|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2011年12月20日/紙繰りと糸通し

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
小型侵魔が一体出た。被害無し

学校から戻り一通りの訓練を行った後、
李刻から連絡を受けて出動。

李刻達だけでも退治できたと思われるが
保険として連絡をくれたようだ。
無鉄砲さが弱まり慎重さや安定感が出てきた。
一人のウィザードとしてではなく世界守護の集団としての
自覚が芽生えてきているのかもしれない。
まあ、その自覚を意図的に封じている俺には
そういうことを言う資格はないのかもしれないが。

戻った後二人の師から与えられた苦行に取り組む。
傍目には物凄く間抜けな光景に映るだろうが
一心不乱に紙を剣に叩きつけ、糸を振り回す。

ところを護に見られた。

護は俺の行為を懐かしいと言った。
昔両親や譲に習ったといとも容易く紙や糸で
刀を細切れにした。

言葉や動きを以って魔王、堕神を降ろす、
あるいは駆る一族の精神修行の一環だったそうだ。

神を繰るために自在に紙を繰り
意図を通すために自在に糸を通す

言葉を利用した共鳴方法だそうだ。
流々ちゃんは今でもやっているらしい。

教えようかと言う護の申し出は断った。
話している間に少しだけ理解できたからだ。

起きる現象は同じでも、三木のやり方ではない
緋狩のやり方を見つけないとおそらく意味がないのだ。

これは、意味のある無茶なのだと思う。


カテゴリ: [事件] - &trackback- 2011年12月20日 00:18:03

#blognavi

更新履歴

取得中です。