穂ノ村 紅花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

穂ノ村 紅花
ほのむら べにか

五代目当主、蘭花の長女で六代目当主。
赤い髪に白い肌、紫の瞳の槍使い。

長い髪をリボンのような形に結い上げている髪形が特徴。
従兄弟である琉一郎に密かに想いを寄せていた。
紅蓮の祠で鳴神小太郎と戦った際に体に大きな火傷を負い、
それが引け目となって交神の儀を行う事ができなかった。


父親 稲荷ノ 狐次郎
母親 蘭花