|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2011年12月07日/機鱗児と銀蘭姫

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
ヴァルキリーというものは基本的に無垢な存在だ、
だが時折例外も存在すると再確認した。

ダイダロスの地下、つまり後部施設にその結界という空間はある。
簡単に言うと彼らが元いた世界を保全している場所で
シャードとかいう彼らの力の源が十全に生かされる世界律で
成り立っている所、だそうだ。

深月が異様に反応しているのが奇妙だった。

雰囲気は近未来の工業地域、といったところだった。
たしかに何者かの動いた形跡があるので探っていると
左手に巨大な機械腕を装着していた。

人懐こい犬を思わせる小柄な体型、濃紺の髪と瞳、
向日葵のような鮮やかさの黄が映える鎧と巨腕、

と観察していると後ろから不意打ちを食らった。

金のポニーテールに黒い瞳、銀をあしらった豪奢な衣服、
両手それぞれに装飾華美な小太刀。
なによりどことなく金侍を思わせる佇まい。

彼女は怯えたとうな声で戦争の道具になりたくない、
ここで静かに暮らしたいだけ、と訴えてきた。

犬っぽいほうも深く頷いていた。

元の世界ではないことや戦争に利用する予定が無いことを
説明し保護することとなった。

ミカ=スターとキリヒメ=ロウガがどうやって
起動したのかはまだわかっていない。
引き続き調査が必要なようだ。


カテゴリ: [来訪] - &trackback- 2011年12月07日 00:18:42

#blognavi

更新履歴

取得中です。