穂ノ村 絢花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

穂ノ村 絢花
ほのむら じゅんか

鈴花の長女。童顔だが言葉遣いはざっくらばん。
赤い髪に日に焼けた肌、琥珀の瞳の壊し屋。

小柄だが破壊力は抜群で母である鈴花と共に前線で活躍した。
父である火車丸に似たのかわりと激しい性格だった。
イツ花に連れられて初めて屋敷へやってきた日、伯父の慶一郎に惚れるが
既に寿命を迎えつつあった慶一郎は翌月に他界。短命の呪いを強く憎んだ。
「こんな思い、自分の子供にはさせたくない」と交神を拒否。最期まで出撃隊に名を連ねた。


父親 火車丸
母親 鈴花