|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2012年07月25日/好諸恐怖症

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
シリルもあのアホ祭りに参加させるという話だったので
心配になり少し話をした。

どうやらバイザーを下ろしていれば大丈夫らしい。
人間に見えないので緊張しないとのことだった。

ためしにつけさせてもらおうとしたが逃げられた。

仕方がないので正義さんに予備を見せてもらったが
中々処理が面倒そうな数値の羅列が並ぶ画面だった。
たしかに人間と認識して対処するようにはできていないようだ。

というより、正義さんの話ではシリルが苦手なのはあくまでも
苦痛を伴わない接触や会話のキャッチボールであり
声や姿といった対象を分析するための要素には何の苦手意識もないのだそうだ。

やはり、あいつに足りないのは圧倒的に社会性だな。


カテゴリ: [普通] - &trackback- 2012年07月25日 00:45:59

#blognavi

更新履歴

取得中です。