穂ノ村 瀧一郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

穂ノ村 瀧一郎
ほのむら そういちろう

二代目当主、葎花の次男で末っ子。不言実行が信条。
青い髪に日に焼けた肌、琥珀の瞳の剣士。

人あたりのよさそうな顔と恵まれた体格から近所の子供らに懐かれていた。
自分の髪が赤くないのが少々気になっていて、自分以外に唯一赤髪ではない伯父轟一郎に親近感があった。
木曽ノ 春菜との間に長男、白虫 お真由との間に長女を儲けた。温厚な女性が好みだったらしい。
生まれてきた子供が2人とも赤髪だったのでやっぱりちょっと寂しかったとかなんとか。


父親 十六夜 伏丸
母親 葎花

交神相手 木曽ノ 春菜、白虫 お真由

第一子 慶一郎(けいいちろう)
第二子 鈴花(すずか)