|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2012年05月20日/複雑な祝い

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
兄に長男が生まれたそうだ。
俺は長女がいるどころか結婚していることも知らなかった。
いや、噂で妻子があることは知っていたのだが
世間的には独身ということになっており、
俺は一度も正式に紹介されていないためデマだと思っていた。

結婚と第一子誕生は俺がまだ中州に赴任する前、
世界中を任務で飛び回っていた時期、兄を亜鳥だと言うだけで
遠ざけていた頃だったそうだ。

また、兄嫁は縁戚共の係累らしく、奴らを忌み嫌う俺に紹介する
機会を逸していたのだと言う。

兄が選び、兄を支えてくれている人を血統だけで嫌うほど
俺は心の狭い人間だと思われているのだろうか。
おそらく、修復された関係を壊したくないという兄の思いが
過剰に慎重な態度をとらせているだけなのだとは思うが。

まあ俺も二桁を軽く超える回数死にかけている上、
人間ではないものになりつつある現状を話せないのだから
結局はそれなりに距離をとった関係から踏み込む勇気がないのは
お互い様なのかもしれない。

にしても兄嫁か。会ってみたいような会うのは怖いような、
何と言うか複雑な感じだ。


カテゴリ: [普通] - &trackback- 2012年05月20日 00:26:01

#blognavi

更新履歴

取得中です。