういちろう

秀一郎の長男。童顔だが声は渋い。
赤い髪に日に焼けた肌、琥珀の瞳の薙刀士。

顔立ちは幼いが声はとても渋くそのギャップに本人も少々悩んでいた。
人懐こい性格で好奇心が旺盛。運がいいのか彼が参加した出撃では
レアアイテムが面白いくらいに手に入り福の神というあだ名がついた。
薙刀の扱いは父親以上の腕前で会心率も高かった。
 

父親 秀一郎
母親 魂寄せ お蛍