|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2012年11月01日/玉座へと到る

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
ダイダロスの地下から最上階にむけて進軍、セラとの直接対決によって
すべてのヴァルキリーを確保することに成功した。
だが、その過程において流馬、金執事、決斗、主水、中力、アカネ、
そして鈴が倒れた。アスクーという元凶が残っている状態でこの
戦力低下は非常に厳しい。
セラという反則的な存在に加え、トモエ、ハルカという対人制圧に長けた
護衛が暴走前と変わらぬ状態で付き従っていたため、総力戦となったのだ。

年少組は出撃させなかったため無傷だが、この先の戦いを切り抜けるには
やはりまだまだ経験も自力も伴っていない。

とにかく現状と打開策を考えねばならない。
緊急事態でもあるので深月頼みの無茶も実行することにする。


カテゴリ: [事件] - &trackback- 2012年11月01日 01:49:12

#blognavi

更新履歴

取得中です。