|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2012年09月09日/魔水晶の姫

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
金良を目覚めさせるためにはやはりリグを回収し、
正式な手段でリンクを切断しなければならないかもしれない
という話になったのだが、さらに面倒なことがわかった。

リグという名前にディーンと金侍が過剰反応をしたため、
心当たりを尋ねてみると、元の世界で同じ名前の少女を
知っていたのだそうだ。

その少女は偶然金侍と行動を共にしていたのだが、
黒機として活動していたディーンとその仲間によって
世界を停止させる鍵として利用されたのだという。

晶姫と呼ばれる力を秘めた少女は、
周りの存在を特殊な水晶に変え、莫大なエネルギーを
生み出すことができたらしい。
ディーンはその能力とエネルギーを使って、
世界を二度と新たな悲しみが生まれない晶化した世界に
しようとしたそうだ。
その目論見は失敗したが、ディーン達を止めた勇者達は
完全に目的を達成することはできず、
少女はディーンの仲間である黒の四天魔の一人
黒巌、倉石九雷というサムライととも自分自身も
水晶となり、死んだのだという。

この少女とサムライが変化した水晶、
どうやらこちらの世界に流れ着き、
プトレマイオスの中枢コンピュータの一部として
組み込まれていたという話だそうだ。
銀騎士はその水晶については知っていたが
その由来については知らなかったので、今まで
話が繋がらなかったようだ。

なんにせよ、宇宙を再探索する必要があるのだが、
嫌な予感がする。
面倒な事にならなけでばいいのだが。


カテゴリ: [普通] - &trackback- 2012年09月09日 00:29:20

#blognavi

更新履歴

取得中です。