|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2012年02月20日/夢という名の温室

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
昨日の俺の研修を決斗に話したところ、
月衣の可能性について深宮でも話し合うことになった。

実際に使える人間がいないので机上の空論ばかりだが
決斗や悟のように使える力は身に着けておいて損はないという意見と
烈先生やノルンのように危険性のわからないリスクは背負うべきではない
という意見が対立した。

結局、覚えたいものは独自に学ぶという結論になったわけだが、
俺は剣の修行もあるので今回は見送ることにした。
いずれは使いこなすつもりだが、今は土台となる自分の剣術を見つけるほうが重要だ。

意外だったのは流馬がまるで興味を示さなかったことだ。
あいつの言い分としては
温室の中でいくら元気でも外に出たら凍え死ぬような歪なものはいらん
だそうだ。
まあたぶん覚える機会があれば覚えるんだろうがな、とも言っていたが。


カテゴリ: [普通] - &trackback- 2012年02月20日 00:17:13

#blognavi

更新履歴

取得中です。