穂ノ村 倖花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

穂ノ村 倖花
ほのむら さちか

八代目当主、琉花の長女で十代目当主。質素倹約が信条。
赤い髪に白い肌、紫の瞳の槍使い。

真面目で責任感が強い穂ノ村家のツッコミ役。頬がふっくらしてるのが悩み。
最初の交神相手、鳴神 小太郎に「燃え尽きよ!」と言われ「いやまだ早ぇよ!」と即座にツッコミ。
夫婦漫才のようなやり取りの末に無事長女を授かり、その後雷王 獅子丸との間に長男を授かる。
曰く「ホントは一番強い神様がよかったんだけど氷ノ皇子まだ解放してなくて」。
それを聞いた雷王は少なからずショックだったようで交神よりもフォローに時間がかかったらしい。
しかしその後「色々考えたけどやっぱりあなたがいいわ」と再び雷王と交神、次女を授かった。


父親 仙酔 エビス
母親 琉花

交神相手 鳴神 小太郎、雷王 獅子丸

第一子 緒花(おのか)
第二子 紅一郎(こういちろう)
第三子 羽花(わか)