穂ノ村 結花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

穂ノ村 結花
ほのむら ゆいか

鈴花の次女で、双子の姉。丸顔が悩み。
赤い髪に日に焼けた肌、琥珀の瞳の女剣士。

優秀な剣士で、真空源太剣を復活させ、さらに疾風剣結花を編み出した。
武器屋のせがれに恋をしていたが一族の呪いの事もあり言い出せずにいた。
子孫を残して奥義を伝えるべきだと思いつつ、交神に抵抗があり悩んでいたが
弟の格一郎が「お前の分まで俺が子供を残すから安心しろ」と諭したという。
彼女は交神せず、武器屋のせがれと僅か半年程の蜜月を幸せに過ごした。


父親 陰陽児 中
母親 鈴花