穂ノ村 睦花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

穂ノ村 睦花
ほのむら むつか

格一郎の長女で、双子の姉。
赤い髪に褐色の肌、琥珀の瞳の弓士。

連弾弓睦花、睦花貫通殺の二つの奥義を編み出した優秀な弓士。
穏やかな気性と端正な顔立ちから異性に人気があったものの、
男嫌いだった為まともに会話できる異性は家族のみだったという。
その為交神の儀も行えず本人は気にしていたが家族達もイツ花も
「嫌なら嫌でしょーがない!」と特に咎めはしなかった。


父親 格一郎
母親 愛宕屋 モミジ