|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2012年10月22日/鬼神対邪神

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
今日ついにラスティと流馬が武力衝突した。
やはり大王鬼神という存在をどうしても認められないらしい。

そのラスティの戦闘方法だが、驚いたことに
その大王鬼神とかいう存在を身に纏って戦うという
何から解明すればよいのか難しいような
理解不能な戦い方だった。

流馬も鬼神の実存に酷く驚いていたようだ。

後で冷静に分析するとおそらく融合型のメディウム使いと
分類できるのだが、やはりメディウムというものは
未解明のところも多いのであれが本当に鬼神なのか、
それとも既存のものを鬼神と称しているだけなのか、
判別することは難しい。

戦い自体は七能が割り込んで有耶無耶になった。
彼女は本当に見境なく戦闘に介入する。
今日も業務を放り出してきたのでまたもトモエに説教されていた。

七能が駄目すぎてラスティが普通に見える。
彼女も十分に危険な思考を持っているにも関わらずだ。
正直この二人相手だとことさら調子が狂う。

気を引き締めないと。


カテゴリ: [事件] - &trackback- 2012年10月22日 00:49:07

#blognavi

更新履歴

取得中です。