穂ノ村 秋花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

穂ノ村 秋花
ほのむら しゅうか

三代目当主、梅花の次女で四代目当主。
赤い髪に日に焼けた肌、青い瞳の薙刀士。

甘いものが好きでイツ花の買い出しについていっては一緒にまんじゅうや団子を買い食いしていた。
一族の為に強い子を残したいと、頑張って貯めた奉納点で鎮守ノ福郎太を交神相手に選び長女を授かる。
がちがちに緊張しているのを見て優しく接してくれた福郎太にぞっこんになり、交神相手は彼1人と決めた。
その後も交神の機会を窺うも出撃や1人娘への訓練で忙しく結局二度目の逢瀬は叶わなかったという。



父親 十六夜 伏丸
母親 梅花

交神相手 鎮守ノ福郎太

第一子 蘭花(らんか)