|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2012年02月06日/料理者ゆえに

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
記憶を消すことは許されない、レシピの喪失も問題外と言われた。
ハンナだけでなく巫女さんからも同じことを言われたので
理由を聞くと、魔王をも滅ぼす弁当と毎日戦う勇者もいるのに
美味しい調味料くらいで記憶を捨てるなんておかしいという
話だった。

ハンナは料理人として美食の散逸など認められるわけがない、と憤慨していた。
世界の危機を起こさないためだと説得しても
世界の危機は起きない、あのレシピは作らせない、
俺の記憶は俺が死守しろ、という論法で聞きもしない。
どうやら世界>レシピ>俺という不等号が成立しているようだ。

死んでも料理を残せ、というのは料理者の生きる道なのかもしれない。
最近学校に通うようになってから少しだがそういう思考が
理解できるようになってきた気がする。


カテゴリ: [普通] - &trackback- 2012年02月06日 00:10:03

#blognavi

更新履歴

取得中です。