穂ノ村 鈴花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

穂ノ村 鈴花
ほのむら すずか

瀧一郎の長女。家内安全が信条。
赤い髪に日に焼けた肌、琥珀の瞳の壊し屋。

穂ノ村家初の壊し屋で圧倒的な破壊力を誇るが性格は至って大人しかった。
出撃のない月はイツ花と共に家族の為に食事を作り帰りを待った。
火車丸との間に長女を、陰陽師 中との間に次女と長男の双子を授かる。
上記の2人を交神相手に選んだ理由をイツ花が聞いたところ「顔で選びました」と答え
それを聞いていた家族やイツ花がなんともいえない顔をしたという。


父親 瀧一郎
母親 白虫 お真由

交神相手 火車丸、陰陽師 中

第一子 絢花(じゅんか)
第二子 結花(ゆいか)
第三子 格一郎(かくいちろう)