|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2011年12月23日/系統立たない修行の意味

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
特記事項なし。金侍再び早贄にされる。

紙と糸の修行は続けることにした。
トモエはともかく師匠は俺が技を系統立って
習得できないことを理解している。

つまり、紙の修行によってトモエが俺に会得させたい技の
本質的な部分を際立たせるための手段として
師匠は糸の修行を考えてくれた可能性が高い。

そういえば俺が弟子入りしたばかりの頃は
呼吸や居住まいなど、体を律する動きを修行の
中心にしていたのに、ある時を境に動きの基礎は
そのままに、勇者としての恵まれたプラーナを
活用した力の伝達法に修行方針がシフトしていった。
あの頃にはもう、俺が夜叉の剣気とかいうものを
使えないことを師匠は理解していたのかもしれない。

きっと俺はこの修行の意味をもっともっと考えるべきなのだ。


カテゴリ: [普通] - &trackback- 2011年12月23日 00:10:57

#blognavi

更新履歴

取得中です。