穂ノ村 蜜花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

穂ノ村 蜜花
ほのむら みつか

琉一郎の長女で双子の姉。小唄が趣味。
栗色の髪に日に焼けた肌、紫の瞳の薙刀士。

二つに結い上げた長い艶やかな髪が自慢。気性はわりと激しい。
父から受け継いだ奥義を駆使して前線で活躍した。
懸想をしていた男性が鬼に殺されたと知り、死ぬまで鬼を屠ると決め、倒れる直前まで戦い続けた。
今わの際に「鬼の血で紅を引いてちょうだい」と頼み、その通りに紅を引かれた顔を鏡で見て
「あら、あたしってこうして見ると結構いい女だったのね」と笑いながら息を引き取った。
それから程なく双子の妹、露花も天へと召され、その時二つの流れ星が天を駆けたという。


父親 琉一郎
母親 おぼろ 夢子