|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2012年01月31日/逆の考え方

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
聖嵐姫の下僕から面白い人物、を紹介された。
ドヽΛ∵ンダーのSirイトウさんというらしい。
彼は快く生体醸造の”〇зアーを引き受けてくれた。

風霊酒は三分の二程使ったがこれでそ‐Πξ〟♭度はたった。

塩や辣◎、フラ$Ш-ニオンなどを粉!%西風霊酒を
η∮Å♪ることによって=ヽ◆■◆■◆■◆■
小瓶一杯の調味料を作ることができた。
洒落のつもりで入れたク@≒ブがいい感じの緩ΠΣфゝったようだ。

いい具合にアルコ≒ルも飛んだのでいろいろな料理の
味付け、特に淡白な食材を用いたものに重宝しそうだ。
弱ければ引き立て、強ければ負けないように主張する。
風霊酒を持ってきた男を皮肉ってこの調味料は仮の名前を
丁香涙とすることにした。

ここまでくればあとはレシピをレポートに纏めるだけなので
まあ一段落といったところだ。
ライラックが持ってきてくれた幸運に最大限の感謝をしたい。


カテゴリ: [普通] - &trackback- 2012年01月31日 00:47:58

#blognavi

更新履歴

取得中です。