|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2012年06月10日/魂喰らいの魔剣

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
通り魔事件が発生、自警団に応援を頼まれ出撃。
紅い月を確認し侵魔事件へと対策変更。

知性ある剣に操られた人間による凶行は四件に上り、
斬られた人間は剣の傀儡として支配下に置かれていた。

最終的には斬鉄に成功し、被害者を解放することができたのだが
その間中しきりに剣が俺に、というか仁虎に
何故人に従うか、我等は剣の業に目覚めた同志ではないのか
と呼びかけてきた。

何を以って魔剣と呼ばれる存在となるのか、
本当のところは今だ解明されてはいない。
ただ、この奇跡のような関係は俺にとって最も大切なものだと

信じている。



カテゴリ: [事件] - &trackback- 2012年06月10日 01:40:42

#blognavi

更新履歴

取得中です。