|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2012年08月06日/誰そ彼

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
勤務が終わり夕方から時間ができたので
町を歩いていると妙な視線を感じた。

気付かない振りをしながら公園に入り
しばらく出方を窺っていると誰かが近付いてきた。

そこにいたのは右京だった。
こいつの気配は現神だった影響からか安定しない。
いつも違う誰かのような気配を纏っているため非常に分り辛い。

いつから見ていたのか尋ねるとやはり気配を感じた頃合からだったらしい。

その後しばらく他愛のない話をして
お互い明日も仕事ということなので
家まで送っていって別れた。

一緒にいても疲れないというのはやはり重要なことだと
あらためて感じた。


カテゴリ: [普通] - &trackback- 2012年08月06日 00:09:48

#blognavi

更新履歴

取得中です。