|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2012年01月11日/ヒタテ=マギリという人物

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
ヒタテさんの性格について、心当たりが見つかったらしい。
波間の生みの親で流馬のことが好きだった女性錬金術師だそうだが
見たことも無い人物を俺が判別できるはずもないので
特に気にしないことにした。

ヒタテさんは少し不器用らしい。
ヴァルハラで給仕をしている時も時折細かい失敗をしていた。
照れ隠しのように笑う仕草も絵になっていて人気が出そうな
感じではあるが、少々失敗が多過ぎる気もするので
もう少し簡単で目立たない部署に移るのも良い気がする。

帰り道、李刻にオマエああいうエロいのが趣味だったっけと
冷ややかな目で尋ねられた。
あまりに失礼な言動だったので訂正させたが
感情に振り回されて正常な判断を失っているのではないかと
釘を刺された。

仮にの話、彼女を起動したのが侵魔の影響によるもので、
どうしても倒す必要が出た時、躊躇なく戦えるのか、という
質問で、何故か俺は凄い勢いで心が冷めた気がした。

李刻にも答えたが
俺は全部嘘だったのかを尋ねた後、殺すだろう。

結局俺を中心とする世界は、そういう風にできているのだ。


カテゴリ: [普通] - &trackback- 2012年01月11日 00:11:30

#blognavi

更新履歴

取得中です。