|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2012年04月07日/忍びすぎな忍

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
地下で突然後ろからジンに声をかけられた。
内容は綿飴というものは俺でもつくれるのか、というもの。

しかし綿飴の会話は今日のエリクシールでの講義
飴細工についての理論と実践で糸飴のひとつとして説明されていたものだ。

どうしてそれをジンが話題にするのか
そもそもいつ地下に入って俺のところに来たのか
まったくわからなかったので尋ねてみると

今日の仕事が同じ時間に終わったのでついて回っていたという。
ずっと近くにいたのだそうだ。
理由は明日休日で何をしていいか困ったため俺の日常を監視していたとのこと。

全然気付かなかった。
というかエリクシールでは多くのウィザードがいるにもかかわらず
誰にも気付かれなかった。
どんな隠遁技術だ。

綿飴に関してはたしか専門の機械が必要だと思うので
どうにか代替できるものを用意しないと作れないと答えた。

ジンは頷いて消えた。
どういう風に去ったのか見ていてもわからなかった。
忍者というよりもう心霊現象の類か何かじゃないだろうか。


カテゴリ: [探索] - &trackback- 2012年04月07日 02:30:31

#blognavi

更新履歴

取得中です。