|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2012年09月06日/始まりの銀

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
目覚めた銀騎士に、元の世界の記憶はなかった。

彼の発言から判明したことだが、金良という
人造人間計画は佐伯、唐須よりも古く、天津とほぼ
同時期から始まっていたのだという。

亜鳥橙真の祖父と銀騎士は、いずれ訪れるであろう
裏界以上に異質な存在との対面のため、
終わることなく続く世界の危機を終わらせ、世界を
纏め上げる計画を作り上げたらしい。
そのための尖兵であり、切り札でもある存在として
銀騎士に組み込まれていた3rdプロジェクトと呼ばれる
次世代型異界人形の技術を発掘し、利用したそうだ。
最高傑作にして特異存在たる最後の五体が
今残っている金良達なのだという。

リグという司令コンピュータが破壊されたことにより
戦術ネットワークが機能しなくなり、脳が信号を
送れなくなっているため、彼らはもう目覚めないのでは
ないかと銀騎士は締めくくった。

世界の悲しみは、中途半端な武力が溢れているが故に
なくなることはない。
世界から悲しみをなくすための「破邪の銀」になるべく
彼ら金良は生み出され、戦っていた。

彼らも悪い人間ではない。
ただ、正義の方向性が、少し俺達とずれていた。
このまま死なせてはいけないと思う。

亜鳥橙真という人物とも一度話をしてみたかった。
もしかしたら、兄の力になってくれる人だったのかもしれない。

昔、覚えていない誰かが言った
正義とは、間違いを認めず分かり合わないことという言葉が
今日また思い出された。


カテゴリ: [来訪] - &trackback- 2012年09月06日 00:38:47

#blognavi

更新履歴

取得中です。