|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2013年02月11日/運命力の低下

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
巫女さんの依頼で事件解決のために探偵の真似事を手伝った。
なんの問題もなく冥魔を滅ぼし一件落着となった。

同級生の女子に向かって叫ぶ高校生ウィザードを見ていて
最近俺自身が大きな事件に巻き込まれることがなくなったことに思い至った。
いつも首を突っ込む側となっているように思う。
前はこの中州に配属となったことも含めて望まぬ事態に時折巻き込まれていた。
それが最近めっきり減ったのは、やはり世界を巡る大きな運命というものが
俺の近くから離れていっているのではないだろうか。

運命を司る力が存在するのだとしたら、俺はそれがどんどん弱まっているに違いない。
もう、運命破壊者と呼ばれたシオン=アドリーとは似ても似つかないのかもしれないな。
良いことなのか悪いことなのかはわからないが。


カテゴリ: [事件] - &trackback- 2013年02月11日 02:32:09

#blognavi

更新履歴

取得中です。