野穂本鉄道の歴史


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

野穂本鉄道の歴史

1961年 開業

1964年 東京オリンピック開催に伴う輸送力増強のため、国鉄(当時)より101系・103系を技術提供を受ける

1980年 新型機関ED24形を運転開始

同年 貨物輸送開始

1981年 武功山からの石灰輸送を開始

1990年石灰輸送終了

1997年 台仙西ハイランド駅を廃止

 2010年 東海旅客鉄道より313系を購入

現在に至る